針刺し・切創・粘膜曝露への対応

 

針刺しが起きたら

患者が特定できる

患者の承諾

患者が特定できない

医師がいないとき

職員以外の事故

学生針刺し曝露時のフローチャート

ウインドウピリオド

 

患者検査陽性時の説明文書

病院以外の桜ヶ丘地区職員針刺しマニュアル

 

 

針刺し・切創・粘膜曝露が起きたら

1.         創部を流水と石けんで洗い流す。可能であれば、消毒薬(イソジンなど)による消毒を行う。(血液の絞りだしは推奨されていない)

2.          担当部署のリスクマネージャーへ連絡

3.         医務課へ電話連絡し受傷者のカルテを作成。

平日7301700 は、医務課受付(5150, 5163)、それ以降は事務当直(5195, 5196)へ

(歯科職員は、歯科医務課6060に連絡してカルテを作成、患者と同様に検査を行う。結果は歯科のWebで確認する。

歯科部門の針刺し検査体制

4.         患者、受傷者ともにThinkで検査オーダー(主保険を全特校に変更)。

5.         患者と受傷者の検体にラベルを貼って検査部に持参(針刺し事故であることを伝える)

6.         労務管理係へ連絡(6695

7.         リスクマネージャー、労務管理係は医療環境安全部感染制御部門へ連絡

8.         検査室は、HIV検査はできるだけ迅速に行う。

9.         検査結果をThinkで確認し、印刷して労務管理係へ提出。その後の対応を相談する。

10.     受傷者は落ち着いてから報告書入力(情報系システム→インシデント・アクシデント→針刺し・切創報告書入力または皮膚粘膜汚染報告書入力)

患者が特定できる場合

1.  患者の検査

     患者の承諾を得て、以下の検査をThinkでオーダーする(針刺し用)

     HIV抗体、HBs抗原、HCV抗体、HTLV-I抗体

      時間外は緊急検査室へ持参)

検査結果をThinkで確認し、印刷して労務管理係へ提出する。

リスクマネージャーまたは主治医は検査結果を患者へ説明する。

2.  受傷者の検査

     以下の検査をThinkでオーダーする(針刺し用)

     HIV抗体、HBs抗原、HBs抗体HCV抗体、HTLV-I抗体、肝機能検査

ウインドウズピリオドがあるため、患者の検査結果によらずすべての検査が望ましいが、検査項目の選定は強制するものではない。

     ただし前値としての検査が行われていない場合、労災認定に支障が出る可能性がある。

検査結果をThinkで確認し、印刷して労務管理係へ提出する(労務管理係はプライバシーに配慮すること)。

3.  患者のHIV抗体が陽性の場合

感染制御部門に連絡して相談

できるだけ2時間以内に薬剤部に保管している抗HIV薬の予防内服が望ましい。

できるだけ2時間以内に薬剤部に保管している抗HIV薬の予防内服が望ましい。

薬剤部に「同意書ならびに薬剤交付票」を提出し、抗HIV薬を内服する。

連絡がとれない場合は、自己判断で上記と同様に内服を行う。

なお、HIVスクリーニング検査では偽陽性の可能性があるため、結果説明の際は確認検査が必要であることを説明する。

以後は外来で1か月、3か月、6か月、12か月後に抗体検査を行う。

4.  患者のHBs抗原が陽性で、受傷者のHBs抗体が10mIU未満の場合

感染制御部門に連絡して相談。48時間以内にHBVワクチンとHBVガンマグロブリンの接種が必要となるため、消化器内科を受診する。

時間外は翌朝上記医師と連絡をとり、消化器内科を受診する。

以後は外来で1か月、3か月、6か月、12か月後に抗体検査を行う。

5.  患者のHCV抗体が陽性の場合

特に予防法がないため、感染制御部門1か月、3か月、6か月、12か月後に抗体検査を行う。感染制御部門は、必要に応じて消化器内科に相談する。

6.  HTLV-I抗体が陽性の場合

特に予防法がないため、外来で3か月後と6か月後に抗体検査を行う。基本的に、感染制御部門医師が対応し、受傷者のHTLV-I抗体が陽転化するなど問題がある場合は、血液膠原病内科外来を受診する。

7.  患者の検査がいずれも陰性の場合

検査が陰性でもウインドウピリオドである可能性もあるため3か月、6か月後に各種抗体検査を行うことができる。労務管理係、感染制御部門と相談し、受診予定をたてる。

 

<患者の血液検査が陽性の場合の説明文書>

血液検査で患者のウイルス検査陽性が新たに判明した場合は、再検査など今後の対応が必要となるため、下記の説明文書を用いて医師が説明を行う。

説明文書HBV, HCV, HIV, HTLV-I

説明文書の作成方法

 

検査についての患者の承諾

入院時の誓約書に下記の文章を掲載し、針刺し・曝露時に患者のウイルス抗体検査をさせていただくことについて入院時に了承をとっている。したがって、針刺し・曝露時に文書による同意書をとったり、手術前にあらかじめ同意書をもらう必要はない。しかし、針刺し・曝露時には患者に検査が必要であることをあらためて説明し了承を得る必要がある。また手術中は承諾を得られないので、手術前にあらかじめ説明しておく。

入院時誓約書と入院案内における協力のお願い

「医療行為の途中で、患者様の血液が付着した針を職員が誤って自分の皮膚に刺した場合などに、職員の感染予防のために患者様のウイルス検査(B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、後天性免疫不全症候群ウイルスHIV、成人T細胞白血病ウイルスHTLV-I)をすることがありますのでご了承お願い申し上げます。なお、検査結果の報告については個人情報保護法を遵守し、その際の検査費用は本院が負担いたします。」

 

外来手術の際の説明(外来手術中の職員針刺し時のウイルス抗体検査のお願い

 外来手術では針刺し・切創・粘膜曝露がおきた際のウイルス検査の説明をあらかじめおこなっておく必要がある。

 

外来患者の針刺し・切創・粘膜曝露の場合(職員針刺し時のウイルス検査のお願い(外来)

 4種ウイルス検査についてその必要性を説明し検査をお願いするが、HIVについては同意書をとる。

患者が特定できない場合

1.  受傷者の検査

     以下の検査をThinkでオーダーする(針刺し用)

  HIV抗体、HBs抗原、HBs抗体HCV抗体、HTLV-I抗体、肝機能検査

ウインドウピリオドがあるため、患者の検査結果によらずすべての検査が望ましい。

検査結果をThinkで確認し、印刷して労務管理係へ提出する(労務管理係はプライバシーに配慮すること)。

2.  HIV陽性血液による針刺し・曝露の可能性がある場合(患者が特定できる場合を参照)

3.   受傷者のHBs抗体が陰性でHBV陽性血液による事故の可能性がある場合(患者が特定できる場合を参照)

4.  それ以外の場合

外来で1か月、3か月、6か月、12ヶ月後に各種抗体検査を行うことができる(労災)。医務課、感染制御部門と相談し、受診予定をたてる。

検査の13番→針刺し専用検査項目 通常の生化学検査用の容器を用いる

周囲に医師がいないとき

周囲にThinkで検査オーダーできる医師がいないときは、これまでどおり検査依頼書を添付して検体を直接検査室に持参する。

患者が特定できるとき→検査依頼書1-1)(患者用)と検査依頼書1-2(事故者用)

患者が特定できないとき→検査依頼書2(事故者用)

職員以外の針刺し・切創・曝露の対応

1.  実習生、部外研究生、外部委託職員(ビルサービス等)など職員以外の従事者が針刺し・曝露にあった場合は、ただちに事故発生部署のリスクマネージャーに報告し、リスクマネージャーは感染制御部門と労務管理係(6695)へ連絡する。

2.  リスクマネージャーは、職員の場合と同様にカルテを作成し、受傷者と患者のウイルス抗体検査を行い、その結果に基づき適切な処置をとる。

3.  リスクマネージャーは、情報系システムの針刺し・切創事故等報告書を入力する。

4.  内科受診の必要がある場合は、労務管理係6695)へ連絡し、労務管理係が調整する。

5.  部外研究生や診療従事許可を得た大学院生は、総務課企画・広報係(6692)に相談する。

6.  「鹿児島大学医学部・歯学部附属病院災害補償規則」の補償対象者は、大学院生・部内研究生・部外研究生・研修登録医のうち診療従事許可を受けている者に限る。

7.  外部委託職員(ビルサービス等)や派遣職員(病棟クラーク等)の検査費用等は、明らかに本院に非がある場合は、病院負担とする。そうでない場合は,派遣会社が労災手続きを行う。

学生の針刺し・曝露時の対応(フローチャート)

大学病院で事故があった場合

 

学外の実習で事故が起きた場合

 

 

ウインドウピリオド

 ウイルス感染が起きてから抗体が陽性になるまでの期間。平均してHIV 22日、HBV 59日、HCV 82日とされている。おおむねHIV 1か月、HBV 2か月HCV 3か月と考えられる。曝露源である患者の抗体検査結果が陰性でも、ウインドウピリオド期間であれば見かけ上陰性となるため、体調管理に留意する。受傷者は病院負担による検査で確認することができる。