新着情報

2018.10.19 第6回日本先進医工学ブタ研究会(静岡県三島市)
私たちの研究室の山田が会長、佐原が事務局長をつとめる日本先進医工学ブタ研究会の第6回研究会が静岡県三島市で開催されました(当番世話人:長嶋比呂志明治大学教授)。例年のように100名をこえる参加者が集まり、活発な討議が行われれました。



2018.08.01 医学博士号取得(富田)
研究室の博士課程に所属する富田祐介先生が、【Transplantation Tolerance: Allo-recognition and Regulatory T Cells 移植と免疫寛容:抗原特異的識別と制御性T細胞の関連性)】と題する論文題医学博士号を取得しました(公開審査6月15日)。富田先生の益々の活躍を期待しています。



2018.06.30 国際移植学会TTS2018(マドリード)(山田・佐原・渡邉)
国際移植学会(6月30日〜7月5日:スペイン・マドリード)において、研究室から4題の演題発表を行いました。また協力研究者渡邊先生(長崎大学)が米国コロンビア大学で佐原・山田両先生らとともに実施した、世界最長となる異種肺移植の生着について報告しました。本学会では山田教授のワークショップ発表や座長などを含め、様々な場で研究室の研究成果をアピールすることができました。



2018.05.23 ILTS 2018 Annual Congress(ポルトガル)(室川)
博士課程4年の室川先生が、リスボン(ポルトガル)で開催されたILTS (International Liver Transplantation Society) 2018 Annual Congressで研究成果を発表しました。



2018.05.10 Vascular Access for Hemodialysis Symposium 2018(米国ニューオーリンズ)(関島)
関島先生が米国ニューオーリンズで開催されたVascular Access for Hemodialysis Symposium 2018で、"Effect of heparin bonded e-polytetrafluoroethylene (e-PTFE) grafts (PROPARTEN®) on the improvement of long-term patency rates in hemodialysis patients"と題する演題を発表しました。



2018.04.26 医学博士号取得(関島)
研究室の博士課程に所属する関島光裕先生が、【Hydrogen Sulfide Prevents Renal Ischemia-Reperfusion Injury in CLAWN Miniature Swine(硫化水素によるクラウン系ミニブタ腎虚血再灌流障害抑制効果)】と題する論文題医学博士号を取得しました(公開審査2月22日)。富田先生の益々の活躍を期待しています。



2018.04.01 科研費基盤研究(C)に新規採択(関島)
関島助教が代表者として、科研費基盤研究(C)に新規採択されました。教室では研究者番号を有する全員が、研究代表者として科研費研究を実施しています(山田教授・佐原准教授が各々基盤研究(B)、関島助教・有吉研究員が基盤研究C)を取得)。



2018.04.01 博士課程新入生(岩永・近藤)
4月から私たちの研究室博士課程に2名の新入生を迎えいれました。岩永健裕先生と近藤晃先生のお二人です。実りある研究生活が送れるよう、研究室全体で盛り上げていきたいと思います。