鹿児島大学病院 看護部

鹿児島大学病院TOP

看護活動の紹介

チーム活動

医療環境安全部 安全管理部門

患者さんだけでなく、医療者にとっても安全・安心な環境をつくるため各部署と連携して組織横断的に活動を展開しています。

安全部門の取り組み安全管理部門 医療環境安全部安全管理部門の役割は、@重大事故発生時の初動対応と事故調査Aインシデントレポートの収集と分析・対策立案B安全管理マニュアルや指針などの整備と運用状況のモニター及び改訂C安全管理に関する研修の企画・運営等です。現在、GRMとして2名の看護師長が医師や事務職員と協働しながら、各部署・部門のリスクマネージャーと連携し組織横断的に活動しています。

医療環境安全部 感染制御部門

●他職種と協働し感染対策活動を実施
●発症してからのコントロールより日常の標準予防策の実践を推進

感染制御部門の取り組み感染制御部門 感染制御部門は、医師、看護師、薬剤師、検査技師、事務職員等の多職種で構成され、「部門ごとの抗菌薬の使用や検出菌の検出状況を把握するとともに、週1回のラウンドの中で日常の感染対策の実施状況を確認しています。アウトブレイクが起こる前には、新たな患者の発生や増加などなんらかのサインがあります。ICTや感染リンクナースなど横のつながりを持ちながら情報交換し介入しています。

NST・褥瘡対策チーム

栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)の取り組みNST・褥瘡対策チームの取り組み 栄養サポートチームは、患者さんの疾病が早く回復されるように栄養に関する問題に取り組むチームです。栄養状態に問題のある患者さんや手術のために栄養管理が必要な患者さんを対象に栄養評価を行い、適切な栄養療法を行っています。医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師など様々な専門職が集まってチームとなり、主治医からの依頼を受けて週1回のラウンドを行い、患者さんの栄養管理をサポートしています。

褥瘡対策チームの取り組みNST・褥瘡対策チームの取り組み 褥瘡対策チームは、多職種が各々の立場からの専門技術や実践知を活かして、患者さんの入院目的に沿った褥瘡予防から褥瘡の早期治癒のための管理方法を提供しています。
その中でも褥瘡管理者は、皮膚・排泄ケア認定看護師の"わざ"である、創傷ケア,スキンケア,失禁ケア,ストーマケア領域の実践知を、褥瘡管理に融合する専門力を持っています。それらの看護技術が患者さんに提供されるようになり、院内の褥瘡発生率は大幅に減少しています。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームの取り組み緩和ケアチームの取り組み 緩和ケアチームは、患者さんやご家族のつらい症状を和らげ、希望されている療養生活を送ることができるように支援を行う専門チームです。現在3名の認定看護師(がん性疼痛看護・緩和ケア)がチームに所属し、患者さんやご家族のお話を丁寧に聴き、痛みや不安などの苦痛な症状を軽くできるよう常に患者さんやご家族の視点で考え、主治医や看護師など多職種と協働しながら、安楽な看護ケアの提供と希望に添った生活支援ができるように取り組んでいます。