本文へスキップ

研究概要Yuki Kambe

ミトコンドリアと神経細胞障害



大脳皮質は海馬に比べて, 脳虚血に対して耐性であることが知られている. このことを突き詰めて解明することによって, 脳虚血に対する治療薬の開発に繋がると考えられる. 本研究では, これら2つの脳内部位から取得した細胞を用いて, この虚血耐性を惹起するメカニズムを解明した. すなわち, 海馬由来の神経細胞ミトコンドリアの内膜上に発現する, カルシウム輸送単体であるUCP2が大脳皮質由来の神経細胞に比べて多いことで, より低レベルの脳虚血でミトコンドリア障害が惹起される. これによって, 海馬由来の細胞は大脳皮質由来の細胞に比べて脆弱となる.

生体情報薬理学

〒890-8544
鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8-35-1

TEL 099-275-5256

ホームページに関するご意見は
神戸まで.

Powered by Yuki Kambe