本文へスキップ
 

鹿児島大学大学院医歯学総合研究科
国際島嶼医療学講座

Department of Community-Based Medicine
Education Center for Doctors in Remote Islands and Rural Areas

お問い合わせ
TEL.099-275-6898
FAX.099-275-6899
MAIL:ecdr-office@umin.ac.jp

第12回 奄美群島離島実習

  

※全国の医学部4〜6年生の実習参加者を募集します。
 下記フォームよりお申込みください。(締切:6月16日(日))


日程:2019年7月28日(日)〜8月4日(日)

はじめに

 2019年今年も夏休み期間に鹿児島県での離島実習「第12回 夏季全国医学生離島実習」を行います。
 毎年北海道から鹿児島まで多数の医学生の参加をいただき、好評を得ている離島医療実習です。今年は奄美大島と徳之島で離島実習を行う予定です。
 離島地域(島嶼地域)は、制約された環境ではありますが、プライマリ・ケア、家庭医療だけでなく、先進的な医療を模索しながら行っており、医療の原点ともいえる人と人との繋がりを意識できるモデルとなる地域です。離島医療は島という特性のため、医療ニーズの受け手が明確であり地域医療を学ぶために良い場所だと考えています。そのため、実習内容としては、住民との交流、行政との関わりを通じて地域医療の姿を学んでもらいます。 また、実際に地域医療を担っている先生の診療の医学的な実習・見学も行ってもらいます。そこで働く医師は、これからの医療を支える医学生のロールモデルのひとつとして、大きなインパクトを与えてくれることと思います。折角奄美の島々に来られるので、島の魅力も楽しんいってもらえたらと、観光も実習期間中に加えております。 地域医療(離島医療)は、それぞれの島で異なります。
 期間としては約1週間ですが、それぞれの学習体験を最後の報告会で共有することで、更に学習効果が高まります。本実習は、離島医療に興味のある医学生への入門編の実習だと考えており、医学生4〜6年生を対象にしています。これまでの参加者は、実習後も学年を超えて交流が続いているようです。 応募者多数の場合は抽選となりますことを了解の上、ご応募ください。また台風の接近により、最終日に参加者全員が集まり、それぞれの体験を報告する報告会が開催できないなど夏ならではのハプニングも予想されますので、日程・予定通りに行かないことも重ねてご了承いただきたいと思います。今年の夏も有意義なものにするために、是非参加して楽しい仲間との出会いと思い出を作ってください。

実習目標

離島医療の現場を体験し、地域医療のロールモデルの1つとして、離島医療体制と現場における医師の役割を学習する。
 1.離島医療現場における診療体制を述べることができる
 2.離島医療現場におけるプライマリ・ケアを述べることができる
 3.離島医療現場における保健・福祉活動を述べることができる
 4.離島医療現場における全人的医療を述べることができる


対象

全国医学部 4・5・6年生を対象とする。


実習地 5コース(各コース 2〜3名)

●奄美大島1コース(瀬戸内町)
  瀬戸内町へき地診療所・県立大島病院
●奄美大島2コース(名瀬東部)
  ファミリークリニックネリヤ・県立大島病院
●奄美大島3コース(旧住用村)
  奄美市住用国民健康保険診療所・県立大島病院
●奄美大島4コース(大和村)
  国民健康保険大和診療所・県立大島病院

※奄美大島は人口約4万3千人の奄美市を持ち、中心部は離島へき地とは思われない、繁華街もあるところです。 奄美市から車で一時間ほど行く瀬戸内町に瀬戸内町へき地診療所はあります。診療所での外来診療と全国でも珍しい巡回バスによる巡回診療を行なっています。ファミリークリニックネリヤは、奄美市名瀬にあり、「プライマリケア・神経内科・在宅ケア」を中心とした離島で在宅ホスピスを推進しています。外来は、海を渡って受診される神経難病や片頭痛の方々などが主です。住用国民健康保険診療所は奄美市住用町にあり、人口約1300名弱の町で唯一の医療機関です。楽しく継続できる医療をしていきたいと電子カルテを活用しています。国民健康保険大和診療所は大島郡大和村にあり、村は奄美群島で最も高齢化が進んだ地域です。外来と訪問診療に同行できると思います。



●徳之島コース
  宮上病院など

※徳之島は奄美大島に次いで奄美諸島で2番目に大きな島です。Dr.コトーのような何もないなかで頑張っている離島医療のイメージとは少し異なります。 鹿児島市からも、那覇市からも離れ、独特の医療の形体が作られています。 宮上病院は、明るくリラックスした雰囲気で受診できると高齢者の皆さまにも評判の病院です。


費用

各コース 約20,000円(船代+宿泊費等 ※食事代別)
  ※費用は目安です。変更がある場合もあります。
   詳細については、参加が決定してからお知らせいたします。


実習の流れ

【集合場所】ホテルニュー奄美(鹿児島県奄美市名瀬入舟町9-2)
      ※7月28日(日)17:00 チェックインを済ませ、1Fフロント集合
【実習詳細】PDF ※詳細は変更の可能性あり
【ポスター】PDF
【昨年度の様子】PDF

※鹿児島県奄美市名瀬で顔合わせ・実習説明や諸手続き等を行い、懇親会をします。 徳之島までは、普段離島の住民が利用している船で移動します。実習中は離島へき地医療人育成センターの教員が引率します(常時同行しない場合もあります)。解散は奄美大島で8/4(日)朝8:00となっておりますので解散後は各自自由に行動されてください。
(台風等で奄美大島で集合しての報告会ができない場合、現地解散の可能性もあります。)


学習方法

 自ら学ぶことを前提にしております。各診療所(病院)では見学がメインになりますが、見たい事など積極的に質問し、見学を行なってください。 また、各コースに地域診断実習を組んでいます。難しく考えることはありません。後の報告会で、事前に調べたことと実際に地域でみたことの相違点や自分が面白かったこと興味があったことなどを発表します。この時間の過ごし方については各コースに独自で計画してもらいます。


成果発表

 8月3日(土)奄美大島に集合して、シンポジウム形式で発表し、お互いに情報交換をします。(実習先で体験したことを紹介し、離島医療の魅力について発表する。各組の診療所での共通点・相違点について討論し、離島医療への理解を深める)
※台風などの天候によって奄美大島に集合して報告会ができない場合、現地解散の可能性もあります。


申込方法

申込フォームより申し込んでください。
申し込みは下記申込バナーをクリックしてフォームに入力をお願いします。
3日以内に確認メールが届きますので確認をお願いします(ecdr-office@umin.ac.jpよりメールを受け取れるようにしてください)。 3日以内に届かない場合にはTEL:099-275-6898 (鹿児島大学離島へき地医療人育成センター)まで問い合わせをしてください。

申込みフォーム









ACCESS

鹿児島大学大学院医歯学総合研究科
国際島嶼医療学講座
地域医療学分野/
離島へき地医療人育成センター

〒890-8544
鹿児島県鹿児島市桜ケ丘8丁目35-1
TEL.099-275-6898
FAX.099-275-6899
MAIL:ecdr-office@umin.ac.jp

地図はこちら
          
スタッフ紹介