鹿児島大学医学部産科婦人科学教室

医局員専用 home

婦人科


婦人科では、婦人科腫瘍、不妊症、思春期医療、更年期医療、感染症などを幅広く扱っています。

対象疾患

実際には当診療科では以下のような疾患が対象となります。

・月経不順、月経困難症
・更年期障害
・各種感染症(各種性病、骨盤腹膜炎、クラミジア感染症、腟炎)
・子宮内膜症
・子宮脱、尿失禁
・各種婦人科良性腫瘍(子宮筋腫、卵巣嚢腫など)
・各種婦人科悪性腫瘍(外陰癌、腟癌、子宮頸癌、子宮体癌、卵管癌、卵巣癌、絨毛癌、その他の悪性腫瘍)
など

婦人科疾患の一般的な症状

次のような症状が出現したら、当診療科疾患の可能性があります。

・生理の時に我慢できないくらいお腹が痛い(生理痛)
・生理の周期がバラバラ(生理不順)
・生理の時にレバーのような固まりがでる(過多月経)
・おりものが多く気になる(帯下)
・陰部がかゆい(陰部掻痒感)、外陰部から何かでている、子宮が下がっている感じがする(子宮下垂感)
・のぼせ、ほてり、肩こり、腰痛などが耐えられない(更年期症状)
・お腹が痛い(下腹痛)
・お腹が張る(腹部膨満感)
・お腹に腫れ物がある感じがする、腫れ物を触れる(腹部腫瘤感)
・生理でないのに出血した(不正性器出血)
・おっぱいが出てくる(乳汁漏出)
・子どもがほしい(不妊)
・何度も流産する(習慣性流産)
・体重が急に減った
など

検査

当診療科で実施している検査内容は次のようになります。

・子宮癌検診

 子宮子宮頸癌、子宮体癌の検査です。綿棒やブラシなどの専用の器具を使って、細胞を採取し顕微鏡の検査を行います。

・超音波断層法(経腹法、経腟法)

 一般にはエコ−といわれるものです。卵巣腫瘍の有無や、腫瘍の質的診断のために不可欠な検査です。卵巣腫瘍だけではなく、良性の子宮筋腫のほか子宮癌(子宮体癌・子宮頸癌)の診断においても重要な役割を果たします。
 外来でもベッドサイドでも比較的容易に行えるため、現在では画像診断の第一選択の方法です。プロ−ブという器械をお腹の上からもしくは腟の中に挿入し、リアルタイムに画像に写すことで腫瘍の大きさや性状を見ることができます。
 筋腫の大きさの変化(経時的変化もしくは治療効果など)や子宮内膜厚測定(不妊症・子宮体癌など)にも有用です。
 超音波断層法にて腫瘍が見つかった場合など必要に応じてCT検査やMRI検査を行うことがあります。

・コルポスコープ

 子宮頸癌の検査です。子宮癌検診で異常が出た場合に行います。
 子宮の一部を拡大して病変を確認します。病変部を確認した後は、組織診(生検)を行うことが多いです。

・ホルモン検査

 月経異常の検査、不妊症の検査、更年期障害の検査として行う場合があります。
 採血もしくは採尿して、ホルモンを調べます。

・基礎体温

 月経異常の検査、不妊症の検査、絨毛性疾患の検査として行う場合があります。
 基本的に基礎体温の増減は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類の 女性ホルモンの増減によってそのサイクルが決まってきます。
 健康な女性の基礎体温は、体温の低い時期 低温相または低温期(卵胞期)と、体温の高い時期の高温相または高温期(黄体期)の2つに分かれます。
 生理(月経)後しばらく低温期が続き、低温期から高温期の移行期に排卵がなされて、その後高温期がつづきます。
 そして生理(月経)がはじまる頃、基礎体温は下降し、次の周期に入ります。
 体調がほぼ一定であれば、ほぼその人の毎周期のパターンを示すことになりますので、次の生理(月経)の時期や、排卵日などをおおよそ予測することが出来ます。

・子宮卵管造影

 不妊症の検査のひとつです。造影剤を子宮腔内に注入して、レントゲン撮影を行います。
 子宮の形の異常や、卵管の通り具合を見ることができます。

・子宮鏡

 子宮筋腫(とくに粘膜下筋腫とよばれる子宮の腔内にできる筋腫)、子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症、子宮体癌などの疾患、 また子宮体癌検診(細胞診)にて疑陽性の症例などを対象としてこれらの病変の子宮内における存在や広がりを観察するための内視鏡検査です。
 子宮の奥にできる子宮体癌については、子宮の奥の観察のみならず、子宮の入口に近い頸部にまで癌が進んでいないか 否かを診断するため、画像検査であるMRI検査とならんで重要な検査となります。痛が多少ありますが、それほど強くないですので、無麻酔で外来で行っています。

・精液検査

 不妊症の検査です。精子の数、奇形、運動の具合を顕微鏡で調べます。

・骨量測定

 骨粗しょう症の検査です。女性は閉経を境に急激に骨量が減少します。
 DEXAという機械を使って骨量を測定し、適切な治療を受けることで、骨粗しょう症を予防することが出来ます。

・CT

 X線を使った検査法です。体を輪切りにした画像を得ることができます。腫瘍の位置、大きさ、性状の他、癌の場合には遠隔転移の有無、リンパ節転移の有無にも有用です。MRIに比べて短時間で行うことができます。

・MRI

 磁石を用いた検査法です。体を任意の断面で切った画像を得ることができます。腫瘍の位置、腫瘍の位置、大きさ、性状を把握するのに有用です。検査する部位や範囲にもよりますが検査時間が約1時間程かかります。磁石を用いるため、体内に金属(ペ−スメ−カ−・クリップなど)が入っている場合は一般に行えません。

・PET

 各種癌の検査として行う場合があります。

治療

当科で行っている治療内容は次のようになります。

・更年期障害の治療

 更年期障害に対する治療には、ホルモン補充療法、対症療法、漢方薬、骨そしょう症治療薬、高脂質血症治療薬などを使用します。
 対症療法とは、たとえば、頭痛には鎮痛剤、肩こりには湿布、鎮痛剤、というようにそれぞれの症状に対して処方します。使用する薬剤は、自律神経調整剤、循環改善薬、抗不安薬、催眠鎮静剤などです。ただし、 更年期症状は改善する場合もあれば、それほど改善しない場合もあります。
 漢方薬は、生薬ではなく、エキス剤を処方します。各々、個人の症状、腹部所見、状態をみて、処方します。西洋薬と併用することもあります。ただし、骨そしょう症、高脂質血症、脳血管障害予防目的には、あまり効果はのぞめません。
 骨そしょう症治療としては、ホルモン補充療法、ビタミンD、ビタミンK、ビスフォスフォネート、カルシトニン(甲状腺ホルモン)などがあり、それぞれを使い分けます。

・円錐切除術

 子宮頸部の前癌病変である異形成や子宮頸部の初期がんである上皮内癌、微小浸潤癌などに対して最高病変の診断や治療目的で行われる検査・手術です。円錐切除術は子宮の入口部分である子宮頸部だけを円錐形に切除するもので、子宮は温存されるため、子宮温存手術とよばれています。
 当科では原則として入院し、麻酔下におこなっています。手術後は2−3日で退院となります。退院後は近くの病院もしくは、紹介元の病院へ入院し管理することが多いです。
 なお、本手術を施行した患者さんは外来にて厳重 にフォローアップし、再発の有無などを検査するシステムをとっています。

・手術

 各種婦人科疾患に対して手術を行っています。
 開腹手術はもちろん、腹腔鏡下手術、経腟手術、子宮鏡下手術なども行っています。

・放射線治療

 子宮頸癌に対する根治的な治療として行う場合、各種癌の術後療法として行う場合、再発癌に対して行う場合などがあります。外照射だけでなく、腔内照射も行っています。

・化学療法

 卵巣癌の治療として行う場合、絨毛性疾患の治療として行う場合、各種癌の後療法として行う場合、再発癌に対して行う場合などがあります。様々な方法(レジメン)がありますが、ほとんどの場合は点滴治療です。

・不妊治療

 不妊症に対しては、各種検査の後、タイミング療法、クロミフェン療法、人工授精、体外受精などを行っています。
 また、不妊症に対しても積極的に腹腔鏡下手術も行っています。

・ピル

 避妊目的だけでなく、子宮内膜症などの疾患でもピルを使用することがあります。

page top