高齢者の5人に1人が認知症となる時代です. 認知症の生活行為を分析し,できることに着目した視点について紹介します.鹿児島大学が産学間連携で取り組んでいる認知症高齢者の見守りの取り組みと最新の福祉機器について紹介します.高次脳機能障害は,記憶や注意,行為障害など外傷性脳損傷や脳卒中などによって多く生じる症状です.高次脳機能障害の各種障害について説明するとともに生活支援について概説いたします.

主催 医学部保健学科
開催会場

鹿児島大学 桜ケ丘キャンパス (教室は以下に記載)

開催期間

平成30年10月18日(木)19:00~20:30 @医学部共通教育棟6階 インテリジェント講義室

     10月24日(水)19:00~20:30 @医学部保健学科東研究棟5階 601教室

            11月4日(日) 9:30~11:00 @医学部共通教育棟6階 インテリジェント講義室

受講対象者 医療・保健・福祉関係者
募集人員 各回 100 人(先着順に受付)
講習料 無料
申込期間 10月6日(土)まで (定員に達し次第締切)
問い合わせ先

医学部保健学科作業療法学専攻基礎作業療法学講座:東條
FAX: 099-275-6786   Mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 ※お問い合わせはFAXまたはメールにてお願いします。