医学部の教育目標

医学部は、全人的医療を実践しうる医療人の育成並びに独創的研究を行える研究者及び優れた指導者の育成を目的とする。

医学部の入学から学位授与までの方針

鹿児島大学医学部に入学

dot

1アドミッションポリシー(学生受入れ方針)

求める人材像

  1. 思いやりのある人
  2. 幅広い基礎知識を有する人
  3. 人の生命や社会に深い関心をもつ人
  4. 探求心があり、物事に積極的に取り組む人

入学前に身につけておいて欲しいこと

  1. 基礎的な学力
  2. コミュニケーション能力
  3. 医療への関心
  4. 人を思いやる心
  5. 物事に対する責任感
  6. 探究心
  7. 倫理的な思考力

入学者選抜の基本方針

一般入試前期日程では、センター試験、個別学力試験により高校の学習の到達度を評価します。医学科では、医師としての適性を判定するために面接試験も実施します。
後期日程では、センター試験、小論文および面接により基礎学力ならびに適性を判定します。
推薦入試では、医学科はセンター試験、小論文および面接により、保健学科看護学専攻は小論文および面接により基礎学力ならびに適性を判定します。
私費外国人学部留学生入試では、日本留学試験、TOEFL、小論文および面接により基礎学力、日本語能力ならびに適性を判定します。

2カリキュラムポリシー(教育課程編成方針)

医学部の教育目標「全人的医療を実践しうる医療人の育成並びに独創的研究を行える研究者および優れた指導者の育成」を達成するために、教育内容の順次性・系統性に配慮したカリキュラムを編成・実践します。

  • 1〜2年次…基本的な人間力と専門教育の基礎能力の養成を目指した科目について
  • 2年次以降…より専門性の高い専門科目について学びます。

さらに、各学科の充実した臨床・臨地実習を通して実践力を養成します。

3ディプロマポリシー(学位授与方針)

所定の期間在学し、カリキュラム・ポリシーに沿って設定した授業科目を履修し、卒業に必要な単位を修得し、それぞれの医療専門職として必要な知識、技能を有するとともに、自ら学び探求し続ける態度、高い倫理観を持ち全人的医療を実践できる能力、地域や国際社会に貢献できる能力を備えた者に学位を授与します。

dot

学位授与