プログラム

pdf【第18回日本医療情報学会看護学術大会 日程表】
 
 ※若干の時間の変更が生じる場合がございますので、最新の日程表をご確認下さい。

 

【大会長講演】

《テーマ》
 「限られた看護資源の活かし方~患者・住民目線による情報活用~」
宇都由美子(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)
座長:岡田みずほ(長崎大学病院看護部)

【教育講演】

《テーマ》
 「現場の実践が変化の源〜限られた看護資源のより良い活用のために〜」
河村洋子(公立大学法人静岡文化芸術大学)
座長:宇都由美子(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)

【シンポジウム】

《テーマ》
 「地域における特定看護師の役割と今後の課題」
座長:福元幸志(鹿児島大学病院看護師特定行為研修センター)

【ワークショップ】

企画1:すぐにつかえる看護計画
    オーガナイザ:宇都由美子(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)
企画2:若手研究者育成WG
    オーガナイザ:岩穴口孝(鹿児島大学病院看護部)
企画3:病棟デバイスWG
    オーガナイザ:瀬戸僚馬(東京医療保健大学医療保健学部医療情報学科)
企画4:看護管理者教育における「看護情報学」領域の教育カリキュラムWG
    オーガナイザ:菖蒲澤幸子(日本赤十字秋田看護大学看護学部看護学科)

【ランチョンセミナー(7月1日開催)】

共催1:日本電気株式会社(NEC)
共催2:アイホン株式会社

【一般口演・ポスター発表】

pdf詳細プログラム
※若干の時間の変更が生じる場合がございますので、最新のプログラムをご確認下さい。

ページ先頭へ