心臓血管外科業績

心臓血管外科(2018年)

著書

井本 浩:外科治療に関連する諸問題.小児・育成循環器学.非心臓手術.275-276, 2018

総説

井本 浩:困ったときの一手 胸部外科. 72(2):102, 2018

井本 浩:Jatene 手術における冠状動脈移植術.まい・てくにっく.胸部外科. 71(6):414, 2018

井本 浩:1 枚のシェーマ.困ったときの一手.胸部外科.71(2): 102, 2018

井本 浩:江口論文に対するEditorialComment. 心臓. 50(7): 782-783, 2018

症例報告

Yutaka Imoto, Tomoyuki Matsuba, Hideaki Kanda, Yuki Ogata, Shuji Nagatomi, and Kentaro Ueno: Reimplantation of an anomalous left coronary artery with a malignant course. Asian Cardiovascular & Thoracic Annals. 26(6): 473-475, 2018

Koji Tao, Yoshiya Shigehisa, Yutaka Imoto: Aberrant chordae of the mitral valve anterior leaflet mimicking a fibroelastoma. Journal of Cardiac Surgery. 33(7): 385-387, 2018

重久喜哉、松葉智之、上田英昭、緒方裕樹、井本 浩:Supra-Annular MVRを行った乳幼児の2例.日本心臓血管外科学会雑誌.47(4): 157-161, 2018

上田英昭、藏元慎也、松葉智之、重久喜哉、井本 浩:ファロー四徴症術後48年間に複数の後遺症および再手術を経験した1例.日本心臓血管外科学会雑誌.47(3): 95-99, 2018

寺園和哉、山本裕之、荒田憲一、松本和久、四元剛一、井本 浩:増大傾向を示した腕頭静脈静脈性血管瘤の1切除例.日本血管外科学会雑誌.27(2):115-119, 2018

寺園和哉、上野隆幸、福元祥浩、向原公介、川津祥和、藏元慎也、白桃雄太、井本 浩:左房壁内血腫摘出後の左房腫瘍再発で診断された平滑筋肉腫の1例.日本心臓血管外科学会雑誌.47(5):224-227,2018

Shuji Nagatomi, Kazuhisa Matsumoto, Yutaka Imoto: Spherical right atrial thrombus with a fibrous capsule and stalk. Asian Cardiovascular & Thoracic Annals. 26(7): 580-581, 2018

学会発表

Imoto Y, Matsuba T, Ogata Y, Yamamoto H, Matsumoto K, Arata K, Imagama I, Kanda H, Toyokawa K, Tateishi N, Nagatomi S: Bivalvation Procedure with Plicated Interatrial Septum Remnant for Common Atrioventricular Valve Regurgitation in Neonate with Asplenia Syndrome . 52nd Annual Meeting of the Association for European peadiatric and Congenital Cardiology. May.2018 (Athens)

山本裕之、豊川建二、荒田憲一、松本和久、今釜逸美、重久喜哉、向原公介、上田英昭、松葉智之、藏元慎也、白桃雄太、井本 浩:Uncomplicated Type B急性大動脈解離の治療戦略- DeBakey分類からみたre-entry閉鎖の必要性-.第48回日本血管外科学会学術総会.平成30年2月(三重)

山本裕之、豊川建二、松本和久、荒田憲一、今釜逸美、上田英昭、松葉智之、立石直毅、緒方裕樹、井本 浩:B型大動脈解離に対する偽腔完全血栓化を目指した治療戦略-リエントリー閉鎖の重要性-Advance scheduled treatment for Type B aortic dissection - Importance of re-entry closure-.第71回日本胸部外科学会定期学術集会.平成30年10月(東京)

Hiroyuki Yamamoto, Kenji Toyokawa, Kazuhisa Matsumoto, Kenichi Arata, Itsumi Imagama, Hideaki Kanda, Tomoyuki Matsuba, Shuji Nagatomi, Yuki Ogata, Naoki Tateishi, Yutaka Imoto: Advanced scheduled treatment for Type B acute aortic dissection. 26th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery. May 24 -27, 2018(Moscow)

Hiroyuki Yamamoto, Kenji Toyokawa, Kazuhisa Matsumoto, Kenichi Arata, Itsumi Imagama, Hideaki Kanda, Tomoyuki Matsuba, Shuji Nagatomi, Yuki Ogata, Naoki Tateishi, Yutaka Imoto: Advanced Stepwise Treatment for Type B Acute Aortic Dissection. 10th Conference of the German-Japanese Society of Vascular Surgery (日独血管外科学会).August 17-18, 2018(Frankfurt an Main)

荒田憲一、今釜逸美、豊川建二、山本裕之、松本和久、上田英昭、松葉智之、 立石直毅、永冨脩二、緒方裕樹、樋渡啓生、井本 浩:重症虚血肢血行再建における TASCII-D SFA CTOに対するバイパス術の成績と評価.Revaluation of Femoropopliteal bypass surgery for SFA CTO in CLI patient.第48回日本心臓血管外科学会学術総会(パネルディスカッション).平成30年2月(三重)

荒田憲一、今釜逸美、豊川建二、山本裕之、松本和久、上田英昭、松葉智之、立石直毅、永冨脩二、緒方裕樹、樋渡啓生、井本 浩:糖尿病性透析重症虚血肢の治療成績とその評価.Outcomes of revascularization for CLI in diabetic HD patients.第118回日本外科学会定期学術集会.平成30年4月(東京)

荒田憲一、今釜逸美、池田義之、神田大輔、小瀬戸一平、吉野聡史、薗田剛嗣、富村奈津子、大石 充、井本 浩:鹿児島における PAD への取り組み.第 46 回日本血管外科学会学術総会.平成 30 年 5 月(山形)

荒田憲一、今釜逸美、豊川建二、山本裕之、松本和久、上田英昭、松葉智之、立石直毅、永冨脩二、緒方裕樹、樋渡啓生、井本 浩:重症虚血肢における下腿病変に対する膝窩-足部バイパス術の成績とその評価.第46回日本血管外科学会学術総会(ポスター).平成30年5月(山形)

荒田憲一、今釜逸美、井本 浩:内科外科連携セッションPADに対するチーム医療(鹿児島での取り組み)「外科治療〜バイパス、内膜切除術など症例を中心に〜」.第124回日本循環器病学会九州地方会.平成30年6月(鹿児島)

松本和久、上田英昭、立石直毅、永冨脩二、井本 浩:拡張型心筋症の僧帽弁閉鎖不全に対する手術症例の検討.第71回日本胸部外科学会定期学術集会.平成30年10月(東京)

今釜逸美、荒田憲一、井本浩:EVT後に足部バイパスを行った2例.第48回日本心臓血管外科学会学術総会PASMeeting.平成30年2月(三重)

Itsumi Imagama, Kenichi Arata, Yutaka Imoto:A Case of crutch-induced acute brachial artery thrombosis.The 10th Meeting of the German-Japanese Society for Vascular Surgery.August, 2018(Frankfurt am Main)

今釜エ美、川井田啓介、井本 浩:歩行障害を来した左内腸骨動脈瘤破裂の1例.第112回日本血管外科学会九州地方会.平成30年8月(熊本)

Kenji Toyokawa, Hiroyuki Yamamoto, Tomoyuki Matsuba, Hideaki Kanda, Itsumi Imagama, Kenichi Arata, Kazuhisa Matsumoto, Yutaka Imoto: Advocating the Strategies to Prevent Frozen Elephant Trunk (FET) Related Complications. ASCVTS 2018第26回アジア心臓血管・胸部外科学会(26th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery). May 24 -27, 2018 (Moscow)

豊川建二、山本裕之、荒田憲一、今釜逸美、緒方裕樹、永冨脩二、立石直毅、松葉智之、上田英昭、松本和久、井本 浩:B型大動脈解離に対するステントグラフト治療戦略−遠隔期瘤径拡大からみたre-entry閉鎖の必要性−.第46回日本血管外科学会学術総会.平成30年5月(山形)

上田英昭1、重久喜哉1、向原公介1、井本浩1、山口宗一2、橋口照人2(鹿児島大学 心臓血管外科1、鹿児島大学 検査部2):The Impact of Shear Stress on Platelet Distribution Width in Aortic Stenosis.第82回日本循環器学会学術集会.平成30年3月(大阪)

上田英昭1、松本和久1、向原公介1、重久喜哉1、立石直毅1、井本浩1、山口宗一2、橋口照人2(鹿児島大学心臓血管・消化器外科1、鹿児島大学血管代謝病態解析学2):大動脈弁狭窄症における弁置換術前後の末梢血の推移.第118回日本外科学会定期学術集会.平成30年4月(東京)

上田英昭1、向原公介1、重久喜哉1、松本和久1、井本浩1、山口宗一2、橋口照人2(鹿児島大学心臓血管・消化器外科学1、鹿児島大学血管代謝病態解析学2):大動脈弁狭窄症における弁置換術前後の血小板の推移.第124回日本循環器学会九州地方会.平成30年6月(鹿児島)

上田英昭、松本和久、立石直毅、永冨脩二、井本浩:Yacoub手術後弁輪拡大によりLMT狭窄を起こした1例.第51回日本胸部外科学会九州地方会総会.平成30年8月(鹿児島)

上田英昭1、2、山口宗一1、竹之内和則1、大山陽子1、井本 浩2、橋口照人1(鹿児島大学血管代謝病態解析学分野1、鹿児島大学心臓血管・消化器外科学2):大動脈弁狭窄症における弁置換術前後の末梢血の推移.第58回日本臨床化学会年次学術集会.平成30年8月(名古屋)

川津祥和、藏元慎也、白桃雄太、向原公介、上野隆幸、山下正文:腹部大動脈人工血管置換術後仮性動脈瘤にEVAR・Aorto-Uni-iliac stentgraftを用いた1例.第46回日本血管外科学会学術総会.平成30年5月(山形)

松葉智之、緒方裕樹、井本 浩:TOF術後に対して3弁置換を施行した一例.第51回日本胸部外科学会九州地方会総会.平成30年8月(鹿児島)

Tomoyuki Matsuba, Yuki Ogata, Yutaka Imoto, Daisuke Hazeki, Kentaro Ueno: A surgical case of an infant with the right coronary arterial fistula connecting to the left ventricle. The 7th Congress of Asia Pacific Pediatric Cardiac Society. August, 2018 (BALI, INDONESIA)

松葉智之、樋渡啓生、緒方裕樹、永冨脩二、立石直毅、上田英昭、豊川建二、今釜逸美、荒田憲一、松本和久、山本裕之、井本浩:Pulmonary atresia症例における 1st stage palliation時のPDA処理方法と2nd stageにおける肺動脈発育への影響.第71回日本胸部外科学会定期学術集会.平成30年10月(東京)

川井田啓介、山本裕之、四元剛一、福元浩、野田昌宏、大川政士、柳政行、M田信男:TEVARが奏功した特発性食道破裂術後の胸腔内出血.第51回日本胸部外科学会九州地方会総会.平成30年8月(鹿児島)

Keisuke Kawaida, Hiroyuki Yamamoto, Kenji Toyokawa, Yutaka Imoto:Successful pulmonary partial resection with aortic wall resection following thoracic endovascular aortic repair for aortobronchial fistula. 第10回独日血管外科学会.平成30年8月(Frankfurt am Main)

立岡修治、白ア幸枝、久 容輔、金城玉洋(県立宮崎病院心臓血管外科):脊髄虚血を合併したB型大動脈解離の1例.第111回日本血管外科学会九州地方会.平成30年2月(福岡)

立岡修治、白ア幸枝、久 容輔、金城玉洋(県立宮崎病院心臓血管外科):慢性透析患者における開心術の検討.第48回日本心臓血管外科学会学術総会.平成30年2月(三重)

立岡修治、白ア幸枝、久 容輔、金城玉洋(県立宮崎病院心臓血管外科):大動脈末梢側吻合の工夫long telescope法−(ポスター).第46回日本血管外科学会学術総会.平成30年5月(山形)

立岡修治、白ア幸枝、久 容輔、金城玉洋(県立宮崎病院心臓血管外科):当院での腹部大動脈瘤破裂症例の検討.第46回日本血管外科学会学術総会.平成30年5月(山形)

立岡修治、川越勝也、久 容輔、金城玉洋(県立宮崎病院心臓血管外科):弓部置換後の頸部分枝仮性瘤へのステントグラフト.第51回日本胸部外科学会九州地方会総会.平成30年8月(鹿児島)

藏元慎也、白桃雄太、川津祥和、向原公介、上野隆幸、山下正文(独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター心臓血管外科):ステントグラフト内挿術が有効であった大動脈縮窄症の一例.第46回日本血管外科学会学術総会.平成30年5月(山形)

白桃雄太、藏元慎也、川津祥和、向原公介、上野隆幸、山下正文(独立行政法人国立病院機構 鹿児島医療センター心臓血管外科):Contained ruptureを来した炎症性腹部大動脈瘤の1例.第46回日本血管外科学会学術総会.平成30年5月(山形)

永冨脩二、松本和久、上田英昭、立石直毅、井本浩:Papillary heads optimizationを用いて僧帽弁形成術を行ったSevere MR の3症例.第124回日本循環器学会九州地方会.平成30年6月(鹿児島)

永冨脩二、松本和久、上田英昭、立石直毅、井本浩:腫瘍との鑑別が困難であった右房球状血栓症の1例.A case of a pedunculated spherical thrombus at right atrium.第51回日本胸部外科学会九州地方会総会.平成30年8月(鹿児島)

緒方裕樹、松葉智之、井本浩:成人修正大血管転位症に対する三尖弁置換術の4例.Tricuspid valve replacement in Congenitally corrected Transposition of the great Arteries in Adult: Report of 4 cases. 第20回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会.平成30年1月(東京)

緒方裕樹1、荒田憲一1、今釜逸美1、東美智代2、霧島茉莉2、豊川建二1、山本裕之1、井本 浩1(鹿児島大学大学院心臓血管・消化器外科学1、鹿児島大学大学院病理学2):止血デバイス使用後に感染性仮性大腿動脈瘤を発症した一例.第111回日本血管外科学会九州地方会.平成30年2月(福岡)

緒方裕樹、松本和久、上田英昭、立石直毅、井本浩:Oozing type の左室破裂に対するsutureless repair後に、虚血性僧帽弁閉鎖不全が出現し心不全が増悪した1例.第124回日本循環器学会九州地方会.平成30年6月(鹿児島)

緒方裕樹1)、松葉智之1)、井本 浩1)、塩川直宏2)、高橋宜宏2)、中江広治2)、櫨木大祐2)、上野健太郎2)(鹿児島大学大学院心臓血管・消化器外科学1)、鹿児島大学大学院小児科学2)):ACTH療法による心筋肥厚によってRV-PA conduit下狭窄を来たした1例.第54回日本小児循環器学会・学術集会.平成30年7月(横浜)

Y. Ogata, T. Matsuba, Y. Imoto: Postoperative Hemodynamic Evalu ation of Total Anomalous Pulmonary Venous Connection by Magnetic Resonance Imagin g. The 7th Congress of Asia Pacific Pediatric Cardiac Society. August, 2018 (BALI, INDONESIA)

緒方裕樹、松本和久、永冨脩二、立石直毅、上田英昭、井本 浩:緊急手術を行った心臓原発悪性悪性リンパ腫の1例.第51回日本胸部外科学会九州地方会総会.平成30年8月(鹿児島)

樋渡啓生、松葉智之、緒方裕樹、井本 浩、岩谷徳子、宮永直、田中佳代子、大石充:Treat and Repairを行った成人ASD 6症例の治療経験.第124回日本循環器学会九州地方会.平成30年6月(鹿児島)

立石直毅、松本和久、永冨脩二、上田英昭、井本浩:高度MACを呈した僧帽弁狭窄兼閉鎖不全症の一例.第51回日本胸部外科学会九州地方会総会.平成30年8月(鹿児島)

柿内健志1、豊川建二1、山本裕之1、立石直毅1、松本和久1、柳正和2、佐藤雅美2、井本浩1(鹿児島大学病院 心臓血管外科1、鹿児島大学病院 呼吸器外科2):感染性胸部大動脈瘤破裂・肺穿破の1例.第51回日本胸部外科学会九州地方会総会.平成30年8月(鹿児島)

その他の学会発表

山本裕之:ハイブリッド手術室でのFROZENIX挿入の工夫.第4回 Kyushu Surgical Topics.平成30年1月(福岡)

Hiroyuki Yamamoto, Chicago University : Ross Milner MD , Professor of Surgery, Director, Center for Aortic Disease: New strategy for treatment of type B aortic dissection - Advance scheduled treatment -. FALCON program. April 8-14, 2018(Chicago)

松葉智之:小児領域における当院でのiNO使用経験.鹿児島県NOフォーラム(院内研究会).平成30年6月(鹿児島大学病院)

座長・特別発言・講演

井本 浩:第28回九州心臓外科手術手技研究会(座長).平成29年11月(福岡)

井本 浩:第2回周術管理Joint Meeting(座長).平成29年11月(鹿児島)

井本 浩:第123回日本循環器学会九州地方会(座長).平成29年11月(久留米)

井本 浩:Fluid Management Seminar in 鹿児島(座長).平成29年12月(鹿児島)

井本 浩:第1回鹿児島ハートチーム研究会(座長).平成29年12月(鹿児島)

井本 浩:第21回九州心臓血管外科セミナー(座長).平成30年1月(福岡)

井本 浩:第20回日本成人先天性疾患学会総会(座長).平成30年1月(東京)

井本 浩:第48回日本心臓血管外科学会学術総会(座長).平成30年2月(津)

井本 浩:鹿児島県iNOフォーラム(座長).平成30年6月(鹿児島)

井本 浩:初期臨床研修医対象院内特別講義「大変だ!急性大動脈症候群がやってきた」(講演).平成30年6月(鹿児島)

井本 浩:第51回日本胸部外科学会九州地方会総会(座長).平成30年8月(鹿児島)

井本 浩:第71回日本胸部外科学会定期学術集会(座長).平成30年10月(東京)

牛島 孝:静脈血栓塞栓症セミナー(座長).平成29年11月(鹿児島)

牛島 孝:「下肢静脈血栓症を疑うとき」.下肢静脈血栓を考える会(講演).平成29年11月(鹿児島)

牛島 孝:「血管外科診療」.地域医療連携講演会(講演).平成29年11月(鹿児島)

牛島 孝:第19回実践鹿児島フットケア研究会(座長).平成30年1月(鹿児島)

牛島 孝:第38回日本静脈学会(座長).平成30年6月(横浜)

牛島 孝:第20回実践鹿児島フットケア研究会(座長).平成30年8月(鹿児島)

金城玉洋:第76回鹿児島県臨床外科学会総会・医学会(座長).平成30年8月(鹿児島)

金城玉洋:第51回日本胸部外科学会九州地方会総会(座長).平成30年8月(鹿児島)

四元剛一:「心膜・心筋疾患」(座長).第124回日本循環器学会九州地方会.平成30年6月(鹿児島)

山本裕之:「大動脈疾患」(座長).第123回日本循環器学会九州地方会.平成29年12月(久留米)

山本裕之:「心血管」(座長).第55回九州外科学会.平成30年5月(福岡)

山本裕之:B型解離に対するステントグラフト治療(講演).城山心臓フォーラム.平成30年6月(鹿児島)

山本裕之:「大動脈疾患」(座長).第124回日本循環器学会九州地方会.平成30年6月(鹿児島)

山本裕之:チェストいけ!弓部大動脈瘤手術.Endovascular Innovation Forum in 北陸(講演).平成30年8月(金沢)

山本裕之:第51回日本胸部外科学会九州地方会総会.Case Report Award 審査員.平成30年8月(鹿児島)

荒田憲一:鹿児島でのPADへの取り組み〜大学病院と連携病院との協力〜(講演).松江生協病院講演会.平成29年11月(松江)

荒田憲一:鹿児島でのPADへの取り組み〜大学病院と連携病院との協力〜(講演).鹿児島透析医会学術講演会.平成30年4月(鹿児島)

荒田憲一:浅大腿動脈ステントグラフトの使用経験Evening of Clinical Discussion(座長).平成30年6月(鹿児島)

荒田憲一:鹿児島でのPADへの取り組み〜現状とこれから〜(講演).第20回鹿児島実践フットケア研究会.平成30年8月(鹿児島)

荒田憲一:CLIとフットケアを考える会(一般講演、特別講演(座長)).平成30年10月(鹿児島)

その他

山本裕之:第7回 Kyushu Endovascular Advanced Conference (KEVAC) .平成29年11月(沖縄)

山本裕之:Fluid Management Seminar in 鹿児島.平成29年12月(鹿児島)

山本裕之:第1回鹿児島ハートチーム研究会.平成29年12月(鹿児島)

山本裕之:Endovascular Masters Japan Meeting 2018.平成30年1月(東京)

山本裕之:AORFIX MINI LIVE.平成30年2月(東京女子医大病院)

山本裕之:Z Conference-沖縄-.平成29年2月(沖縄)

山本裕之:THV ファンダメンタルトレーニング.平成30年3月(東京)

山本裕之:Azur 商品技術検討会.平成30年3月(Micro Vention 社、Aliso Viejo)

山本裕之:Ethicon Wound Closure Innovation Interview

山本裕之:Azur 適正使用トレーニング.平成30年7月(テルモメディカルプラネックス)

山本裕之:RELAY Plus 症例見学プログラム.平成30年10月(Fort Lauderdale)

科学研究費

上田英昭:科学研究費:2018年度日本学術振興会科研費若手研究『大動脈弁狭窄症におけるエクソソームが石灰化、病態に与える影響の解析.(18K16399)