プログラム

pdf【第18回日本医療情報学会看護学術大会 日程表】
 
 ※若干の時間の変更が生じる場合がございますので、最新の日程表をご確認下さい。

 

【大会長講演】

《テーマ》
 「限られた看護資源の活かし方~患者・住民目線による情報活用~」
宇都由美子(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)
座長:岡田みずほ(長崎大学病院看護部)

【教育講演】

《テーマ》
 「現場の実践が変化の源〜限られた看護資源のより良い活用のために〜」
河村洋子(公立大学法人静岡文化芸術大学)
座長:宇都由美子(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)

【シンポジウム】

《テーマ》
 「地域における特定看護師の役割と今後の課題」 
演者:光根美保(医療法人別府玄々堂上人病院)
   福元幸志(鹿児島大学病院 看護師特定行為研修センター)
   村山美奈子(垂水医療センター垂水中央病院)
座長:垣花泰之(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科) 
   田畑千穂子(公益社団法人鹿児島県看護協会) 

【ワークショップ】

企画1:看護の専門性を支える看護マスタを目指して
    オーガナイザ:宇都由美子(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)
企画2:若手から見た、看護情報の過去・現在・未来 -何が足りない?どこへ向かう?-
    オーガナイザ:岩穴口孝(鹿児島大学病院看護部)
企画3:位置検知技術の看護業務・看護管理への応用
    オーガナイザ:瀬戸僚馬(東京医療保健大学医療保健学部医療情報学科)
企画4:看護師長に求められているICTを活用する能力とは
    オーガナイザ:菖蒲澤幸子(日本赤十字秋田看護大学看護学部看護学科)

【ランチョンセミナー(7月1日開催)】

共催1:日本電気株式会社(NEC) 
    クリニカルパスの標準化に向けて 〜⽅向性と有効性〜
    演者:中島直樹(九州⼤学病院メディカルインフォメーションセンター)
    座⻑:町⽥⼆郎(社会福祉法⼈恩賜財団 済⽣会熊本病院)

 共催2:アイホン株式会社
    製造業手法による看護業務マネジメントへの貢献
    演者:村上雄太(アイホン株式会社新規事業開発部)
    座⻑:菅井拓海(アイホン株式会社ネットワークソリューション推進部)

【詳細プログラム(一般演題含む)】

pdf詳細プログラム
※若干の時間の変更が生じる場合がございますので、最新のプログラムをご確認下さい。

 

ページ先頭へ