企業展示

企業展示、カタログ展示募集要項

展示には一般的な小間仕様による出展方法と、説明要員を配置することなく会社案内・製品カタログを設置するカタログ展示の2種類があります。

広告掲載募集要項

大会論文集への掲載、各種印刷制作物、大会ホームページ・バナー広告への掲載方法があります。

ランチョンセミナー募集要項

共催セミナー(ランチョンセミナー・スイーツセミナー)について記載しています

展示ルーム募集要項

展示ルームとは、会場内の会議室やスペースを利用して、各社が「口演(小セミナー)」「展示・面談・打合せ(例: インターネットカフェ等)」などの目的で開催期間中に使用出来る専用ルーム(スペース)です。

寄付金募集要項

学術大会への寄付の募集について記載しています。

 

大会概要

メインテーマ 限られた看護資源の活かし方
会期 2017年(平成29年)6月30日(金)~ 7月1日(土)【2日間】
主催機関および責任者 一般社団法人日本医療情報学会 看護部会
大会長 宇都 由美子
(鹿児島大学病院 医療情報部)
事務局長 岩穴口 孝
(鹿児島大学病院 医療情報部)
会場 かごしま県民交流センター
〒892-0816 鹿児島県鹿児島市山下町14-50
TEL: 099-221-6600
会場アクセスURL http://www.kagoshima-pac.jp/access/
大会事務局 第18回日本医療情報学会看護学術大会 大会事務局 鹿児島大学病院 医療情報部
〒890-8520 鹿児島市桜ケ丘8-35-1
TEL: 099-275-5176 FAX: 099-275-5177
E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

学会の目的と開催意義

この大会は、本学会員の学術的研鑚の場であり、会員相互の情報交換の場であることを主眼としていますが、医療情報に関心のある非会員の方々にとりましても情報収集の場となることを目的としています。
看護情報を主とする日本で唯一の学術大会であり、臨床の看護職、教育・研究者をはじめ、多数の企業研究者の幅広い情報交換と知識交流に寄与するものと確信しております。

開催計画の概要

  1. 学会のプログラム内容
    特別講演、教育講演、シンポジウム、一般演題(口演・ポスター)
  2. 参加予定数  500名~
  3. 会場使用計画
    第1会場:1階中央・県民ホール
    第2会場:西棟2階・中ホール
    第3会場:東棟3階・大研修室
    ポスター会場: 西棟2階・大ホール
    展示会場:西棟2階・展示ロビー
ページ先頭へ