鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

研究について

臨床研究:業績

【2015】研究会(全国)

  • 第2回 臨床骨ネットワーク研究会(2015年2月, 東京)
  • 宮内孝浩, 池田義之, 赤﨑雄一, 岩林正明, 佐々木雄一, 宮田昌明, 大石 充.
  • 選択的エストロゲン作動薬 (SERM) は閉経モデルマウスにおける血管老化および動脈硬化の進展を抑制する.
  • SLENDER CLUB JAPANライブデモンストレーション2015(2015年4月, 東京)
  • 加治屋 崇, 髙岡順一郎, 福永研吾, 有馬良一, 宮村明宏, 厚地伸彦, 厚地良彦.
  • A simple case is not always "simple".
  • 近畿心血管治療ジョイントライブ (KCJL) 2015(2015年4月, 京都)
  • 加治屋 崇.
  • ランチョンセミナー.
    複雑病変に対するBRSの使用経験.
  • The 32nd KOKURA Live Demonstration(2015年5月, 福岡)
  • 加治屋 崇.
  • 複数回の留学生活から見えてくるもの.
  • 第5回 ACHD治療研究会(2015年7月, 東京)
  • 髙崎州亜.
  • 褐色細胞腫を合併したEisenmenger症候群に対しボセンタンを導入した一症例.
  • 第2回 iHFフォーラム(2015年8月, 東京)
  • 池田義之, 大石 充, 佐渡島純一.
  • Dynamin Related Protein 1 (Drp1) によるミトコンドリアFissionの心臓に及ぼす効果.
  • 第3回 Premium Hypertension Conference(2015年8月, 東京)
  • 佐々木雄一, 池田義之, 大石 充.
  • アンギオテンシンⅡ Type1受容体の抑制はミトコンドリアダイナミクスを介して高脂血症モデルマウスの血管老化を抑制する.
  • 第27回 カテーテルアブレーション委員会公開研究会(2015年10月, 福島)
  • 内門義博, 入來泰久, 桶谷直也, 西尾 智, 鎌田博之, 吉村あきの, 奥井英樹, 大石 充.
  • J波症候群の心室細動ストームにカテーテルアブレーションが奏効した1症例.
  • 鎌田博之, 桶谷直也, 西尾 智, 入來泰久, 吉村あきの, 奥井英樹, 大石 充.
  • 手術適応のない心室中隔欠損症を合併した心房細動に対してCFAEアブレーションを行った1症例.
  • 西尾 智, 桶谷直也, 吉村あきの, 入來泰久, 奥井英樹, 市來仁志, 大石 充.
  • 左上肺静脈内のCFAE (complex fractionated atrial electrogram) の焼灼で持続性心房細動が停止した1例.
  • 岩波裕史, 江島浩一郎, 今井美智子, 吉村あきの, 逸見隆太, 柳下大悟, 庄田守男, 萩原誠久.
  • 心臓偏位を伴う心房中隔起源心房頻拍アブレーションに成功したマルファン症候群の1例.
  • 逸見隆太, 江島浩一郎, 岩波裕史, 柳下大悟, 今井美智子, 吉村あきの, 庄田守男, 萩原誠久.
  • 初回と2回目の上大静脈隔離後のATP投与に対する反応に違いがみられた一例.
  • Complex Cardiovascular Therapeutics (CCT) 2015(2015年10月, 神戸)
  • 加治屋 崇.
  • モーニングセミナー.
    Paclitaxel-coated balloon for de-novo coronary artery disease.
  • 第3回 Heart Science Club(2015年11月, 東京)
  • 佐々木雄一, 池田義之, 大石 充.
  • アンギオテンシンII Type 1受容体阻害によるミトコンドリアダイナミクスを介した抗血管老化作用.
  • 第32回 国際心臓研究学会日本部会(2015年12月, 神戸)
  • 大石 充.
  • ランチョンセミナー9.
    血圧変動性Update“臨床の観点から”.
  • Ichiki T, Harty GJ, Huntley BK, Sangaralingham SJ, Harders GE, and Burnett JC, Jr.
  • Chronic CD-NP therapeutics improve cardiorenal function in experimental heart failure.
  • 昨年度追加分
  • Alliance for Revolution and Interventional Cardiology Advancement (ARIA) 2014(2014年11月, 福岡)
  • 加治屋 崇.
  • ランチョンセミナー1.
    OCT/OFDIによるDESの評価.