ご挨拶

教室の理念

  • "病める人"中心の医療を行う
  • 常に最新の知識と最先端の技術を追い求め、実施に当たっては安全・安心に細心の注意を払う
  • 周辺の医療施設と協力して地域医療に貢献する
  • 人間性豊かで科学的な視野を持ち患者さんに信頼される医師を育てる

患者さんへのメッセージ

井本浩(いもとゆたか)

皆さんこんにちは。
心臓血管・消化器外科(旧第二外科)教授の井本 浩(いもと ゆたか)です。私は平成22年から今の役職についております。
外科をはじめとする日本の医学・医療のレベルは世界に引けを取らないどころか、ほぼ全ての領域で世界をリードしています(残念なことにその事実は日本国民にはあまりよく知られていないようですが)。私はこの鹿児島で世界の最高レベルの外科医療を実現し継続することを目標に今日まで努めて参りました。現在では、心臓血管の分野では先天性心疾患(生まれつきの心臓病)、後天性心疾患(おとなの心臓病)、大動脈疾患(大動脈瘤など)、末梢血管疾患(主として下肢の血管が詰まる病気)と、ほぼ全領域にわたる疾患に対して治療が行えるようになっています。また消化器外科の分野では難度の高い肝胆膵領域でハイレベルの外科医療を提供できております。
これからも地域に根付いた最高の医療を提供し、皆様に安心して治療を受けていただけるよう努めてまいります。

外科を目指す若い人へのメッセージ

皆さんはどのようなイメージを持って医師を志したのでしょうか?私にとっての医師のイメージは外科医でした。すなわち、持てる全ての知識と技術を駆使して死にかけている人を救う、それが私の医師のイメージであり、まさに現在私が行っている外科医の仕事そのものであります。

1人の外科医が完成するには多くの時間と経験と努力が必要です。このあたりが近年外科医志望の若い人が少なくなった理由のひとつかもしれません。しかし考えてみてください。促成栽培のようにして身に付いた小手先の技術しか持たないとしたら、それがどれだけ患者さんの役に立つでしょうか?また後から来る自分より若い人達にとって代わられる心配はないのでしょうか?確固とした技術とそれに裏付けされたゆるぎない自信が本当に患者さんのために役立つのであり、ひいては自分と他者との違いを産みだす重要なポイントだと思います。それはどの診療分野でも言えることかもしれませんが、人間にとって一番大切な「命」と正面から向き合う外科医の仕事は、やりがいという面からは別格だと思います。せっかく医師になったのですから社会的にも高く評価されやりがいのあることを一生の仕事として選ぶことを勧めます。

そしてもう一つ。外科という仕事は本当の意味でのチーム医療ですから、多くの人があなたを助けてくれます。先輩は真剣に指導してくれますし、同輩・後輩はあなたをしっかりと支えてくれます。外科医になるということは、あなたも職業集団としての外科医の共同体に所属することになるのです。自分は一人ではない、という安心感を持ちながら仕事ができるのも外科医ならではと言えます。

われわれ心臓血管・消化器外科の一員として外科のスペシャリストとなり、鹿児島の外科医療を支え、さらに世界へメッセージを発信する仕事を一緒にやりませんか。