人工ウイルスを用いた
アッセイ系の開発
大学発の新規抗ウイルス剤と
抗がん剤の開発

分子ウイルス感染研究分野とは

私たちの研究室ではがんの原因となる腫瘍ウイルスの発がん機構の解明と
治療法に関する研究を行っています。
研究の対象となるウイルスは「C型肝炎ウイルス」「B型肝炎ウイルス」「ヒトT細胞白血病ウイルス」です。
HCVとHBVでは、化学合成したウイルス遺伝子を細胞に導入して人工ウイルスを作製する、リバースジェネティクス法による研究を行っています。
また、ウイルスのタンパク質と宿主因子の相互作用に関する研究を行っています。

Back to Top