鹿児島大学大学院医歯学総合研究科リハビリテーション医学

教授ご挨拶

当分野は多くの先達の努力によって1988年に国立大初のリハビリテーション医学講座として開設されました。私は当教室出身のリハビリテーション科専門医ですが,よい環境で先輩や仲間,患者さん達から刺激を受けてリハ医学の診療,教育,研究に従事することができました。

人は誰しも病気や外傷,加齢などによって,日常の動作や行動に支障が生じ,生活が一変する可能性があります。このような障害の解決にはリハ医学的視点を持った専門医がいると心強いです。すなわち,原因となる疾病の理解と共に,失った機能のみならず,残存した機能・能力を,身体的,心理学的,社会的に評価し,さらにそれを伸ばし活かすという視点です。また疾病の再発を予防し、新たな障害を予防する視点も重要です。
地域医療では,様々な社会的な生活背景をもつ個々の患者さんに寄り添い“よりよく生きる”ために全身管理ができる,そして多くのリハ専門職と協調してチーム医療ができるリハ科医が数多く求められています。

運動や認知,言語,嚥下,排泄,心肺機能など,神経・筋肉,骨関節,内部臓器に多彩な障害を抱えた患者さんにとっては,なるべく少ない負担で効率よく,最大限の機能回復を得ることが必要です。そのために私達は新しいリハ・アプローチや,その基盤となる基礎医学的な研究にも力をいれています。
脳卒中などによって生じる片麻痺に対する新たな運動療法である“促通反復療法(川平法, RFE)”をはじめ,振動刺激(DAViS)や,電気刺激,磁気刺激,温熱・温泉などの物理的な刺激の新しい応用法やリハビリ効果を促進する薬物治療の応用,医工連携による機器開発などはその一例です。

私は「次世代のリハ医療に新しく応用できる手段はないか」を,リハビリ室で,生活の場で,そして研究室でチーム一丸となって探っていきたいと思います。そのために多くの医師・研究者が集い,多様な力が結集することを願っています。
これからも当教室のよき伝統を継承して科学的なリハ医療を推進し,多彩なスタッフと共に広く大きく学べる大学の特徴を生かし,人材の育成,地域医療に貢献する所存です。なお一層のご指導とご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

鹿児島大学大学院医歯学総合研究科       
リハビリテーション医学 教授 下堂薗 恵  

リハビリテーション医学教室の沿革

当教室は国立大学発のリハビリテーション医学講座として1988年に開設されました。2015年には開講27周年を迎え,日本リハビリテーション医学会リハビリテーション専門医を40名以上輩出し,臨床,研究,教育における実力を高めつつあります。
初代教授 田中信行先生(1988-2004),2代目教授 川平和美先生(2005-2013)に続き下堂薗恵教授のもとリハビリテーション医学の発展に尽くしています。
教室の名称は2003年4月に大学院大学への改組により運動機能修復学講座運動機能再建医学分野となりましたが,2008年5月に運動機能修復学講座リハビリテーション医学分野に改称しました。

  • 医学生のための夏期リハビリテーションセミナー
  • 公開講座(看護・介護職など向け)
  • 公開講座(リハ専門職等向け)