抗菌薬の届け出と連絡

処方に届け出が必要なもの

カルバペネム系薬、タゾバクタム・ピペラシリン、抗MRSA

届出方法とICTへ連絡

1)  上記薬剤処方時に、画面に届出が必要であることが表示される。

2)  医師は、初回処方時に、電子カルテのe-kanja記録で、文書テンプレートから使用届を入力する。病名・使用理由等を入力する。また使用理由によっては血液培養の実施・未実施などの項目を設けている。中止薬剤を再開する場合は再度届出を行う。

格納フォルダ「共通」「抗菌薬届出」「抗MRSA薬届出」「広域抗菌薬届出」「バンコマイシン散届出」

3)  薬剤部は、上記薬剤の処方があったら、カルテの届出用紙の記載を確認したのちに払い出す。その後、届出用紙を印刷の上保管する。また感染制御部門に使用患者を報告する。

4)  感染制御部門は、使用が適正かどうかを検討し、必要に応じて助言・指導を行う。

長期使用(2週間以上)の際に薬剤部から感染制御部門に使用患者を報告するもの

  ニューキノロン系注射薬・第4世代セフェム系薬

薬剤部から週1回感染制御部門に使用患者報告するもの

  抗真菌薬(ファンガード・カンサイダス・プロジフ・ブイフェンド・イトリゾール注・アムビゾーム)

処方に感染制御部門の許可が必要なもの

保険適応上多剤耐性菌に適応菌種が限定されているコリスチン(商品名:オルドレブ®、適応菌種:大腸菌・シトロバクタ―属・クレブシエラ属・エンテロバクター属・緑膿菌・アシネトバクター属)、チゲサイクリン(商品名:タイガシル®、適応菌種:大腸菌・シトロバクタ―属・クレブシエラ属・エンテロバクター属・アシネトバクター属)を使用する際、処方医は感染制御部門に許可を得たのちオーダを行う。

薬剤部はこれら薬剤が処方された際、感染制御部門医師から該当患者への処方に対し許可が得られていることを確認の上、払い出しを行う。

MRSA薬の使用届

広域抗菌薬・バンコマイシン散の使用届

2017年1月11日からの変更内容説明はこちら