研究・診療実績

進行中の臨床研究・疫学研究

イベントスケジュール

ご自身の手術のDVDを差し上げます。

鹿児島大学病院脳神経外科の最新手術

国際協力と外国人医師の育成

第22回脳腫瘍の外科学会

第126回
日本脳神経外科学会九州支部会

第40回日本脳神経CI学会総会

第17回日本日本術中画像情報学会

脳神経外科お問い合わせ先

脳神経外科トップページ > スタッフ紹介 > 有田 和徳 > 患者様へ -診療医のご紹介-

患者様へ -診療医のご紹介-

鹿児島大学付属病院 脳神経外科学 教授 有田 和徳 (医学博士)

専門医など

日本脳神経外科学会専門医
日本救急医学会認定医
日本救急医学会認定医
日本てんかん学会認定医
日本脳卒中学会専門医

特に専門とする分野

脳腫瘍(特に間脳下垂体部腫瘍、松果体部腫瘍、聴神経腫瘍)
機能脳神経外科(てんかん、三叉神経痛、顔面痙攣などの機能性脳疾患)
脳血管障害

所属学会

日本脳神経外科学会
日本救急医学会
日本てんかん学会
日本内分泌学会会
日本脳卒中学会
米国脳神経外科学会(AANS)
米国脳神経外科コングレス(CNS)

モットー

まず充分にお話をうかがいます。患者さんの生活の質(QOL)の向上を第一に考えます。
手術は患者様や御家族の考えを尊重し、無理な手術はしません。

希望の患者様には全手術過程を記録したDVDを差し上げています患者様からの手紙

診療経験

脳外科手術数はこれまでに約1500件、このうち脳腫瘍は950件
脳腫瘍950例では手術死亡はありません。
下垂体腫瘍の手術はほとんどを経鼻法(鼻の孔からの手術) を用いています。
深部腫瘍ではナビゲーターを用いて、安全確実な手術を行っています。
手術は出来るだけ小さな開頭で行っています。
内視鏡や電気生理モニターを駆使して安全性、確実性を高めています。

経鼻下垂体手術(内視鏡支援)術中ナビゲーション下での巨大脳腫瘍の手術

略歴

1981年3月 広島大学医学部卒業、4月広島大学医学部脳神経外科研修医
1982年4月 松山赤十字病院脳神経外科
1984年9月 広島大学医学部脳神経外科
(1985年1月〜6月 広島大学医学部救急部集中治療部)
1987年4月 国立療養所広島病院脳神経外科
1989年4月 広島大学脳神経外科助手
1994年3月 広島大学脳神経外科講師
1994年3月〜5月 米国カリフォルニア大学サンフランシスコ学校(UCSF)で神経放射線診断学を研修
1995年4月 広島大学脳神経外科助教授
2003年6月〜10月 カナダ国マッギル大学でてんかんの外科治療を研修
2003年11月〜2004年3月 米国デューク大学で頭蓋底手術、key hole(鍵穴)手術を研修
2005年10月1日より 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科脳神経病態制御外科学(脳神経外科学)教授
2014年4月1日 鹿児島大学附属病院副院長

趣味

ジョギング、温泉、映画鑑賞

家族

妻と一男二女

その他の活動

インドネシア国、中国、ネパール国で脳外科手術を指導

インドネシアでの手術指導カトマンズ市での手術指導

最近の4年間の主な論文(自著論文のみ)

  • 有田和徳、他: 内分泌検査. 橋本信夫 編著 脳神経外科臨床指針.中外医学社、東京、2002 pp158-163
  • 有田和徳、他: ラトケ嚢胞の下垂体前葉機能 日本内分泌学会雑誌 78 (Suppl): 34-36, 2002
  • 有田和徳、他: プロラクチノーマの外科治療 ?その適応と禁忌- 日本内分泌学会雑誌 78 (Suppl): 23-26, 2002
  • 有田和徳、他:難治性てんかんの手術療法 -広島大学医学部およびディポネゴロ大学医学部における経験- 広島医学 55:806-809, 2002
  • 有田和徳、他: 専門医に求められる最新の知識, 脳腫瘍, ラトケ嚢胞. 脳神経外科速報 13: 2003
  • 有田和徳、他: 合併症の推移から見た末端肥大症における"Consensus Meeting Criteria of Cure"の意義. 日本内分泌学会雑誌 79 (Suppl): 48-49, 2003
  • 有田和徳、他: 経蝶形骨洞手術による先端巨大症患者の耐糖能の変化 -. 日本内分泌学会雑誌 79 (Suppl): 128-130, 2003
  • 有田和徳、他: 脳神経救急における今後の展開- 全国アンケート調査の結果より -国立大学附属病院における運営状況. 脳外科救急 8, 2003
  • 有田和徳、他: 経蝶形骨洞手術に必要な微小解剖-より安全な手術を目指して-顕微鏡下手術のための微小解剖 17, 2004
  • 有田和徳、他:てんかんに対する脳神経外科手術手技, Anatomy and techniques for epilepsy surgery. 脳神経外科 32:1215-1227, 2004
  • 有田和徳、他: 顕微鏡下経蝶形骨手術. 寺本明 他編 アクロメガリーハンドブック,メディカルレビュー, 2005
  • 有田和徳、他: 図説 ?三叉神経痛-. 広島医学 58:329-330, 2005
  • 有田和徳、他: 図説 - 聴神経腫瘍(前庭神経鞘腫)-. 広島医学 58:371-372, 2005
  • 有田和徳、他: 図説 - 松果体腫瘍の手術-. 広島医学 58:413-414, 2005
  • 有田和徳、他: 図説 ?眼窩内腫瘍の手術-. 広島医学 58:455-456, 20055
  • 有田和徳、他: 図説 ?鞍結節髄膜腫-. 広島医学 58: 587-588, 2005
  • 有田和徳、他: 成人期発症成人成長ホルモン分泌不全症. 千原和夫、他 編、成人成長ホルモン分泌不全症の臨床、メディカルレビュー、東京、2006, pp 82-94
  • 有田和徳、他: 成人成長ホルモン分泌不全症(成人GHD) . 脳神経外科 35: 217-230, 2007
  • 有田和徳、他: 傍トルコ鞍部悪性腫瘍の経験. 日本内分泌学会雑誌 83 (Suppl.): 129-131, 2007
  • 有田和徳、他: 下垂体卒中. 神野哲夫、河本圭司 他 編、直ぐに役立つ 脳神経外科救急ハンドブック、メディカ出版、東京、2007, pp 288-293
  • 有田和徳、他: 先端巨大症 -疫学・病態・診断-.脳神経外科ジャーナル 16: 678-684, 2007
  • 有田和徳、他: 脳神経外科の進歩. 鹿児島県臨床外科学会誌 19:1-11, 2007
  • 有田和徳、他: 松果体部腫瘍に対する後頭経天幕接近法 -安全な手術のためのガイダンス-.脳神経外科速報 18: 154-161, 2008
  • 有田和徳、他: 安全な経蝶形骨洞手術のためのノウハウ.脳神経外科 36: 207-222, 2008
  • 有田和徳、他: 延髄-頚髄移行部の血管芽腫の手術. 脳腫瘍の外科:in press , 2008
  • Arita K, et al: Intrasellar pleomorphic xanthoastrocytoma: Case report. Neurosurgery 51: 1079-1082, 2002
  • Arita K, et al: Mortality in 154 surgically treated patients with acromegaly ? A 10-year follow-up survey. Endocrine J 50: 163-172, 2003
  • Arita K, et al: Long term results of conventional treatment of diencephalic pilocytic astrocytoma in infants. Child Nervous System 19: 145-151, 2003
  • Arita K, et al: Endovascular treatment of basilar tip aneurysms associated with Moyamoya disease. Neuroradiology 45: 441-444, 2003
  • Arita K, et al: Relationship between Intratumoral Hemorrhage and Overexpression of Vascular Endothelial Growth Factor (VEGF) in Pituitary Adenoma. Hiroshima J Med Sci 53:23-27, 2004
  • Arita K, et al: Slow postoperative decline in blood concentration of insulin-like growth factor-1 (IGF-1) in acromegalic patients. Endocrine Journal 52:125-130, 2005
  • Arita K, et al: Review- Hypothalamic hamartoma. Neurologia Medico-chirurgica 45: 225-236, 2005
  • Arita K, et al: Natural course of incidentally found nonfunctioning pituitary adenoma, with special reference to pituitary apoplexy during follow-up examination. Journal of Neurosurgery 104:884-891,2006
  • Arita K, et al: Occipital transtentorial approach for pineal region tumors. In Berta SC, et al (eds), Neurosurgery: Tricks of trade, Thieme, New York, 2008, in press
  • Arita K, et al: Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumour of the Sella Turcica in an Adult. Acta Nrurochirurgica 98: ,2008
このページのトップへ