鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

研究について

臨床研究:業績

【2014】講演

  • 大石 充.
  • 心血管疾患の新しいリスクファクター.
    26Th CHIKUSHI LIFE CARE FORRUM (2014年1月21日, 筑紫野)
  • 大石 充.
  • 新時代を向かえた降圧療法.
    第6回若手医師循環器臨床セミナー in OSAKA (2014年1月22日, 大阪)
  • 大石 充.
  • 血圧変動と動脈硬化-降圧療法の新しいコンセプト-.
    第18回北九州先端医療研究会 (2014年2月5日, 北九州)
  • 大石 充.
  • 高血圧症-最新の降圧療法.
    第93回医科研究会 (2014年2月18日, 鹿児島)
  • 大石 充.
  • 新時代を迎えた降圧療法.
    秋桜会学術懇話会 (2014年4月16日, 大阪)
  • 大石 充.
  • 食塩感受性日本人のための降圧療法-食塩とRA系-.
    高血圧治療ガイドライン2014講演会 (2014年4月25日, 広島)
  • 大石 充.
  • 臓器ネットワーク“血管”不全を診る!-臨床研究のヒント-.
    第1回鹿児島内科診療連携懇話会 (2014年6月3日, 鹿児島)
  • 大石 充.
  • 循環器専門医のキャリア形成について.
    第10回九州11大学循環器フォーラム (2014年6月28日, 福岡)
  • 大石 充.
  • PADの最新治療.
    第4回鹿児島PAD学術講演会 (2014年7月2日, 鹿児島)
  • 大石 充.
  • 新時代を迎えた降圧療法.
    第22回大阪臨床高血圧研究会 (2014年7月3日, 大阪)
  • 大石 充.
  • 心血管リスクと血圧変動.
    第30回天草循環器研究会 (2014年7月17日, 天草)
  • 大石 充.
  • 新しい時代を迎えた降圧療法.
    第36回21人の会 (2014年8月27日, 鹿児島)
  • 大石 充.
  • 新時代を迎えた降圧療法.
    神戸大学内科医会学術講演会 (2014年8月28日, 神戸)
  • 大石 充.
  • 心臓も鍛えて治す時代になったのか?.
    第8回奄美大島地区リハビリテーション研究会 (2014年10月24日, 奄美)
  • 大石 充.
  • 新時代を迎えた降圧療法.
    第16回B,H,D,カンファランス (2014年11月28日, 仙台)
  • 宮田昌明.
  • 高血圧のトピックス: 血圧変動性とその臨床的意義.
    北薩脳神経外科カンファレンス (2014年3月, 鹿児島市)
  • 宮田昌明.
  • 慢性心不全治療: ループ利尿薬の選択と和温療法.
    心不全治療講演会 (2014年4月, 埼玉医科大国際医療センター)
  • 宮田昌明.
  • 高血圧診療最前線: JSH2014を踏まえて.
    第12回 川薩・北薩循環器フォーラム (2014年5月, 川内市)
  • 宮田昌明.
  • 心不全の新しい治療: 和温療法.
    第13回 山形心臓リハビリテーション研究会 (2014年6月, 山形市)
  • 宮田昌明.
  • 最新の抗凝固療法:ガイドラインの改定を踏まえて.
    抗凝固療法カンファレンス in Kagoshima (2014年6月, 鹿児島市)
  • 宮田昌明.
  • 高血圧診療最前線:配合剤の使用意義.
    循環器セミナー (2014年7月, 鹿児島市)
  • 宮田昌明.
  • 血圧変動性を考慮した高血圧診療.
    鹿児島県N型カルシウムチャネル研究会 (2014年7月, 鹿児島市)
  • 宮田昌明.
  • 最新の高血圧診療: 高血圧治療ガイドラインの改定を踏まえて.
    日置市医師会学術講演会 (2014年9月, 日置市)
  • 宮田昌明.
  • 心・血管リハビリにおける和温療法.
    第7回 福岡心・血管リハビリ研究会 (2014年10月, 福岡)
  • 中島 均.
  • イグザレルトの使用経験~抗凝固療法一次予防についての考察~.
    第3回イグザレルトカンファレンス (2014年7月, 鹿児島)
  • 中島 均.
  • 虚血性心疾患の診断と治療.
    シスメックス心疾患セミナー (2014年9月, 鹿児島)
  • 中島 均.
  • 抗凝固療法一次予防についての考察.
    出水郡医師会学術講演会 (2014年10月, 鹿児島)
  • 竹中俊宏.
  • Fabry病・心Fabry病の診療:循環器内科の視点から.
    Fabry病セミナー in Kyoto (2014年7月3日, 京都)
  • 竹中俊宏.
  • 心Fabry病の診断と治療.
    Fabry Disease for Cardiologists (2014年7月18日, 東京)
  • 竹中俊宏.
  • 心Fabry病の診断と治療.
    第1回 Fabry病フォーラム in Kagoshima (2014年11月26日, 鹿児島市)
  • 桶谷直也.
  • CFAE ablation in Japan.
    1st International Meeting of CFAE ablation (2014年2月19日, バンコク)
  • 桶谷直也.
  • 心房細動のCFAEアブレーション.
    第2回 KCAFミーティング (2014年7月23日, 東京)
  • 桶谷直也.
  • 心房細動のCFAEアブレーション.
    第2回 OKAYAMA HEART Meeting (2014年10月15日, 岡山)
  • 桶谷直也.
  • 心房細動のCFAEアブレーション.
    牧港NOAC (Novel Oral Anti Coagulant) Seminar (2014年10月28日, 沖縄)
  • 池田義之.
  • 心血管系の老化とオートファジー.
    鹿児島実地臨床高血圧セミナー2014 (2014年4月, 鹿児島)
  • 市來仁志.
  • 心房細動と血栓塞栓症 -ファリンと新規経口抗凝固薬 (NOAC) -.
    大島郡医師会学術講演会 (2014年10月31日, 奄美大島)
  • 田中佳代子.
  • 当院における肺高血圧治療の実際~専門外来解説から病診連携に至るまで~.
    PHセミナー in 宮崎大学 (2014年4月8日,宮崎)
  • 田中佳代子.
  • 肺高血圧症の診断と病診連携の実際.
    八代市郡学術講演会 (2014年4月15日, 八代)
  • 田中佳代子.
  • 成人先天性疾患に伴う肺高血圧症への治療アプローチ
    第4回 阪神肺高血圧症研究会 (2014年5月28日, 尼崎)
  • 田中佳代子.
  • 手遅れにならない治療を目指して.
    症例から学ぶ肺高血圧症in Osaka (2014年6月6日, 大阪)
  • 田中佳代子.
  • 肺高血圧症の早期診断と治療の今後.
    肺高血圧症エリア座談会 in九州 (2014年6月21日, 福岡)
  • 田中佳代子.
  • 肺高血圧症の見分け方~難病を見逃さないために~.
    症例から学ぶ肺高血圧 in 佐世保 (2014年7月1日, 佐世保)
  • 田中佳代子.
  • 肺高血圧の診断と治療~病診連携の実際~.
    第54回 都城心臓血管懇話会 (2014年7月8日, 都城)
  • 田中佳代子.
  • 肺高血圧症の診断と治療~病診連携への取り組み~.
    信州大学医学部附属病院 講演 (2014年11月21日, 長野県松本市)
  • 桑波田 聡.
  • 高齢者総合的機能評価 (CGA) の臨床応用とその意義.
    平成26年度姶良地区医師会在宅医療推進地域支援事業 在宅医療・介護・福祉連携推進研修会 (2014年7月19日, 霧島市)
  • 赤﨑雄一.
  • 家庭血圧分析サービスを利用し,降圧コントロールを診たアイミクス使用症例.
    Stop Hypertension Conference in 鹿児島 (2014年2月, 鹿児島)
  • 二宮雄一.
  • 心不全を伴う心房細動の治療戦略.
    第1回 鹿児島抗凝固療法を考える会 (2014年10月14日, 鹿児島)
  • 神田大輔.
  • 閉塞性肥大型心筋症に合併したたこつぼ型心筋症に対しランジオロールが有効であった一例.
    学術講演会~心機能低下例におけるβ遮断薬の位置づけ~ (2014年7月30日, 鹿児島)
  • 楠元啓介.
  • Nobori Update/Noboriの可能性を追求する (2014年9月, 鹿児島)
  • 桶谷直也, 市來仁志, 入來泰久, 吉村あきの.
  • 心房細動のCFAEアブレーション.
    心房細動のカテーテルアブレーション見学会 (2014年9月10日, 11月12日 鹿児島)