鹿児島大学病院 看護部

鹿児島大学病院TOP

教育体制

教育理念/目標

教育理念

  • 専門性の高い知識・技術を持った看護師を育成します。
  • 主体的に学習・教育・研究する姿勢を持った看護師を育成します。
  • 看護倫理に基づいた明確な看護観を持ち行動する看護師を育成します。

教育基準

現任教育

  1. 看護部の理念に基づいた教育目標を設定、計画する。
  2. キャリア開発プログラム(クリニカルラダー)に沿って教育活動を実施・評価する。
  3. 個人のキャリア開発計画に沿った効果的な研修参加を支援する。
  4. 知識や技術を他部署・社会へ還元する。
  5. 職場の教育・研究的風土を作る。

実習生・研修生の受け入れと支援

  1. 臨床実習の調整を行い、効果的に実習できる環境を整える。
  2. 臨床指導者を計画的に育成し、支援する。
  3. 研修生の目的に合わせて部署を選択し、適切な研修が出来るよう支援する。
  4. 実習生・研修生の受け持ち患者情報は、個人情報保護法に基づいて管理する。
  5. 実習生・研修生の情報は、個人情報保護法に基いて管理する。

学会・研究

  1. 研究のための体制・環境を整える。
  2. 研究を奨励し、成果を個人のキャリアとして評価する。
  3. すべての職員に研究及び研究発表の機会がある。
  4. 看護上の問題を研究的視点で捉え、研究課題にする。
  5. 研究の成果を看護ケアや業務に還元する。
  6. 研究は倫理的配慮に基づいて実施する。
  7. 研究論文は個人情報保護法に基づいて管理する。

グループプリセプターシップ

新人教育にグループ・プリセプターシップ制を取り入れています。

グループプリセプターシップ1
グループプリセプターシップ3

看護師として職場にスムーズに適応できるように、数名のプリセプターが「良き相談相手」としてまた、「身近なロールモデル」として、基本的な看護技術の指導を行います。部署毎に数名のプリセプターでグループを作り、新人看護師の特性や現場の状況に合わせてチーム全体でサポートします。