鹿児島大学病院 看護部

鹿児島大学病院TOP

教育体制

教育プログラム/支援

新人教育

入職から一人前になるまで安心して確実に成長できるプログラムが充実しています。万全のサポート体制で、新人を育て支えていく体制を整えています。

クリニカルラダーシステム

個人の目標設定の指標となり、個人と組織の成長を支援するプログラムツール、『クリニカルラダーシステム』を教育プログラムに取り入れています。看護師一人ひとりが看護実践能力・専門的能力を高めることで質の高い看護サービスを提供することができ、患者さんの満足、看護師のやりがい・スキルアップにつながります。

クリニカルラダーシステム

看護研究支援

看護部では看護研究を通じて看護の質、実践能力の向上に取り組み、鹿児島大学医学部保健学科と連携し、看護研究へのニーズに合わせた研修や必要に応じた助言が得られる「看護部研修支援システム」があります。研究目的が不明な場合は、「研究お助けサロン」があり、研究目的を明らかにして次の段階に進むことができます。研究テーマによっては、保健学科の教員と共同研究や研究支援を貰いながら、研究発表や論文作成をする体制が整っています。

看護部看護研究 支援システム

職場復帰支援

長期に職場を離れていた看護職員に対し、臨床の感覚を取り戻してもらうためにキャリア開発室の教育担当が丁寧な技術支援を行っております。中でも、採血や静脈確保への要望が多いですが、指示システム等の電子カルテの演習も喜ばれています。一人一人の希望に沿った職場復帰支援を実施しています。

教育プログラム

↓2019年度新人教育プログラム(PDF)