鹿児島大学大学院医歯学総合研究科リハビリテーション医学

臨床風景(霧島リハセンター)

リハ室

リハ医の診療はリハ室に始まり,リハ室に終わります。
当科では主治医は自ら患者さんの評価や訓練も行います。リハ医はただリハ指示を出すのみではなく,積極的に患者さんに関わることで,他職種との協働ができるようになります。

カンファレンス

リハセンターでは様々なカンファレンスが開かれます。
他職種との情報共有や指示の確認はカンファレンスのみではなく,リハ室や病棟で直接交わさせれることもよくあります。
リハ室や病棟,医局が隣接しているので,各職種間の距離が近いことも霧島リハセンターの特色の一つです。

嚥下造影検査(VF)・嚥下内視鏡検査(VE)

嚥下障害は誤嚥性肺炎や窒息によって生命に脅かすのみではなく,好きなものを食べられなくなることによって患者さんのQOLを著しく低下させます。
嚥下障害を診断し,嚥下訓練を導入するのみではなく,できるだけ絶食にせず,食形態を調整した上で経口摂取を継続することが嚥下障害改善への近道です。

装具診

脳卒中片麻痺の歩行再建には装具は欠かせません。
適切な麻痺の評価や予後予測のもと,患者さんの歩行再建に最も適した装具を処方する能力が求められます。いつも同じ装具を処方するようなことはあり得ません。
装具診では主治医,訓練士,義肢装具士などが意見を出し合い,装具の選択,適合の確認を行います。

ブロック注射

痙縮は脳卒中片麻痺の改善の大きな阻害因子です。
治療として以前よりフェノールや局所麻酔薬を用いた神経ブロックが行われてきましたが,近年ボツリヌス毒素によるブロック注射も可能となりました。
ブロック注射には数多くある筋のうちブロックすべき筋を選択すること,そして超音波や電気刺激装置を用い適切な場所に薬剤を注入する技術が必要です。

  • 医学生のための夏期リハビリテーションセミナー
  • 公開講座(看護・介護職など向け)
  • 公開講座(リハ専門職等向け)