1. TOP
  2. 診療内容
  3. 血管外科
  1. 虚血性心疾患
  2. 弁膜症
  3. 大動脈手術
  4. ステントグラフト治療

血管外科

血管外科で扱う疾患

症状

心臓の拍動に一致した腫瘤(こぶ)を臍の付近に触れることができます。腹部大動脈瘤が存在しても通常、痛みや不快感などはありません。腹痛、背部痛、腰痛、頻尿など症状が出現した場合、破裂、あるいは破裂しかかっていることが強く疑われます。

病因
  • 1.動脈硬化症
  • 2.感染性(細菌、真菌の感染など)
  • 3.Marfan症候群(先天的な動脈壁の異状によるもの)
  • 4.大動脈炎症候群(膠原病、自己免疫疾患など)
  • 5.外傷性などが挙げられますが、大部分の原因は動脈硬化で、動脈瘤の内壁には、ほぼ例外なく高度の粥状硬化所見が認められます。
治療

1)人工血管置換術 2)ステントグラフト治療(血管内治療) の2つの方法があります。

腹部大動脈瘤の瘤径が増大するにつれて、破裂の危険性が増加します。正常の腹部大動脈径は15~23mmですが、原則として50mmを超えた場合、治療適応としています。40~45mmでも状況によっては治療を考慮します。
腸骨動脈の正常径は10~15mmですが、原則として30mmを超えれば治療を考慮します。 破裂または破裂しかかっている場合は、緊急手術の対象となります。

閉塞性動脈硬化症(ASO)は、手や足の血管の動脈硬化により、狭窄(血管が狭くなる)や閉塞(血管が詰まる)を起こして、血液の流れが悪くなり、手先や足先へ栄養や酸素を十分に送り届けることができなくなる病気で、手足にさまざまな障害が現れます。

《閉塞性動脈硬化症の主な症状》
FontaineⅠ度(軽度虚血)冷感、しびれ感、無症状
FonatineⅡ度(中等度虚血)間歇性跛行
FontaineⅢ度(高度虚血)安静時痛
FontaineⅣ度(重度虚血)潰瘍、壊疽
FontaineⅢ度、Ⅳ度の症状を有する状態を重症虚血肢とよび、血行再建術の絶対適応となります。

治療

1)薬物療法

2)運動療法

3)血行再建(血管内治療、バイパス術

人工血管、自家静脈を使用し、狭窄、閉塞部の先へバイパスを造る 重症虚血肢に対してはできるだけ切断を回避するため、足関節周囲へのバイパスするdistal bypassも積極的に行います。 また、血管内治療とバイパスを組み合わせたhybrid血行再建も多く行っております。

4)コレステロール吸着療法
(悪玉コレステロールを血液浄化療法で吸着する)

5)腰部交感神経節ブロック

平成21年~平成28年の8年間の症例数

  H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22 H21
ステントグラフト 35 38 34 22 17 19 14 13
動脈瘤 74 64 71 47 44 52 42 39
(破裂) (5) (3)   (7) (3) (5) (2) (2)
慢性動脈閉塞症 60 61 70 80 93 64 61 57
急性動脈閉塞 15 6 8 5 5 7 2 8
血管外傷 7 4 7 5 0 0 0 2
下肢静脈瘤/その他 23 36 49 40 50 36 35 33
合計 179 171 205 177 192 159 140 139

一般のみなさま

お問い合わせ

  • 〒890-8520
  • 鹿児島市桜ケ丘8-35-1
  • 鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻
  • 循環器・呼吸器病学講座 心臓血管・消化器外科学分野
    (旧:鹿児島大学医学部 外科学第二講座)
  • TEL:099-275-5368(直通)
  • FAX:099-265-8177(直通)
  • 医局長氏名
  • メールアイコン疑問・質問等はこちらまでご連絡ください。