最先端のリハビリを
もっと地域に
さらに世界へ

一般向け > 診療案内 > 入院

入院診療

回復期リハビリテーション病棟

リハビリ科は回復期リハビリテーション病棟で入院治療を行っています。

回復期リハビリテーション病棟では,脳血管疾患や大腿骨頚部骨折などの病気の急性期治療の後にも医学的・社会的・心理的なサポートが必要な患者さんに対して,多くの専門職種がチームを組んで集中的なリハビリテーションを行って,心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした診療を行います。

診療チームの各担当スタッフが,患者さんの入院後すぐに麻痺や筋力低下,高次脳機能障害などに加えて日常生活の動作能力(寝返りする,起きあがる,食べる,歩く,トイレへ行く,お風呂に入るなど)への積極的なリハビリも行い,患者さんの社会復帰をサポートします。

一般的な訓練に加えて,促通反復療法や電気刺激療法,磁気刺激療法,ロボットリハビリなど,先進的な治療も並行して行うことで,より早期により良い状態で退院できることを目指します。

対象疾患

回復期リハビリテーション病棟には入院対象となる疾患と期間が決められています。以下の表にある疾患の発症後1または2ヵ月以内の方のみ入院できます。

疾患 発症から入院までの期間 病棟に入院できる期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヶ月以内 90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

回復期リハビリテーション病棟への入院の受け入れ

鹿児島大学病院回復期リハビリテーション病棟では,主に鹿児島大学病院に入院中の患者さんの入院を受け入れています。

回復期リハビリテーション病棟の場所

回復期リハビリテーション病棟は歯科診療棟4階にあります。歯科診療棟の1階または2階より階段もしくはエレベーターを利用してお越しください。
歯科診療棟2階と外来診療棟3階の間に連絡通路があります。診療棟間をご移動の際はご注意ください。

一般向け

関連リンク

ページのトップへ戻る