鹿児島大学医学部産科婦人科学教室

医局員専用 home

女性ヘルスケアグループ


更年期の女性特有の症状や疾患を診ています。
(この時期は症状が多彩なので迷ったら、まずお気軽に御相談下さい)
月経(生理)が止まる前後5年間位の時期です。
年齢的にいえばだいたい45〜55歳位を更年期と言います。

更年期になると
1) 更年期症状が出ます。例えば肩こり、疲れやすい、いらいらする、ほてり、発汗など症状がひどければ更年期障害と診断され治療が必要です。治療すれば良くなることが多いです。中には気合いで治す人もいますが。。。
もちろん更年期症状が出ない人もいます。
2) 脂質異常症、生理が止まるとおよそ半数くらいの人がコレステロールや悪玉コレステロールが増え、善玉コレステロールが減ります。注意しましょう。
3) もう少したつと性交痛やおりものに異常がでたりします。治療するとよくなります。でもこの時期は癌年齢でもあり、癌にも注意しましょう。1年に1回は癌検診をしましょう。
4) 骨粗鬆症は生理が止まって2,3年は骨密度が急速に減り易くなります。
この時期に1回は骨密度をチェックしましょう。特にお酒の好きな方、小柄でやせている人、ステロイドを飲んでいる方、骨折しやすい人や母親や祖母が腰が曲がっているまたはいた人は注意しましょう。
5) さらに高血圧や糖尿病といった更年期以降増える疾患に対しても注目して、今後他科と連携しながら診ていこうと考えています。

治療は、
1) ホルモン補充療法
 更年期症状をはじめ、上記の症状や病気は女性ホルモンの低下が一部は関係しているといわれています。それため女性ホルモンを投与して治療します。女性ホルモンは2種類ありますが、大まかに言うと子宮のある人は2種類の女性ホルモンを子宮のない人は1種類の女性ホルモンを使います。特にほてりには良く効きます。
2) 漢方療法
 女性ホルモンが使えない人や女性ホルモン投与が嫌な人に使います。更年期症状には結構効きます。本当です。
3) その他
 眠れない人には、睡眠薬や抗不安薬をまた抑うつ症状の人には抗うつ薬を使用したりします。
 また自律神経調整剤や植物性イソフラボンも投与しております。
page top