鹿児島大学大学院医歯学総合研究科リハビリテーション医学

先進治療

促通反復療法 (RFE:Repetitive Facilitative Exercise)

川平和美前教授を中心に考案され,脳卒中片麻痺の改善に有効なエビデンスが検証された治療法です。

経頭蓋磁気刺激 (TMS:Transcranial magnetic stimulation)

コイルによって磁場を変化させることで,脳の神経活動をコントロールします。
適切なリハビリと組み合わせることにより相乗効果が期待されます。

神経筋電気刺激 (NMES:Neuromuscular Electrical Stimulation)

電気刺激を用いて筋収縮を促します。
刺激パラメータを調整することにより,促通訓練時の随意的収縮を生じやすくしたり,筋力や耐久性を上げたりするなどの目的に応じた利用が可能です。

振動刺激痙縮抑制法 (DAViS:Direct Application of Vibratory Stimulation)

振動刺激を用いて,痙縮を抑制します。
痙縮が軽減した後に,RFEを実施することにより麻痺の回復が促進されます。

研究業績

研究業績一覧(PubMed)

  • 医学生のための夏期リハビリテーションセミナー
  • 公開講座(看護・介護職など向け)
  • 公開講座(リハ専門職等向け)