消化器外科業績

消化器外科(2016年)

原著

石部良平,中薗俊博,山下健太郎,土持雅昭:90歳代超高齢者における消化器外科緊急手術例の検討.外科.78: 503-507, 2016

Nishida S. Proposal for cadaveric liver transplantation in Japan based on the experience in the United States. Kan Tan Sui. 72(3): 511-515, 2016

四元大輔:乳癌センチネルリンパ節転移径と4個以上のリンパ節転移の関連についての検討.乳癌の臨床. 31(2): 107-113, 2016

Bibek Aryal, Toshiaki Shimizu, Jun Kadono, Akira Furoi, Teruo Komokata, Maki Inoue, Shunichiro Ikeda, Yoshihiko Fukukura, Masatoshi Nakamura, Munekazu Yamakuchi, Teruto Hashiguchi, Yutaka Imoto. A Switch in the Dynamics of Intra-Platelet VEGF-A from Cancer to the later Phase of Liver Regeneration after Partial Hepatectomy in Humans. PLOS ONE. 11(3): e0150446, 2016 Mar 1

Bibek Aryal : A Switch In The Dynamics Of Intra-platelet VEGF-A From Cancer To The Later Phase of Liver Regeneration After partial Hepatectomy in Humans. PLOS ONE. 11(3): e0150446, 2016. (Doctor of Philosophy (PhD))

Taizo Hibi, Seigo Nishida, Andreas G Tzakis: Reply to "Liver Transplantation and Portal Vein Thrombosis: An Unfinished Saga". Ann. Surg. 2015 Dec; 262(6):e90-1

Hotta R, Ohira M, Matsuura T, Muraoka I, Tryphonopoulos P, Fan J, Tekin A, Selvaggi, G, Levi D, Ruiz P, Ricordi C, Vianna R, Ohdan H, Waldmann H, Tzakis AG, Nishida S: CD52-negative NK cells are abundant in the liver and less susceptible to alemtuzumab treatment. PLOS one 2016

Kyota Fukazawa, Seigo Nishida: Size mismatch in liver transplantation. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2016 Aug 28; 23(8):457-66. Epub 2016 Dec 28.

Ryuichi Hotta, Masahiro Ohira, Toshiharu Matsuura, Izumi Muraoka, Panagiotis Tryphonopoulos, Ji Fan, Akin Tekin, Gennaro Selvaggi, David Levi, Phillip Ruiz, Camillo Ricordi, Rodrigo Vianna, Hideki Ohdan, Herman Waldmann, Andreas G Tzakis, Seigo Nishida: CD52-Negative NK Cells Are Abundant in the Liver and Less Susceptible to Alemtuzumab Treatment. PLoS One. 2016 25; 11(8): e0161618. Epub 2016 Dec 25.

Kyota Fukazawa, Seigo Nishida, Ernesto A Pretto, Youri Vater, Jorge D Reyes: Detrimental graft survival of size-mismatched graft for high model for end-stage liver disease recipients in liver transplantation. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2016 Jul 29; 23(7): 406-13. Epub 2016 Dec 29.

Inbal Samuk, Akin Tekin, Panagiotis Tryphonopoulos, Ignacio G Pinto, Jennifer Garcia, Debbie Weppler, David M Levi, Seigo Nishida, Gennaro Selvaggi, Phillip Ruiz, Andreas G Tzakis, Rodrigo Vianna: Abdominal transplantation for unresectable tumors in children: the zooming out principle. Pediatr Surg Int. 2016 Apr 28; 32(4): 337-46. Epub 2015 Dec 28.

Toshiaki Shimizu, Munekazu Yamakuchi, Kamal K Biswas, Bibek Aryal, Shingo Yamada, Teruto Hashiguchi, and Ikuro Maruyama. HMGB1 is secreted by 3T3-L1 adipocytes through JNK signaling and the secretion is partially inhibited by adiponectin. Obesity 2016 Sep; 24(9): 1913-21

症例報告

石部良平,吉川弘太,中薗俊博,山下健太郎,土持雅昭:スポーツ中の鈍的外傷によるVb型膵単独損傷の1例.外科.78: 451-454, 2016

槐島健太郎,石崎直樹,渡邉照彦,大迫政彦,田畑峯雄:門脈ガス血症を呈した穿孔性虫垂炎の1例.日本腹部救急医学会誌.36(1): 99-102, 2016

槐島健太郎,石崎直樹,渡邉照彦,大迫政彦,田畑峯雄 ,清水 健:膵頭十二指腸切除術後19年目にFDG-PETにて肝悪性腫瘍を疑われた肝放線菌症の1切除例.臨床外科.71(5): 637-641, 2016

久米村秀,風呂井彰,井上真岐,二渡久智,門野 潤*,井本 浩*(霧島市立医師会医療センター 外科,鹿児島大学大学院 心臓血管・消化器外科学*):肝切除後に発生した腹腔内デスモイド腫瘍の1例.日本臨床外科学会誌.77(1): 135-141, 2016

基 俊介,門野 潤,北薗 巌,井上真岐,林 完勇,井本 浩:腹腔鏡下に切除した脾動脈瘤の1例−手術の工夫について−.日本内視鏡外科学会雑誌.21(4): 441-446, 2016

その他の印刷発表

石崎直樹,門野 潤,渡邉照彦,槐島健太郎,大迫政彦,田畑峯雄:膵頭十二指腸切除223例の検討.鹿児島臨床外科学会誌.27: 38-40, 2015

石崎直樹:新春に思うこと―外科医不足に思う―.鹿児島市医報.55(647): 16-17, 2016

北薗 巌,門野 潤,基 俊介,井上真岐,佐々木文郷,那須雄一郎,井本 浩:胃GISTに対する腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)の経験.鹿児島臨床外科学会誌.27: 13-16, 2015

北薗 巌,門野 潤,基 俊介,井上真岐,林 完勇,永里耕平,玉井 努,井本 浩:肝切除における注意すべき肝静脈支配領域評価.鹿児島臨床外科学会誌.27: 41-43, 2015

学会発表

石部良平,中薗俊博,山下健太郎:90歳以上超高齢者に対する消化器外科緊急手術症例の検討.第77回日本臨床外科学会総会.平成27年11月(福岡)

石部良平,中薗俊博,山下健太郎,永田祐貴,小山 寿,畠中真吾:3度の大腸手術を経験した,90歳以上超高齢者結腸内分泌細胞癌の1例.第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会.平成28年6月(東京)

Seigo Nishida: Update of MELD system and Liver allocation in the USA (Invited speaker). The 34th Annual meeting of the Japanese Liver Transplantation Society. Asahikawa. Japan, July 7, 2016

Teruo Komokata, Mikio Fukueda, Mamoru Kaieda, Yutaka Imoto, Ryuzo Sakata: Surgical Strategy for Combined Cardiac Disease and Intra-abdominal Malignancy. BIT’s 1st Annual World Congress of Digestive Disease & Jinling Digestive Disease Summit-2015. 2015年 12月 (Nanjing, China)

Teruo Komokata, Hiroto Yasumura, Bibek Aryal, Hiroshi Yasuda, Mamoru Kaieda: Assignment for Prevalence and Standardization of Laparoscopic Pancreatic Resection: from the standpoint of a municipal hospital. European Association for Endoscopic Surgery 2016. 2016年6月 (Amsterdam, Netherlands)

槐島健太郎,石崎直樹,渡邉照彦,大迫政彦,田畑峯雄:PTCD後の胆道出血の治療に難渋し緊急肝左葉切除で止血できた膵頭部癌術後症例.第77回日本臨床外科学会総会.平成27年11月(福岡)

本高浩徐1),M田信男1),中村 登1),柳 政行1),坂元昭彦1),九玉輝明1),吉川弘太1),野田昌宏1),上今別府大作1),重田浩一朗2)1)鹿児島市立病院 消化器外科,霧島市立医師会医療センター 内科2)):術前診断し腹腔鏡下回盲部切除術を施行した回腸子宮内膜症の1例.第53回九州外科学会.平成28年5月(長崎)

四元大輔,相良安昭,大井恭代1),佐藤 睦,松方絢美,川野純子,寺岡 恵,木谷 哲,金光秀一,馬場信一,相良吉昭,松山義人,雷 哲明,安藤充嶽,相良吉厚(社会医療法人 博愛会 相良病院 乳腺外科, 病理診断科1)):乳癌センチネルリンパ節転移陽性症例の腋窩治療別の予後の検討.(ポスター).第116回日本外科学会定期学術集会.平成28年4月(大阪)

四元大輔,相良安昭,大井恭代1) ,佐藤 睦,松方絢美,寺岡 恵,木谷 哲,金光秀一,馬場信一,相良吉昭,松山義人,安藤充嶽,相良吉厚,雷 哲明,戸崎光宏(社会医療法人 博愛会 相良病院 乳腺外科, 病理診断科1) ):Low grade DCISに術後放射線治療は必要か(ポスター討論).第24回日本乳癌学会学術総会.平成28年6月(東京)

四元大輔,相良安昭,木谷 哲,佐藤 睦,川野純子,寺岡 恵,金光秀一,馬場信一,相良吉昭,雷 哲明(社会医療法人 博愛会 相良病院 乳腺外科):持続型G-CSF投与後の発熱性好中球減少症ついての検討(ポスター).第14回日本臨床腫瘍学会学術集会.平成28年7月(神戸)

四元大輔,相良安昭,大井恭代1),佐藤 睦,川野純子,寺岡 恵,木谷 哲、金光秀一,馬場信一,相良吉昭,松山義人,安藤充嶽,相良吉厚,雷 哲明(社会医療法人 博愛会 相良病院 乳腺外科,病理診断科1) ):腫瘍量の多いLuminal A type乳癌における化学療法のbenefitについての検討(ミニシンポジウム).第54回日本癌治療学会学術集会.平成28年10月(横浜)

北薗 巌,門野 潤,風呂井彰,基 俊介,永田祐貴,井上真岐,久米村秀,二渡久智,川路博之,熊谷輝雄,井本 浩:直腸癌低位前方切除における経肛門ドレナージの有用性について.第77回日本臨床外科学会総会.平成27年11月(福岡)

北薗 巌,門野 潤,風呂井彰,基 俊介,永田祐貴,井上真岐,久米村秀,二渡久智,川路博之,熊谷輝雄,井本 浩:腹腔鏡下低位前方切除のDST再建における経肛門ドレナージの有用性について.第28回日本内視鏡外科学会総会.平成27年12月(大阪)

Iwao Kitazono, Jun Kadono, Akira Furoi, Shunsuke Motoi, Tomohisa Futawatari, Hizuru Kumemura, Maki Inoue, Teruhiko Watanabe, Masahiko Osako, Naoki Ishizaki, Teruo Kumagae, Yutaka Imoto: THE UTILITY OF TRANSANAL DRAINAGE AFTER LAPAROSCOPIC LOWER ANTERIOR RESECTION. SAGES 2016 BOSTON, MA. March, 2016(Boston, MA, USA)

北薗 巌,門野 潤,風呂井彰,基 俊介,久米村秀,二渡久智,渡邉照彦,大迫政彦,石崎直樹,熊谷輝雄,井本 浩:腹腔鏡下低位前方切除における経肛門ドレナージの有用性について.第116回日本外科学会定期学術集会.平成28年4月(大阪)

北薗 巌,千野佳秀,佐藤 功,門野 潤,高山昇一,田儀知之,嶌岡佳成,水谷 真,田畑智丈,井本 浩,藤村昌樹:術後アンケート調査における腹腔鏡下ヘルニア修復術(TEP法)の長期手術成績と合併症症例の検討(Workshop).第71回日本消化器外科学会総会.平成28年7月(徳島)

北薗 巌,門野 潤,基 俊介,大川政士,井本 浩:開心術後の急性胆嚢炎の検討.第49回日本胸部外科学会九州地方会総会.平成28年7月(鹿児島)

北薗 巌,門野 潤,佐々木文郷,那須雄一郎,基 俊介,井戸章雄,井本 浩:当院における腹腔鏡・内視鏡合同手術の導入と課題.JDDW2016.平成28年10月(神戸)

川野純子1),大井恭代2) ,四元大輔1) ,松方絢美1) ,佐藤 睦1) ,寺岡 恵1) ,金光秀一1) ,相良安昭1),木谷 哲1) ,馬場信一1) ,松山義人1) ,安藤充嶽1) ,相良吉昭1) ,相良吉厚1),雷 哲明1) (社会医療法人 博愛会 相良病院 乳腺外科1), 病理診断科2) ): HER2 FISH結果から〜CEP17染色体の異数性と臨床経過〜.第24回日本乳癌学会学術総会.平成28年6月(東京)

吉川弘太,上今別府大作,本高浩徐,九玉輝明,中村 登,M田信男:術前診断が困難であった小腸腸間膜脂肪織炎の1例.第77回日本臨床外科学会総会.平成27年11月(福岡)

吉川弘太,上今別府大作,本高浩徐,九玉輝明,中村 登,M田信男:Modified DP-CARにて長期生存が得られている膵腺扁平上皮癌の1例.第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会.平成28年6月(大阪)

S Motoi, J Kadono, N Ishizaki, H Uchizono, S Hashimoto, T Shimizu, M Higashi, I Kitazono, Y Nagata, Y Imoto:Periampullary adenomyomatous hyperplasia(adenomyoma)-Is it possible to avoid pancreaticoduodenectomy?-. Asian Pacific Digestive Week 2015. 平成27年12月(台湾)

基 俊介,門野 潤,北薗 巌,井上真岐,永田祐貴,井本 浩:腹腔鏡下に切除した脾動脈瘤の1例.第28回日本内視鏡外科学会.平成27年12月(大阪)

基 俊介,門野 潤,北薗 巌,永田祐貴,藏元慎也,田崎貴嗣,井本 浩:肝細胞癌に対する肝切除後10年目に切除した腹膜播種の1例.第53回九州外科学会.平成28年5月(長崎)

基 俊介,門野 潤,石崎直樹,北薗 巌,井本 浩:Periampullary adenomyomatous hyperplasia(adenomyoma)の6例.第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会.平成28年6月(大阪)

基 俊介,門野 潤,北薗 巌,井上真岐,永田祐貴,井本 浩:大量肝切除後の脾機能亢進症に対し脾摘出術が奏功し化学療法が継続可能となった1例.第105回九州消化器病学会.平成28年6月(長崎)

基 俊介,門野 潤,石崎直樹,北薗 巌,緒方裕樹,井本 浩:膵神経内分泌腫瘍に対するリンパ節郭清の検討.第71回日本消化器外科学会.平成28年7月(徳島)

永冨脩二1),大迫政彦1),大川政士1),寺園和哉1),槐島健太郎1),渡邉照彦1),石崎直樹1),基 俊介2),北薗 巌2),門野 潤2),井本 浩2)(鹿児島市医師会病院 外科1),鹿児島大学 消化器外科2)):L-Pシャント留置中患者におけるPTPシート誤飲による腸閉塞を呈した一例.第77回日本臨床外科学会総会.平成27年11月(福岡)

大川政士1),石崎直樹1),永冨脩二1),寺園和哉1),槐島健太郎1),渡邉照彦1),大迫政彦1),基 俊介2),北薗 巌2),門野 潤2),井本 浩2)(鹿児島市医師会病院1),鹿児島大学消化器外科2)):上行結腸粘膜下血腫により腸重積症を発症した一例.第77回日本臨床外科学会総会.平成27年11月(福岡)

永田祐貴,北薗 巌,基 俊介,門野 潤,井本 浩:セプラフィルムが原因と考えられる腸管癒着の1例.第52回日本腹部救急医学会総会.平成28年3月(鹿児島)

永田祐貴,海江田衛,菰方輝夫:術前MCNと診断された巨大SPNに対する腹腔鏡下膵体尾切除の1例.第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会.平成28年6月(大阪)

安村拓人,Bibek Aryal,安田 洋,海江田衛,菰方輝夫:巨大後腹膜脂肪肉腫の2切除例.第53回九州外科学会.平成28年5月(長崎)

Bibek Aryal, Toshiaki Shimizu, Jun Kadono, Akira Furoi, Maki Inoue, Teruo Komokata, Munekazu Yamakuchi, Teruto Hashiguchi, Yutaka Imoto. A bidirectional role of platelet sequestered vascular endothelial growth factor-A in cancer and liver regeneration.福岡市.第62回日本臨床検査医学会学術集会.oral総会(general). 2015-11

Bibek Aryal, Teruo Komokata, Takayuki Ueno, Hiroshi Yasuda, Hiroto Yasumura, Bunsei Yamamoto, Mamoru Kaieda, Yutaka Imoto. Two Stage Treatment for Pancreaticoduodenal Artery Aneurysms Fifty-third Kyushu Surgery Congress, Sasebo, Japan (2016/5/13- 2016/5/14)

風呂井彰,井上真岐,久米村秀,二渡久智,重田浩一朗*,肱黒 薫*,水上京子*,肱黒公博*(霧島市立医師会医療センター 外科,同 内科*):当院治療例から見た当地域における大腸がん検診の意義.第57回日本人間ドック学会.平成28年7月(松本)

Ji Fan, Gennaro Selvaggi, Werviston De Faria, Seigo Nishida, Akin Tekin, Thiago Beduschi, Yuriy Yushkov, Rodrigo Vianna. Thrombolytic Protocol in Organ Procurement from Donation After Circulatory Death Donors Reduces Ischemic Cholangiopathy in Liver Transplantation. ATC 2016 Boston, June 11, 2016

その他の学会発表

石崎直樹,門野 潤,山元文晴,槐島健太郎,大迫政彦,田畑峯雄,井本 浩:肝内胆管癌22切除例の臨床的検討.第71回鹿児島県臨床外科学会総会・医学会.平成28年3月(鹿児島)

馬場信一:20歳代で乳癌,30歳代で対側乳癌と診断されたCowden病の1例.鹿児島市外科医会春季例会.平成28年4月(鹿児島)

馬場信一:HBOCのリスク低減治療.九州家族性腫瘍フォーラム2016.平成28年5月(福岡)

北薗 巌,藤村昌樹,佐藤 功,山ア 元,千野佳秀,水谷 真,田畑智丈,上田博文,飯田 稔:成人鼠径ヘルニアにおける腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TEP法)の長期成績.第27回大阪府医師会総会.平成27年11月(大阪)

北薗 巌,門野 潤,基 俊介,緒方裕樹,田口宏樹,橋元慎一,井戸章雄,井本 浩:PSCを合併した下部胆管狭窄を伴う巨大胆管結石の1例.第5回腹腔鏡下胆道研究会.平成28年2月(福井)

基 俊介,門野 潤,北薗 巌,緒方裕樹,藏元慎也,井本 浩:肝静脈分枝内腫瘍栓が中肝静脈根部まで術中伸展した肝癌の1例.第71回鹿児島県臨床外科学会総会・医学会.平成28年3月(鹿児島)

藏元慎也,北薗 巌,基 俊介,門野 潤,井本 浩,石部良平*,山下健太郎*(鹿児島大学大学院 心臓血管・消化器外科学,川内市医師会立市民病院 外科*):小腸絞扼性イレウスに対する腹腔鏡下手術の有用性について.第79回鹿児島救急医学会総会.平成28年3月(鹿児島)

山下健太郎,中薗俊博,永田祐貴,石部良平:十二指腸gastrointestinal stromal tumorの1例.第71回鹿児島県臨床外科学会総会・医学会.平成28年3月(鹿児島)

大川政士1),門野 潤1),基 俊介1),北薗 巌1),東美智代2),北薗育美2),福倉良彦3),井本 浩1)(鹿児島大学 心臓血管・消化器外科1),病理部・病理診断科2),放射線科3)):自然壊死した肝細胞癌の2例.鹿児島肝癌研究会.平成28年6月(鹿児島)

大川政士1),門野 潤1),基 俊介1),久木野舞子2),西帯野智代2),武亜希子2),北薗 巌1),井本 浩1)(鹿児島大学 心臓血管・消化器外科1),鹿児島大学病院 看護部2)):全身性エリテマトーデス症例のopen abdomenに対する創管理の工夫.第72回鹿児島県臨床外科学会総会・医学会.平成28年8月(鹿児島)

上今別府大作,矢野圭輔,井上真岐,久米村秀,二渡久智,風呂井彰:切除不能の肝門部胆管癌に対するLongmire変法の一例.第72回鹿児島県臨床外科学会総会・医学会.平成28年8月(鹿児島)

永田祐貴,伊瀬知毅,山下健太郎,中薗俊博,石部良平:内視鏡的に摘出しえた魚骨による食道穿通の1例.第79回鹿児島救急医学会総会.平成28年3月(鹿児島)

樋渡啓生1),白桃雄太2),吉川弘太1),九玉輝明1),峠 幸志2) ,四元剛一2) ,中村 登1),牛島 孝2) ,M田信男1)(鹿児島市立病院 消化器外科1),心臓血管外科2)):腹腔動脈,上腸間膜動脈閉塞により小腸虚血,胆嚢虚血壊死をきたした結節性多発動脈炎患者に対し,血管バイパス手術を施行した一例.第71回鹿児島県臨床外科学会総会・医学会.平成28年3月(鹿児島)

安村拓人,安田 洋,海江田衛,菰方輝夫:再発性巨大後腹膜脂肪肉腫の1切除例.平成27年度鹿児島市外科医会秋季例会症例検討会.平成27年11月(鹿児島市)

安村拓人,Bibek Aryal,安田 洋,海江田衛,菰方輝夫:巨大後腹膜脂肪肉腫の2切除例.第71回鹿児島県臨床外科学会総会・医学会.平成28年3月(鹿児島)

安村拓人,安田 洋,井上真岐,海江田衛,菰方輝夫:循環器内科・外科のcollaborationでSegmentary Arterial Mediolysisによる脾動脈瘤破裂を救命し得た1例.第72回鹿児島県臨床外科学会総会・医学会.平成28年8月(鹿児島)

山下雄史,大迫政彦,緒方裕樹,永冨脩二,槐島健太郎,渡邉照彦,石崎直樹,田畑峯雄:腸重積を伴った小腸悪性リンパ腫の一例.第72回鹿児島県臨床外科学会総会・医学会.平成28年8月(鹿児島)

風呂井彰,井上真岐,久米村秀,二渡久智,長谷川将1),池田俊一郎2),門野 潤3),井本 浩3)(霧島市立医師会医療センター 外科,同 肝臓内科1),同 放射線科2),鹿児島大学大学院 心臓血管・消化器外科学3)):大腸癌異時性肝転移に対する肝尾状葉切除の1例.鹿児島肝癌研究会.平成27年11月(鹿児島)

矢野圭輔,上今別府大作,井上真岐,久米村秀,二渡久智,風呂井彰:鼠径ヘルニアに内ヘルニアを合併した一例.第72回鹿児島県臨床外科学会総会・医学会.平成28年8月(鹿児島)

座長・特別発言・講演

Teruo Komokata: BIT’s 1st Annual World Congress of Digestive Disease & Jinling Digestive Disease Summit-2015(座長).2015年12月21日 (Nanjing, China). Forum 121(II) Gastrointestinal Surgery

菰方輝夫:第58回日本臨床外科学会地方会(座長).平成28年8月(鹿児島)

馬場信一:第2回 Breast Winter Seminar(特別講演).平成28年1月(福岡)

馬場信一:再発乳がん治療Meet the Expert (特別講演).平成28年9月 (鹿児島)

川野純子:平成27年度看護師・保健師・がん相談員のための乳がん看護研修会.乳房再建の知識と実際(講演).平成28年1月(鹿児島市)

川野純子:姶良市職員労働組合女性部研修会.女性の健康と乳がん(講演).平成28年2月(姶良市)

川野純子:平成28年度がん看護研究会研修.乳がん治療中の妊孕性温存について(講演).平成28年9月(鹿児島市)