プログラム

開催日程

2021年7月3日(土)

会場

城山ホテル鹿児島/web同時配信

スケジュール

10:00-10:05

開会の辞

会長:武田 泰生(鹿児島大学病院 薬剤部)

10:05-11:45

一般演題

座長:西 昭徳(久留米大学 医学部 薬理学講座) 
座長:池田 龍二(宮崎大学医学部附属病院 薬剤部)

田頭 秀章(福岡大学 医学部 薬理学)
「血管平滑筋NCX1阻害処置は低酸素誘発肺高血圧を改善する」

松金 良祐(九州大学病院 薬剤部)
「非小細胞肺癌患者の肝予備能に着目した免疫チェックポイント阻害薬の治療効果予測」

寺薗 英之(鹿児島大学病院 薬剤部)
「TDMを目指した分子標的薬アファチニブの副作用回避濃度の解析」

関口 愛(大分大学 医学部 臨床薬理学講座、大分大学医学部附属病院 臨床薬理センター)
「医療コミュニケーションを重視した問題解決型臨床実習:
臨床薬理学教育(クリニカル・クラークシップ)における新たな取り組み」

益田 将吾(鹿児島大学病院 臨床研究管理センター 治験管理部門、鹿児島大学病院 薬剤部)
「クラウドシステム導入による治験事務局業務の変化」

高木 雅恵(九州大学病院 ARO次世代医療センター、九州大学病院 薬剤部)
「治験薬調剤における治験実施計画書からの逸脱防止に向けた取り組み」

12:00-13:00

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー1(協賛:アガサ株式会社)

座長:鎌倉 千恵美(アガサ株式会社) 

鎌倉 千恵美(アガサ株式会社)
「医療機関の電磁化と臨床開発業務のリモート化普及に向けて
~治験・臨床研究文書管理クラウドサービス「Agatha(アガサ)」で始める新しい日常~」

仲島 しのぶ(福岡市立こども病院) 
「臨床試験専門職による臨床試験における必須文書管理のためのクラウドシステム導入」

ランチョンセミナー2(協賛:ノボノルディスク ファーマ株式会社)

座長:寺薗 英之(鹿児島大学病院 薬剤部) 

出口 尚寿(鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 糖尿病・内分泌内科学)
「避けて通れぬ糖尿病合併症~糖尿病性神経障害の病態・病期と治療戦略」

13:15-15:50

シンポジウム 「基礎から臨床への架け橋」

座長:家入 一郎(九州大学病院 薬剤部)
座長:上村 尚人(大分大学 医学部 臨床薬理学講座)

廣田 豪(九州大学病院 薬剤部)
「リキッドバイオプシーを用いたエピジェネティクス解析の薬物動態個人差予測への応用」

Jose Carlos S. Tayag(琉球大学大学院 医学研究科 薬物治療学講座)
「Anticoagulation in 5-FU chemotherapy:
Drug-drug interactions and the involvement of Cytochrome P450 regulation」

長沼 晴樹(メビックス株式会社)
「デジタル技術を活用したVirtual Clinical Trialsの現状と実例」

後藤 千佳子(鹿児島市立病院 臨床研究支援センター 治験・臨床研究管理室) 
「特定臨床研究を支援してみて‐共同研究施設の研究事務局の立場から‐」

永野 聡(鹿児島大学 医学部保健学科 理学療法学専攻 臨床理学療法学、鹿児島大学病院 探索的医療開発センター)
「独自開発の増殖制御型アデノウイルスSurv.m-CRA-1を用いたFirst-In-Human医師主導治験」

16:00-17:00

特別講演

座長:武田 泰生(鹿児島大学病院 薬剤部)

岡野 栄之(慶應義塾大学 医学部 生理学教室)
「iPS細胞技術を用いた精神・神経疾患の研究」

17:00-17:05

次期会長のご挨拶

西 昭徳(久留米大学 医学部 薬理学講座)

17:05-17:10

閉会の辞

会長:武田 泰生(鹿児島大学病院 薬剤部)

17:30-19:00 情報交換会