実験動物を学外搬入・学外搬出するには?


実験動物を学外の施設・機関等から搬入する場合
 マウス・ラットを国内外の施設・研究機関から搬入する場合、「実験計画書」・
「施設利用申込書」
と共に搬出元施設等が発行した「最新の微生物検査書」・「飼育形態レポート」を動物実験施設に提出してください。提出書類をもとに動物実験施設への搬入が可能かの判断を致します。(搬出元施設等に「飼育形態レポート」が無い場合は当施設の書式がございますのでご利用下さい。)

 搬入が許可された後、利用者は搬出元施設へ動物の発送依頼を行い、搬入日が決まり
ましたら動物実験施設へご連絡ください。
 また、搬入前に搬出元施設等が発行した「情報提供書」(コピー)を動物実験施設へ
提出して下さい。

 遺伝子組換動物の搬入の場合は、事前に
遺伝子組換え実験の手続きを済ませておいて
ください。


 学外の施設・機関から搬入したマウス・ラットは一般飼育室へ直接搬入できません。
動物到着から1カ月間隔離室で飼育したのち、微生物検査を行います。

 その他の動物種に関しては施設へお問い合わせ下さい。
 

  ※【 実験動物を外国から輸入する場合 】
    外国から実験動物を輸入する場合には、「輸入動物届け出制度」に
   対応しなければなりません。厚生労働省・動物輸入制度のページを参照
   ください。なお、詳細については動物実験施設までお問い合わせ下さい。


実験動物を学外の施設・機関等へ搬出する場合
 マウス・ラットを国内外の施設・機関・業者等へ搬出される際は「学外動物搬出届」を動物実験施設へご提出下さい。また、搬出先へ提出する「微生物検査書」が必要な場合は動物実験施設へ発行をご依頼ください。

 搬出の許可が下りたら、
輸送業者の手配輸送箱(+エサ・水)の準備をお願い致し
ます。輸送業者と搬出日が決まりましたら、輸送業者と講座で取り交わした
「輸送申込書」(コピー)と搬出先へ提出する「情報提供書」(講座作成・コピー)を動物実験施設へご提出ください。

 輸送箱は搬出の1週間前までに動物実験施設へお預けください。

 遺伝子組換動物の搬出の場合は、事前に遺伝子組換え実験の手続きを済ませておいて
下さい。
  ※「遺伝子組換え実験の手続き」(先述のリンク先)では…、
      学外へ搬出の場合 → 「2」の「vi」の手続きが必要
      輸出の場合    → 「2」の「vii」の手続きが必要
 なお、遺伝子組換え動物を学外へ搬出する際には各部局総務係へ届出が必要です。

 その他の動物種に関しては施設へお問い合わせ下さい。