鹿児島大学医学部産科婦人科学教室

医局員専用 home

腫瘍グループ


腫瘍グループでは広く婦人科腫瘍の治療に当たっています。
子宮癌、卵巣癌などの悪性腫瘍だけでなく、子宮筋腫、卵巣腫瘍、などの良性疾患も対象としています。
良性腫瘍に対しては、腹腔鏡や子宮鏡などの鏡視下手術にも積極的に取り組んでいます。

(1) 子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌、子宮肉腫、外陰癌、絨毛癌膣癌、外陰癌などの悪性腫瘍に対して手術、化学療法(抗がん剤治療)、放射線療法などの治療を幅広く行っております。日々、病む人の気持ちを大切に考え患者さんのQOLを考慮し診療を行っております。関連病院と連携しながら、3次医療機関として全身状態の悪い方、成人病や精神疾患を患ったリスクが高い方の治療も担い、南九州全域より受け入れています。
(2) 複数の医師で治療にあたり、がん治療認定医、婦人科腫瘍専門医を中心に各種取り扱い規約、各種ガイドラインなどの標準治療に基づいて治療を行っています。治療に際しては、患者さんへの説明を丁寧に行った上で、同意を得て行っています。
(3) 予定された手術の場合は、手術前に医局員全員参加のカンファレンスで画像閲覧しながら、手術の適応、方法などについて話し合い、多数の意見をふまえた上で、方針を決定しています。
(4) 年間手術件数は約400例であり、技術に裏打ちされた確実な手術を行い、傷をなるべく目立たない様に配慮しております。化学療法や放射線療法も積極的に行い、同意が得られれば多施設共同研究に参加し、更に定期的に関連施設と共に勉強会や検討会を開催しております。
(5) 研究面では、子宮頸癌の原因であるヒトパピローマウイルスの基礎研究や縮小手術に関する研究を行っております。学会での発表も積極的に行っています。
(6) 子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症、チョコレートのう胞などの良性腫瘍だけでなく、子宮頸癌や子宮体癌などの悪性腫瘍に対しても日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医を中心に積極的に腹腔鏡手術を行っております。腹腔鏡手術は小さな傷で手術できますので、傷が目立たないだけでなく、体の負担が少なく、入院期間は短縮し、早期に社会復帰できるメリットがあります。腹腔鏡での手術件数は年々増加し、婦人科手術の5割弱を占めるに至っております。
page top