消化器外科業績

消化器外科(2015年)

原著

Seigo Nishida as contributor. Edited by Ernesto A. Pretto, Jr., Gianni Biancofiore, Andre DeWolf, John R. Klinck, Claus Niemann, Andrew Watts, and Peter D. Slinger. Oxford Textbook of Transplant Anesthesia and Critical Care. 978-0-19-965142-9 | Hardback | Oxford University Press, October 2015

馬場信一:乳がんハイリスクグループに対する検診方法.日本乳癌検診学会誌.24(2): 241-244, 2015

久米村秀,風呂井彰,白桃雄太,二渡久智,門野 潤,井本 浩:膵頭十二指腸切除後の膵空腸端側吻合(陥入法)の経験.日本臨床外科学会雑誌.76(7): 1562-1566, 2015

北薗 巌,藤村昌樹,佐藤 功,山崎 元,千野佳秀,田畑智丈:腹腔鏡下虫垂切除術に対する虫垂断端処理の検討.外科.77(7): 817-821, 2015

Aguero F, Rimola A, Stock P, Grossi P, Rockstroh JK, Agarwal K, Garzoni C, Barcan LA, Maltez F, Manzardo C, Mari M, Ragni MV, Anadol E, Di Benedetto F, Nishida S, Gastaca M, Miro JM; FIPSE/NIH HIVTR/NEAT023 Investigators. Liver Retransplantation in Patients With HIV-1 Infection: An International Multicenter Cohort Study. Am J Transplant.2015 Sep 28. doi: 10.1111/ajt.13461.

Fan J, Tryphonopoulos P, Tekin A, Nishida S, Selvaggi G, Amador A, Jebrock J, Weppler D, Levi D, Vianna R, Ruiz P, Tzakis A. Eculizumab Salvage Therapy for Antibody-Mediated Rejection in a Desensitization-Resistant Intestinal Re-Transplant Patient. Am J Transplant. 2015 Feb 3. doi: 10.1111/ajt.13183.

Asaoka T, Hernandez D, Tryphonopoulos P, Tekin A, Garcia J, Nishida S, Fan J, Beduschi T, Vianna R, Ruiz P. Clinical significance of intragraft microRNA-122 and 155 expression after liver transplantation. Hepatol Res. 2014 Sep 14. doi: 10.1111/hepr.12424.

Shibahara H, Higashi M, Koriyama C, Yokoyama S, Kitazono I, Kirumiya Y, Narita M, Kuze S, Kyokane T, Mita S, Arai T, Kato T, Yuasa N, Yamaguchi R, Kubota H, Suzuki H, Baba S, Rousseau K, Batra SK, Yonezawa S: Pathological implications of mucin(MUC) expression in the outcome of small bowel cancer. PLoS One 2014 Apr 10; 9(4): e86111

Shibahara H, Higashi M, Yokoyama S, Rousseau K, Kitazono I, Osako M, Shirahama H, Tashiro Y, Kurumiya Y, Narita M, Kuze S, Hasagawa H, Kato T, Kubota H, Suzuki H, Arai T, Sakai Y, Yuasa N, Fujino M, Kondo S, Okamoto Y, Yamamoto T, Hiromatsu T, Sasaki E, Shirai K, Kawai S, Hattori K, Tsuji H, Okochi O, Sakamoto M, Kondo A, Konishi N, Batra SK, Yonezawa S: A Comprehensive Expression Analysis of Mucins in Appendiceal Carcinoma in a Multicenter Study: MUC3 Is a Novel Prognostic Factor. PLoS One. 2014 Dec 31; 9(12): e115613

木村光誠,岩本充彦,田中 覚,渡辺 亨,相原智彦,杉本健樹,馬場信一:LHRHアゴニストによる妊孕性維持は推奨されるか?POEM Studyの発表を受けて.癌と化学療法.42(8): 1019-1021, 2015

症例報告

槐島健太郎,石崎直樹,安田 洋,森本喜博,渡邊照彦,大迫政彦:門脈輪状膵を伴った膵頭部癌の1例.日本臨床外科学会雑誌.76(8): 2037-2040, 2015

北薗 巌,佐藤 功,千野佳秀,水谷 真,田畑智丈,藤村昌樹:腹腔鏡下手術を施行した胃切除(B-II再建)後に発生した吻合部潰瘍穿孔の1例.日内視外.19(6): 773-778, 2014

北薗 巌,佐藤 功,山崎 元,千野佳秀,水谷 真,田畑智丈,藤村昌樹,中村 憲,戸田勝典,時岡 聡:長期留置された内視鏡的逆行性胆道ドレナージチューブが原因と考えられた胆管十二指腸瘻の1例.消化器外科.38(1):117-122, 2015

北薗 巌,佐藤 功,千野佳秀,田儀知之,嶌岡成佳,藤村昌樹:ESBL産生大腸菌が検出された成人膿瘍形成性虫垂炎の3切除例.外科.77(10): 1180-1184, 2015

井上真岐1),門野 潤1),林完勇2),田崎貴嗣3),基 俊介1),井本 浩1)(鹿児島大学大学院 心臓血管・消化器外科学分野1),鹿児島大学大学院 放射線診断治療学分野2),鹿児島大学病理部・病理診断科3)):細菌性上腸間膜動脈瘤破裂後にBentall手術および僧帽弁形成術を施行した1例.日本臨床外科学会雑誌.76(7): 1616-1621, 2015

井上真岐1),門野 潤1),中薗俊博1),基 俊介1) ,馬場淳徳2) ,井本 浩1)(鹿児島大学大学院 心臓血管・消化器外科学分野1),鹿児島大学大学院 皮膚科学分野2) ):鼠径リンパ節郭清後に発生した鼠径部特殊型ヘルニアの1例.日本臨床外科学会雑誌.76(10): 2577-2581, 2015

立岡修治,中村 登,九玉輝明,本高浩徐,永田彩子,・田信男:S状結腸憩室穿通に起因する尿膜管膿瘍の1例.日本臨床外科学会雑誌.76 (6): 1509-1514, 2015

立岡修治,九玉輝明,本高浩徐,永田彩子,中村 登,・田信男:術後5年目に多発大腸転移をきたしたStage1b胃癌の1例.日本臨床外科学会雑誌.76(8): 1906-1912, 2015

Bibek Aryal, Teruo Komokata, Jun Kadono, Hiroyuki Motodaka, Tetsuya Ueno, Akira Furoi, and Yutaka Imoto: Published paper: First jejunal artery, an alternative graft for right hepatic artery reconstruction. World J Hepatol. 2015 Apr 8; 7(4): 721-724

松方絢美,大井恭代,相良安昭,四元大輔,馬場信一,雷哲明:確定診断に苦慮した男性乳腺被包型アポクリン乳頭癌の1例.日本臨床外科学会雑誌.76(6): 1294-1300, 2015

宮本玲奈,水谷 真,佐藤 功,北薗 巌,田畑智丈,藤村昌樹:閉鎖孔ヘルニア嵌頓に対して待機的に両側TEPを施行した1例.日内視外.19(3): 257-262, 2014

嶌岡成佳,佐藤 功,北薗 巌,田儀知之,水谷 真,藤村昌樹:術後乳糜腹水をきたし門脈血ガス血症と門脈血栓症を伴う気腫性胆嚢炎の1例.日本臨床外科学会雑誌.76(5): 1160-1163, 2015

宮本玲奈,田畑智丈,佐藤 功,北薗 巌,沖田充司,水谷 真,千野佳秀,舛田誠二,野田洋一,藤村昌樹:子宮,左付属器をヘルニア内容とする子宮奇形を合併した左外鼠径ヘルニア症例に対しTEPを施行した1例.日本ヘルニア学会誌.1(1): 19-23, 2014

学会発表

風呂井彰,久米村秀,二渡久智,白桃雄太:膵頭十二指腸切除後の膵空腸端側吻合(陥入法)の経験.第76回日本臨床外科学会総会.平成26年11月(郡山市)

菰方輝夫,海江田衛,永田祐貴:腹腔鏡下膵切除の普及と定型化へ向けての課題 ー市中病院の立場からー.第27回日本肝胆膵外科学会.平成27年6月(東京)

馬場信一,相良安昭,松方絢美,川野純子,寺岡 恵,四元大輔,金光秀一,相良吉昭,雷哲明,相良吉厚,西 光代,鷲塚麻衣:ハイリスク女性に対する検診をどうするか.乳がんハイリスクグループに対する検診方法(ワークショップ). 第24回日本乳癌検診学会学術総会.平成26年11月(群馬)

馬場信一:当院におけるHBOC診療.第3回 日本HBOCコンソーシアム学術総会.平成27年1月(東京)

馬場信一,西 光代,川野純子,相良安昭,松方絢美,四元大輔,寺岡 恵,金光秀一,相良吉昭,松山義人,安藤充嶽,雷哲明,相良吉厚,江口惠子: HBOC診療における当院での取り組み.第23回日本乳癌学会学術総会.平成27年7月(東京)

久米村秀,風呂井彰,二渡久智,白桃雄太:膵退形成癌の1例.第76回日本臨床外科学会総会.平成26年11月(郡山市)

槐島健太郎,石崎直樹,藏元慎也,立岡修治,安田 洋,森本喜博,渡邊照彦,大迫政彦,田畑峯雄:門脈ガス血症を呈した穿孔性虫垂炎の1例.第76回日本臨床外科学会総会.平成26年11月(郡山市)

槐島健太郎,石崎直樹,藏元慎也,立岡修治,安田 洋,森本喜博,渡邊照彦,大迫政彦,田畑峯雄:膵頭十二指腸切除術後19年目に肝悪性腫瘍を疑われた肝放線菌症の1切除例.第70回日本消化器外科学会総会.平成27年7月(静岡)

四元大輔,相良安昭,大井恭代1) ,松方絢美,川野純子,寺岡 恵,金光秀一,馬場信一,相良吉昭,松山義人,雷 哲明,安藤充嶽,相良吉厚(社会医療法人 博愛会 相良病院 乳腺外科,病理診断科1)):乳房温存術においてOSNA法でセンチネルリンパ節転移陽性例に対する腋窩リンパ節郭清省略は可能か(ワークショップ).第115回日本外科学会定期学術集会.平成27年4月(名古屋)

四元大輔,相良安昭,大井恭代1),松方絢美,川野純子,寺岡 恵,金光秀一,馬場信一,相良吉昭,松山義人,安藤充嶽,相良吉厚,土持進作2),山口美樹3),田中真紀3),山口 倫4),鈴木真彦5),郡山千早6),雷 哲明(社会医療法人 博愛会 相良病院 乳腺外科,病理診断科1),放射線科2),独立行政法人 地域医療機能推進機構 久留米総合病院 外科・乳腺外科3),久留米大学医療センター 病理診断科4),北村山公立病院 乳腺外科5),鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 人間環境学講座 疫学・予防医学6)):乳癌センチネルリンパ節生検におけるOSNA法の多施設共同臨床試験(UMIN: 000012623)(ポスター).第23回日本乳癌学会学術総会.平成27年7月(東京)

四元大輔,飛田 陽1) ,大井恭代2),相良安昭,佐藤 睦,松方絢美,寺岡 恵,木谷 哲,金光秀一,馬場信一,相良吉昭,松山義人,安藤充嶽,相良吉厚,雷 哲明(社会医療法人  博愛会 相良病院 乳腺外科,病理診断科2),松山赤十字病院 病理診断科1)):乳癌術前化学療法におけるtumor infiltrating lymphocytesの検討〜効果予測因子および術前化学療法後の予後因子となりうるか〜(ワークショップ).第53回日本癌治療学会学術集会.平成27年10月(京都)

北薗 巌,門野 潤,菰方輝夫,基 俊介,井上真岐,東美智代,米澤 傑,篠藤 誠,山田 滋,井本 浩:術前重粒子線治療を行った術後3年無再発生存中の進行膵癌の1例.第27回日本肝胆膵外科学会学術集会.平成27年6月(東京)

北薗 巌,門野 潤,基 俊介,井上真岐,山元文晴,海江田衛,宮崎俊明,菰方輝夫,井本 浩:孤立性上腸間膜動脈解離に対する治療戦略(本邦報告128例の検討).第70回日本消化器外科学会総会.平成27年7月(静岡)

中薗俊博1),門野 潤1),井上真岐1),基 俊介1),井本 浩1),義岡孝子2)(鹿児島大学大学院 心臓血管・消化器外科学分野1),鹿児島大学大学院 分子細胞病理2)):PETにて異常集積を認めたS状結腸神経鞘腫の1例.第76回日本臨床外科学会総会.平成26年11月(郡山市)

中薗俊博1),門野 潤1),石崎直樹2),基 俊介1),井上真岐1),北薗 巌1),井本 浩1),田畑峯雄2)(鹿児島大学大学院 心臓血管・消化器外科学分野1),鹿児島市医師会病院 外科2)):胆管癌の断端陽性症例の治療方針の検討.第115回日本外科学会定期学術集会.平成27年4月(名古屋)

川野純子,四元大輔,大井恭代1),相良安昭,松方絢美,寺岡 恵,金光秀一,馬場信一,相良吉昭,松山義人,安藤充嶽,相良吉厚,雷 哲明(社会医療法人 博愛会 相良病院 乳腺外科, 病理診断科1) ):HER2診断基準の変更が臨床経過に及ぼす影響.第23回日本乳癌学会学術総会.平成27年7月(東京)

吉川弘太,石部良平,土持雅昭:遠位回腸から上行結腸まで脱出した巨大鼠径ヘルニアの1例.第76回日本臨床外科学会総会.平成26年11月(郡山市)

基 俊介,門野 潤,中薗俊博,井上真岐,井本 浩,義岡孝子*,田崎貴嗣*,後藤優子**,東美智代**(鹿児島大学 分子細胞病理学*,鹿児島大学 人体がん病理学**):下部消化管穿通・穿孔を来したループス腸炎の2例.第76回日本臨床外科学会.平成26年11月(郡山市)

基 俊介,門野 潤,中薗俊博,北薗 巌,井上真岐,井本 浩:肝葉切除術後脾機能亢進症発生における門脈塞栓術の影響の検討.第115回日本外科学会定期学術集会.平成27年4月(名古屋市)

基 俊介1),門野 潤1),中薗俊博2),北薗 巌1),井上真岐1),井本 浩1)(鹿児島大学大学院 心臓血管・消化器外科学1),川内市医師会立市民病院 外科2)):膵頭十二指腸切除術後にヘパリン起因性血小板減少症を併発した1例.第52回九州外科学会.平成27年5月(大分市)

基 俊介,門野 潤,井上真岐,北薗 巌,井本 浩:非機能性膵神経内分泌腫瘍(13mm大)にリンパ節転移を認めた1切除例.第27回日本肝胆膵外科学会.平成27年6月(東京)

基 俊介,門野 潤,北薗 巌,井上真岐,永田祐貴,井本 浩:大量肝切除後の脾機能亢進症に対し脾摘出術が奏功し化学療法が継続可能となった1例.第105回日本消化器病学会九州支部例会.平成27年6月(長崎市)

基 俊介1),門野 潤1),石崎直樹2),田畑峯雄2),北薗 巌1),井上真岐1),井本 浩1)(鹿児島大学大学院 心臓血管・消化器外科学1),鹿児島市医師会病院 外科2)):肝切除後に発症する脾腫・脾機能亢進症の検討.第70回日本消化器外科学会.平成27年7月(浜松市)

井上真岐1),門野 潤1), 林完勇2),永里耕平2),基 俊介1),北薗 巌1),内匠浩二2),井本 浩1)(鹿児島大学大学院 心臓血管・消化器外科学分野1),,鹿児島大学大学院 放射線診断治療学分野2)):診断・治療に難渋した離断型胆汁漏の1例.第27回日本肝胆膵外科学会.平成27年6月(東京) 

井上真岐1),門野 潤1),林完勇2),基 俊介1),北薗 巌1),井本 浩1)(鹿児島大学大学院 心臓血管・消化器外科学分野1),鹿児島大学大学院放射線診断治療学分野2)):破裂性内臓動脈瘤に対する治療戦略の検討.第70回日本消化器外科学会総会.平成27年7月(浜松市)

井上真岐,基 俊介,中薗俊博,門野 潤,井本 浩:感染性上腸間膜動脈瘤破裂の1例.第51回日本腹部救急医学会総会.平成27年3月(京都)

安田 洋,石崎直樹:腸重積をきたし腹腔鏡下回盲部切除を行った盲腸子宮内膜症の1例.第51回日本腹部救急医学会総会.平成27年3月(京都)

山元文晴1),石崎直樹2),森本喜博2),大迫政彦2),海江田衛1),菰方輝夫1),田畑峯雄2):(鹿児島医療センター 外科1),鹿児島市医師会病院 外科2)):急性胃拡張から胃壊死を来した1例.第70回日本消化器外科学会総会.平成27年7月(浜松市)

白桃雄太,風呂井彰,久米村秀,二渡久智:膵頭十二指腸切除および胃全摘術を施行した膵・胃重複癌の1例.第52回九州外科学会.平成27年5月(大分)

山下健太郎,・田信男,永田彩子,本高浩徐,九玉輝明,中村 登:遺残虫垂に発生した粘液嚢胞腺腫の1例.第105回日本消化器病学会九州支部例会.平成27年6月(長崎市)

寺園和哉,永冨脩二,槐島健太郎,渡邊照彦,大迫政彦,石崎直樹,田畑峯雄:ヘルニア嚢内へのS状結腸癌嵌頓の一例.第105回日本消化器病学会九州支部例会.平成27年6月(長崎市)

永田祐貴, 山元文晴, 海江田衛, 菰方輝夫:術前MCNと診断された巨大SPNに対する腹腔鏡下膵体尾部切除術の1例.第69回鹿児島臨床外科学会.平成27年3月(鹿児島)

永田祐貴, 門野 潤, 北薗 巌, 基 俊介, 中村好宏, 井本 浩:術後に意識障害が遷延し相対的副腎不全を疑った1例(若手奨励賞受賞).第70回鹿児島臨床外科学会.平成27年8月(鹿児島)

永田祐貴,門野 潤,石崎直樹,槐島健太郎,基 俊介,井上真岐,北薗 巌,井本 浩:術後16年目に肝転移をきたした膵mixed acinar-endocrine carcinomaの1例.JDDW2015.平成27年10月(東京)

Bibek Aryal,清水利昭,竹之内和則,郡山豊泰,古城 剛,門野 潤,菰方輝夫,風呂井彰,松下昌風,山口宗一,橋口照人,井本 浩:Platelet’s angiogenic role during liver regeneration.第61回日本臨床検査医学会学術集会.平成26年11月(福岡市)

Bibek Aryal, Toshiaki Shimizu, Jun Kadono, Akira Furoi, Munekazu Yamakuchi, Teruo Komokata, Teruto Hashiguchi, Yutaka Imoto: Platelet Modulates The Angiogenic Phase Of Liver Regeneration After Partial Hepatectomy In Humans. 第60回日本臨床検査医学会九州地方会.第26回日本臨床化学会九州支部総会.平成27年3月(鹿児島)

Bibek Aryal, Toshiaki Shimizu, Jun Kadono1, Akira Furoi, Munekazu Yamakuchi, Maki Inoue, Teruo Komokata, Teruto Hashiguchi1, Yutaka Imoto : Pivotal role of intraplatelet VEGF-A during angiogenic phase of liver regeneration after partial hepatectomy in humans . American Hepato Pancreato Biliary Association's Annual Meeting 2015. March, 2015 (Miami USA)

Bibek Aryal,Toshiaki Shimizu,Jun Kadono,Akira Furoi,Maki Inoue,Teruo Komokata,Munekazu Yamakuchi,Teruto Hashiguchi, Yutaka Imoto: Platelet Mediated Angiogenesis During Liver regeneration After Partial Hepatectomy In Humans. 第27回日本肝胆膵外科学会学術集会.平成27年6月(東京)

39. Ryuichi Hotta, Masahiro Ohira, Andreas G. Tzakis, Rodrigo Vianna, Hideki Ohdan, Seigo Nishida: A Novel Approach for Preventing HCC Recurrence after LT: Adoptive Immunotherapy Using Donor Liver Natural Killer Cells To Prevent Hepatocellular Carcinoma Recurrence after Liver Transplantation. ILTS 2015 Chicago. July 10, 2015

R. Hotta, M. Ohira, T. Matsuura, I. Muraoka, P. Tryphonopoulos, J. Fan, A. Tekin, H. Ohdan, A. Tzakis, R. Vianna, S. Nishida: CD52-Negative NK Cells Are Abundant in the Liver and Less Susceptible to Alemtuzumab Treatment. 2015 American Transplant Congress, Philadelphia. May 5, 2015

T. Beduschi, J. Garcia, S. Nishida, A. Tekin, J. Fan, G. Selvaggi, P. Ruiz, R. Vianna: Multivisceral Transplantation Without an Ostomy -Experience With 15 Patients. 2015 American Transplant Congress, Philadelphia. May 5, 2015

T. Beduschi, J. Garcia, P. Ruiz, A. Tekin, G. Selvaggi, S. Nishida, J. Fan, R. Vianna: Hybrid Ostomy -New Technique in Intestinal Transplantation. 2015 American Transplant Congress, Philadelphia. May 2, 2015

J. Garcia, T. Beduschi, C. Biaggi, E. Perez, A. Tekin, M. McGetrick, L. Cubley, P. Ruiz, J. Fan, S. Nishida, G. Selvaggi, R. Vianna: Immunodeficiency Assessment in Pediatric Intestinal Failure Patients. 2015 American Transplant Congress, Philadelphia. May 2, 2015

J. Garcia, T. Beduschi, A. Tekin, J. Fan, S. Nishida, G. Selvaggi, G. Ciancio, G. Burke,1 C. Katsoufis, L. Pizano, R. Vianna: Severe Refractory Skin Eruption Treated With Plasmapheresis in a Multivisceral Transplant Patient. 2015 American Transplant Congress, Philadelphia. May 2, 2015

T. Beduschi, J. Garcia, J. Lugo-Baruqui, J. Fan, S. Nishida, J. Jebrock, A. Tekin, G. Selvaggi, P. Ruiz, R. Vianna: Everolimus With Low Dose Tacrolimus in Intestinal Transplantation. 2015 American Transplant Congress, Philadelphia. May 2, 2015

Thiago Beduschi, Jennifer Garcia, Gennaro Selvaggi, Akin Tekin, Ji Fan, Seigo Nishida, Panagiotis Tryphonopoulos, Phillip Ruiz, Rodrigo Vianna.: 100 isolated intestinal transplants -the Miami experience over 20 years. ISBTS International small bowel transplant society meeting 2015. Buenos Aires, Argentin.

Rodrigo Vianna, Thiago Beduschi, Akin Tekin, Gennaro Selvaggi, Ji Fan, Seigo Nishida, Jennifer Garcia, Panagiotis Tryphonopoulos, Phillip Ruiz.: 338 Intestinal and Multivisceral Transplants over 20 Years -The Miami Experience. ISBTS International small bowel transplant society meeting 2015. Buenos Aires, Argentin.

Jennifer Garcia, Thiago Beduschi, Gennaro Selvaggi, Akin Tekin, Ji Fan, Seigo Nishida, Panagiotis Tryphonopoulos, Phillip Ruiz, Rodrigo Vianna.: Chimerism for early detection of Graft Versus Host disease in intestinal transplantation. ISBTS International small bowel transplant society meeting 2015. Buenos Aires, Argentin.

Thiago Beduschi, Jennifer Garcia, Jose Lugo-Baruqui, Jennifer Jebrock, Gennaro Selvaggi, Akin Tekin, Ji Fan, Seigo Nishida, Phillip Ruiz, Rodrigo Vianna.: Everolimus with low dose tacrolimus in intestinal transplantation. ISBTS International small bowel transplant society meeting 2015. Buenos Aires, Argentin.

Rodrigo Vianna, Thiago Beduschi, Akin Tekin, Gennaro Selvaggi, Ji Fan, Seigo Nishida, Jennifer Garcia, Panagiotis Tryphonopoulos, Phillip Ruiz.: 216 Cases and the Evolution of Multivisceral Transplantation at the University of Miami over 20 years. ISBTS International small bowel transplant society meeting 2015. Buenos Aires, Argentin.

Thiago Beduschi, Jennifer Garcia, Gennaro Selvaggi, Akin Tekin, Ji Fan, Seigo Nishida, Panagiotis Tryphonopoulos, Phillip Ruiz, Rodrigo Vianna.: Hybrid Ostomy -New technique in intestinal transplantation. ISBTS International small bowel transplant society meeting 2015. Buenos Aires, Argentin.

Jennifer Garcia, Thiago Beduschi, Chiara Biaggi, Elena Perez, Molly McGetrick, Gennaro Selvaggi , Akin Tekin, Ji Fan, Seigo Nishida, Panagiotis Tryphonopoulos, Phillip Ruiz, Rodrigo Vianna.: Immunodeficiency assessment in pediatric intestinal failure patients. ISBTS International small bowel transplant society meeting 2015. Buenos Aires, Argentin.

Thiago Beduschi, Jennifer Garcia, Gennaro Selvaggi, Akin Tekin, Ji Fan, Seigo Nishida, Panagiotis Tryphonopoulos, Phillip Ruiz, Rodrigo Vianna.: Multivisceral transplant without an ostomy - Initial experience in 15 patients. ISBTS International small bowel transplant society meeting 2015. Buenos Aires, Argentin.

Jennifer Garcia, Thiago Beduschi, Gennaro Selvaggi, Akin Tekin, Ji Fan, Seigo Nishida, Panagiotis Tryphonopoulos, Phillip Ruiz, Rodrigo Vianna.: Severe refractory skin eruption treated with plasmapheresis in a multivisceral transplant patient. ISBTS International small bowel transplant society meeting 2015. Buenos Aires, Argentin.

その他の学会発表

石部良平,吉川弘太,土持雅昭,中薗俊博,山下健太郎,熊谷雄一,隈元 亮:緊急手術を施行した鈍的外傷による膵単独損傷の1例.第78回鹿児島救急医学会.平成27年 9月(鹿児島)

風呂井彰,井上真岐,久米村秀,二渡久智:霧島市立医師会医療センターにおける外科治療成績について.平成27年度姶良地区医師会秋季医学会.平成27年10月(姶良地区医師会館)

石崎直樹,門野 潤,渡邊照彦,槐島健太郎,大迫雅彦,田畑峯雄:膵頭十二指腸切除223例の検討.第69回鹿児島臨床外科学会医学会・地方会.平成27年3月(鹿児島)

本高浩徐,永田彩子,山下健太郎,九玉輝明,中村 登,・田信男:鼠径ヘルニアに伴う続発性大網捻転症の1例.第69回鹿児島県臨床外科学会.平成27年3月(鹿児島)

北薗 巌,門野 潤,基 俊介,井上真岐,林 完勇,永里耕平,吉浦 敬,玉井 努,井本 浩:肝切除における注意すべき肝静脈支配領域評価.第69回鹿児島臨床外科学会医学会・地方会.平成27年3月(鹿児島)

北薗 巌,門野 潤,基 俊介,井上真岐,佐々木文郷,那須雄一郎,井本 浩:胃GISTに対する腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)の経験.第69回鹿児島臨床外科学会医学会・地方会.平成27年3月(鹿児島)

北薗 巌,門野 潤,基 俊介,永田祐貴,川路博之,熊谷輝雄,千野佳秀,佐藤 功,藤村昌樹,井本 浩:腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TEP法)の導入とその工夫-M-TEP法-の導入.第25回九州内視鏡下外科手術研究会.平成27年8月(熊本)

基 俊介,門野 潤,北薗 巌,永田祐貴,井本 浩:大量肝切除後の脾機能亢進症に対し脾摘出術が奏功し化学療法が継続可能となった1例.鹿児島肝癌研究会.平成27年6月(鹿児島)

緒方裕樹:Roux-en-Y再建術後遠隔期に逆行性腸重積を発症した一例.第68回鹿児島県臨床外科学会.平成27年1月(鹿児島)

大川政士,槐島健太郎,永冨脩二,渡邊照彦,大迫政彦,石崎直樹:腹腔鏡下に胃整復・固定術を施行した特発性胃軸捻転症の1例.第70回鹿児島県臨床外科学会総会・医学会.平成27年8月(鹿児島)

山田浩平,中村 登,本高浩徐,九玉輝明,西元彩子,・田信男:術前化学療法が著効しpCRが得られた直腸癌の1例.第68回鹿児島県臨床外科学会.平成27年1月(鹿児島)

座長・特別発言・講演

風呂井彰: 霧島市立医師会医療センターでの大腸がん診療の現状.霧島医療センター市民公開講座(講演).平成26年12月(国分シビックセンター)

風呂井彰: 大腸がんの診断と治療:霧島医療センター外科手術例での検討.平成27年度第2回市民健康教育公開講座(講演).平成27年5月(霧島市立医師会医療センター)

風呂井彰: 胃癌の外科的治療:医療センターの実績と胃切後障害について.平成27年度第4回市民健康教育公開講座(講演).平成27年7月(霧島市立医師会医療センター)

風呂井彰: 肝がんの外科的治療:霧島市立医師会医療センターの実績.平成27年度第5回市民健康教育公開講座(講演).平成27年8月(霧島市立医師会医療センター)

風呂井彰: 膵臓がんの外科治療:平成27年度第6回市民健康教育公開講座(講演).平成27年9月(霧島市立医師会医療センター)

西田聖剛: 肝移植について.米州外務省医務官会議(講演).June, 2015.マイアミ,フロリダ

馬場信一: 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)に対するオーダーメイド医療の実際.九州家族性腫瘍フォーラム(講演).平成27年5月(福岡)

馬場信一: 再発乳がん治療Meet the Expert症例ディスカッション(座長).平成27年7月(鹿児島)

馬場信一: 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC).第15回更年期と加齢のヘルスケア学会 九州セミナー(講演).平成27年9月(福岡)

馬場信一: 乳癌における最近の知見〜HBOCを中心に〜.宮崎乳がんチーム医療カンファレンス(講演).平成27年10月(宮崎)

北薗 巌:第196回近畿外科学会(座長).平成26年11月(京都)

四元大輔: 乳癌の発熱性好中球減少症について〜予防投与の概念から〜(講演).乳癌学術講演会.平成27年3月(鹿児島)

川野純子: 若年性乳がん・遺伝性乳がんの理解.平成26年度看護師・保健師・がん相談員 のための乳がん看護研修会(講演).平成27年1月(鹿児島市)

川野純子: 知っておきたい!乳がんのこと〜あなたや大切なひとを守るために〜.乳がん啓発講演会(講演).平成27年4月(東串良町)

川野純子:乳がんの治療 大隅地区会(講演).平成27年7月(鹿屋市)

川野純子:乳がんの治療.鹿児島県立薩南病院研修(講演).平成27年9月(薩南病院)

川野純子: 知っておきたい!乳がんのこと.第12回鹿児島女性医療フォーラム(講演).平成27年10月(鹿児島市)

川野純子: 知っておきたい!乳がんのこと〜あなたや大切なひとを守るために〜.朝日生命出水出張所 乳がん啓発講演会(講演).平成27年10月(出水市)

川野純子: 女性の健康と乳がん.ジャパンマンモグラフィサンデーピンクリボンセミナー(講演).平成27年10月(鹿児島市)

川野純子: 乳がん診療における緩和的要素.第6回薬局薬剤師のためのがん薬物療法セミナー(講演).平成27年10月(鹿児島市)

研究助成

北薗 巌:平成27年度 九州内視鏡外科手術研究会 研究奨励賞
冠動脈バイパス術における腹腔鏡下右胃大網動脈採取の有用性について」
                       研究代表者:北薗 巌