プレステップ実習 さつま訪問看護ステーション

in Blog

平成30年3月27日~3月39日             プレステップ実習さつま訪問看護ステーション


私は、平成30年3月27日~3月39日にプレステップ実習においてさつま訪問看護ステーションで実習をさせていただきました。

今回の実習では、家族看護について学びました。対象者だけでなく、介護をされている家族にも、介護者ならではの悩みを抱えていることがあります。看護師はお話を聞くだけでもその方にとって良いことがあります。入院前後の認識のギャップを埋めたり、家族内の関係性の再構築のお手伝いをしたりすることもありました。また、病気を持った子供のお世話に追われて自分の時間や他の兄弟との時間をとれないお母さんに訪問看護の時間を利用してもらうなどの方法があることも知りました。様々な家族があり、家族ごとの歴史があるため、価値観を知り、「目標をどこに決めるか」を対象者、家族、看護師、その他関係機関を巻き込んで見守っていくことが大切であると学ぶことができました。そして、実習を通して私は対象者に指導を行う際、病態や数値だけをみて、対象者の文化的背景や価値観まで捉えられていなかったと改めて気づくことができました。対象者が今までどのような暮らしをされてきたのか、大切にしていること、家族の誰が料理を作っているのか、好きな食べ物は何かなど対象者の暮らしぶりを知り、その後納得して実践していただけるような個別性に合う方法を一緒に考えていく必要があります。今後、心に留めて、実践をしていきたいです。今回お世話になった、さつま訪問看護ステーションの皆様、お忙しい中訪問を受け入れてくださった、対象者の方々とそのご家族の皆様、そしていつも支えてくださる先生方、本当にありがとうございました。今回得られた学びをさらに深められるように日々の学びへ生かして頑張っていきたいと思います。最後に、今回の実習で一緒に活動した、大学時代から仲の良い是永さんと川岡君と3人で南さつま市の吹上海浜公園にあるサンセットブリッジへ行った時の写真です!おもしろい写真を撮りたいねと話しながら橋の真ん中でみんなでジャンプをしてみました。川岡君がジャンプのタイミングを間違えて少し失敗をした写真でした。何回か撮り直し、その後加世田でお好み焼きを食べ、それがまたおいしかったのです。笑いが止まらなくてとても楽しいひとときを過ごさせていただいた二人とも、どうもありがとうございました!また会える時を楽しみにしています♪