手袋

 

手袋着用が必要な場合

1)    体液、血液、傷のある皮膚、粘膜に接触する可能性のある場合

·        注射、採血時(患者ごとに交換する)

·        ドレッシング交換

·        排泄介助

·        胸水・腹水、髄液などの処理時

·        座薬などの挿入介助時

·        吸引時(口腔、気管、胃液など)

2)    汚染物、汚染した環境、器材に触れる可能性のある場合

·       おむつ交換など排泄物の処理時

·       使用後の医療器材の片付け時

·       器材などの洗浄時

3)    清潔な操作が必要な場合

·       注射剤のミキシング

未滅菌手袋の着け方

·       ガウンなど他の防護用具も一緒に着ける場合、手袋は最後に着用する。

·       正しいタイプと自分の手に合ったサイズを選択する(S, M, L,LL)。

·       手首を覆うように手袋を広げる。

image002

手袋の脱ぎ方

外側は汚染されているので、脱ぐ際には皮膚が外側に触れないように注意する。

ほかに防護用具を着用している場合、手袋は最初に外す。

image005

image007

手首近くの縁の外側をつまみ、 手袋が裏表反対になるように脱がしてゆく。手袋をした反対の手で脱がした手袋を持つ。

残っている手袋の下に手袋をしていない指を滑り込ませる。先に脱いだ手袋と一緒に包み込むように、手袋が裏表になるよう脱がす。

使用した手袋は医療用廃棄物として処理する。

 

手袋の交換

   患者に使用する手袋は患者ごとに交換する。

   同一患者でも異なる部位の処置をする時は交換する。

   湿性の体液が付着あるいはその恐れのある手袋は、そのつど交換する。

   長時間着用し手に汗をかいたらはずす。

   手袋に破損等が生じた場合は直ちに交換する。