外来診察のご案内 研究会のお知らせ 研修医師募集のご案内
HOME > この教室について > 教室の歴史ページ
教室の歴史
 


岡元 健一郎 教授開講20周年記念 1966年5月22日
 
 
 
1943年4月県立鹿児島医専が設置され、1944年8月皮膚泌尿器科学講座に椛島強一教授が赴任した。
終戦を迎え退職した椛島教授の後任として1946年5月に岡元健一郎教授が就任し、
鹿児島大学医学部泌尿器科学講座の礎石が築かれた。
1949年4月県立鹿児島医科大学、1952年4月鹿児島県立大学医学部、1955年7月鹿児島大学医学部となり
皮膚泌尿器科学講座として活躍が続いた。
1965年4月皮膚科学講座が分離独立し、岡元健一郎教授が泌尿器科学講座を主宰することになった。
岡元健一郎教授が37年間の教授席を全うされ1983年3月定年退職された。
事実上の初代教授であり、この間に教室の研究体制は組織化された。
岡元健一郎教授の後、1983年7月から1999年3月の定年退官まで大井好忠教授が教室を主宰した。
この間、医局員の数や関連病院は飛躍的に増加し、診療面の充実とともに、
尿路性器感染症、尿路性器腫瘍の研究においても発展を遂げた。
続いて1999年11月から2021年3月の定年退官まで中川昌之教授が教室を主宰した。
診療においては、それまで開腹手術が主であった手術形式が、2010年の腹腔鏡下腎摘除術を皮切りに、
腹腔鏡手術やロボット手術に移行し定着することとなった。
研究面においては、博士号取得者が43名に達し、
尿路腫瘍関連論文を主に論文発行数は130報を超え、飛躍的に増加した。
2021年4月から第5代教授として榎田英樹教授を迎え、
診療、研究、教育レベルのさらなる向上を目指している。
 
 
 
 
 
人事
 
教授
1944年08月~1946年03月
1946年12月~1983年03月
1983年07月~1999年03月
1999年11月~2021年03月
2021年04月~現在
初代 : 椛島強一教授
第2代 : 岡元健一郎教授
第3代 : 大井好忠教授
第4代 : 中川昌之教授
第5代 : 榎田英樹教授
助教授 ・ 准教授
1948年11月~1953年08月
1957年04月~1965年12月
1966年01月~1972年01月
1972年05月~1983年07月
1984年06月~1991年03月
1991年08月~2000年06月
2001年07月~2006年12月
2007年06月~2012年03月
2012年04月~2021年03月
下稲葉 耕作
阿世知 節夫
斉藤 宗吾
大井 好忠
坂本 日朗
後藤 俊弘
川原 元司
西山 賢龍
榎田 英樹