入学式前日の平成28年4月6日、保健学科に入学および編入学予定の新入生を迎えて、学部企画の新入生オリエンテーションが開催されました。
前日までは、共通教育や専門教育に関する教務関連のオリエンテーションや各種手続きが行われましたが、この日のオリエンテーションは、新入生がスムーズに学生生活を送れるように、在校生や教員との交流をメインに企画されたものです。
各専攻が趣向を凝らした企画を用意して、新入生を迎えました。

 

【看護学専攻】

看護学専攻のオリエンテーションは、例年在校生が中心となって企画されています。8名の企画メンバーが1か月以上前から検討を重ね、新入生が在校生や教員と交流を図りながら、少しでも大学生活への不安を取り除いてもらえるようにと準備しました。

当日は約50名の在校生がサポーターとして参加する中、午前中は自己紹介の後、先輩や教員とグループを作り、構内のオリエンテーリングが行われました。実習室や大学生協などのポイントでは、学生生活や授業に関するクイズ形式のミッションが用意され、新入生同士が協力してミッションに取り組んでいました。

 

新入生オリエンテーション
新入生オリエンテーション

グループごとの昼食をはさんで、在校生から4年間の学習経過の概要や大学生活に役立つヒントが紹介されました。その後、ワールドカフェ方式でグループを変えながら「クラスウェアのデザイン」を検討する頃には、新入生の緊張した顔も笑顔に変わり、斬新なデザインを発表していました。 新入生からは、「先輩方もとても親切だったし、友人を作るとても良い機会になった。これからの生活に少し不安があったが、楽しみの方が大きくなった。」等の感想が聞かれ、新入生だけでなく在校生・教員にとっても有意義な1日となりました

 

新入生オリエンテーション
新入生オリエンテーション
新入生オリエンテーション
新入生オリエンテーション

 

新入生オリエンテーション

 

 

【作業療法学専攻】

orientetion ot 1

 桜の花が満開に咲きそろった桜ヶ丘キャンパスでは,平成28年4月1日に作業療法学専攻新入生オリエンテーションが開催されました。

 新入生20名の表情からは,こらから始まる新しい学生生活への期待と不安が覗えた一方で,これまでの厳しい大学入学試験を乗り越えてきた自信と内に秘めたみなぎるエネルギーを感じる取ることができました。

 また,専攻代表の赤崎教授をはじめ各教員からは,鹿児島大学の魅力や4年間のカリキュラム,学外実習等について説明されました。加えて,医療専門職としての作業療法士になるための心構えなどを丁寧に説明され,新入生全員へ熱いエールを送ると共に“鹿児島大学作業療法学専攻丸”の新しい船出となりました。

orientetion ot 2orientetion ot 3orientetion ot 4