鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

研究について

臨床研究:業績

【2016】講演

  • 大石 充.
  • 鹿児島県の循環器疾患を考える.
    大島郡医師会学術講演会 (2016年1月7日, 奄美市)
  • 大石 充.
  • 血管リモデリングと脳卒中対策.
    鹿児島大学大学院脳神経外科学同門会総会講演会 (2016年1月9日, 鹿児島市)
  • 大石 充.
  • 高血圧と血管リモデリング.
    第31回 香川高血圧研究会 (2016年2月4日, 香川)
  • 大石 充.
  • 血管リモデリングと高血圧の相互作用.
    第57回 広島高血圧研究会 (2016年2月26日, 広島)
  • 大石 充.
  • 血管マーカーとしてのPADを再考する.
    第20回鹿児島脳卒中地域連携ネットワーク研究会 (2016年3月7日, 鹿児島市)
  • 大石 充.
  • How to 降圧療法:症例から学ぶ.
    Patients-Voice Study 研究会 (2016年4月8日, 鹿児島市)
  • 大石 充.
  • 降圧療法の基礎編:第一次選択薬の使い方.
    鹿児島高血圧道場へようこそ! (2016年5月25日, 鹿児島市)
  • 大石 充.
  • 循環器医の考える新時代の糖尿病コントロール.
    鹿児島市内科医会講演会 (2016年5月30日, 鹿児島市)
  • 大石 充.
  • 大動脈疾患の遺伝子診断:オーダーメイド治療の可能性を含めて.
    心不全治療の最前線を考える ~Shared Care Program~ (2016年6月11日, 鹿児島市)
  • 大石 充.
  • 高齢者循環器疾患とフレイル:運動療法の可能性.
    第44回 東海運動医学懇話会 (2016年7月29日, 名古屋)
  • 大石 充.
  • 臓器保護としてのRAS制御の温故知新RAS control for organ protection:Taking a lesson from the past.
    Premium Hypertension Conference 2016 (2016年8月20日, 大阪)
  • 大石 充.
  • Post SPRINT時代の高血圧治療とは.
    函館循環器病懇談会 (2016年9月2日, 函館)
  • 大石 充.
  • 血管リモデリングから見た生活習慣病対策.
    第4回 新潟心血管カンファレンス (2016年10月28日, 新潟)
  • 大石 充.
  • コンプリート降圧への挑戦:足し算診療からの脱却.
    佐賀県医師会学術講演会 (2016年10月31日, 佐賀)
  • 大石 充.
  • 心不全パンデミックへの対抗策.
    第8回 滝井循環器フォーラム (2016年11月5日, 大阪)
  • 大石 充.
  • 降圧療法の応用編:第一次選択薬以外をどう使うか.
    第2回 鹿児島高血圧道場へようこそ! (2016年11月30日, 鹿児島市)
  • 中島 均.
  • インターベンション医がDOACを考えると.
    抗血栓療法を考える会 (2016年4月6日, 鹿児島市)
  • 中島 均.
  • PCI後の長期予後改善を目指した治療戦略.
    第2回 服薬指導セミナー (2016年5月7日, 鹿児島市)
  • 中島 均.
  • 虚血性心疾患の抗血小板療法.
    抗血栓療法トータルケアセミナー (2016年5月20日, 鹿児島市)
  • 宮田昌明.
  • 高血圧の薬物治療と非薬物治療.
    HONEST Meeting in Kagoshima:日本人20,000例のエビデンス HONEST Studyの知見 (2016年1月14日, 鹿児島市)
  • 宮田昌明.
  • 循環器医から見たSGLT2阻害薬の作用.
    糖尿病 Expert Seminar in 鹿児島 (2016年3月4日, 鹿児島市)
  • 宮田昌明.
  • 静脈血栓塞栓症の新規治療戦略.
    臨床医の為の静脈血栓症治療・抗凝固薬療法勉強会 (2016年6月22日, 曽於市)
  • 宮田昌明.
  • 静脈血栓塞栓症の新規治療戦略.
    薩摩郡医師会2班血栓症勉強会 (2016年6月23日, 薩摩川内市)
  • 宮田昌明.
  • 静脈血栓塞栓症の新規治療戦略.
    臨床医の為の静脈血栓症治療・抗凝固薬療法勉強会 (2016年6月29日, 鹿屋市)
  • 宮田昌明.
  • SGLT2阻害薬の心血管イベントおよび血圧への影響について.
    Scientific Exchange Meeting in Kagoshima (2016年8月23日, 鹿児島市)
  • 宮田昌明.
  • 高血圧治療についての最近の知見.
    鹿児島高血圧フォーラム 2016 (2016年9月7日, 鹿児島市)
  • 宮田昌明.
  • 脂質異常症のトピックスと最新の話題.
    第12回 嵐を呼ぶ女医会 (2016年9月9日, 鹿児島市)
  • 宮田昌明.
  • 静脈血栓塞栓症の新規治療戦略.
    静脈血栓症の抗凝固薬療法を考える会 (2016年9月14日, 霧島市)
  • 宮田昌明.
  • 残存リスクとしての脂質介入:さらなるLDL-C低下を考える.
    大島郡医師会学術講演会 (2016年9月15日, 奄美市)
  • 宮田昌明.
  • 脂質異常症のトピックスと最新治療.
    川内脂質低下療法カンファレンス (2016年9月16日, 薩摩川内市)
  • 宮田昌明.
  • 高コレステロール血症の新しい治療戦略.
    プラルエント発売記念講演会 (2016年10月26日, 鹿児島市)
  • 宮田昌明.
  • 静脈血栓塞栓症の新規治療戦略.
    臨床医のための静脈血栓症治療勉強会 (2016年11月7日, 出水市)
  • 宮田昌明.
  • 脂質異常症のウソ?ホント?
    Lipid-Seminar (2016年11月11日, 鹿児島市)
  • 竹中俊宏.
  • Fabry病の診療: 循環器内科の視点から.
    都城Fabry病セミナー (2016年2月19日, 都城市)
  • 竹中俊宏.
  • 循環器内科からみたFabry病.
    東広島Fabry病セミナー (2016年9月7日, 東広島市)
  • 竹中俊宏.
  • Fabry病の診療: 循環器内科の視点から.
    Fabry病セミナー in 八王子 (2016年9月27日, 八王子市)
  • 竹中俊宏.
  • 循環器内科からみたFabry病.
    第4回 大阪Fabry病セミナー (2016年11月26日, 大阪市)
  • 久保忠弘.
  • 高血圧について.
    第1回 服薬指導セミナー (2016年4月2日, 鹿児島市)
  • 久保忠弘.
  • DVT治療における新たな選択肢NOACへの期待.
    エリキュース® 抗凝固療法WEBカンファレンス (2016年5月12日, 鹿児島市)
  • 久保忠弘.
  • DVT治療における新たな選択肢NOACへの期待.
    エリキュース® 症例検討カンファレンス (2016年9月1日, 鹿児島市)
  • 片岡哲郎.
  • 狭心症・心筋梗塞.
    第3回 服薬指導セミナー (2016年6月11日, 鹿児島市)
  • 片岡哲郎.
  • 診断治療セッション① PCI①.
    第10回 九州インターベンションヤングフェローシップ (2016年8月, 福岡)
  • 片岡哲郎.
  • 冠動脈ステント留置後の抗血小板薬2剤併用療法における血小板凝集能測定の意義の検討.
    PCI Network Conference (2016年9月, 鹿児島市)
  • 片岡哲郎.
  • Stent Elongationについての追加考察.
    第18回 鹿児島インターベンション・カンファレンス (2016年11月, 鹿児島市)
  • 小川正一.
  • 冠動脈ステント治療時代の抗血小板療法.
    抗血栓療法セミナー (2016年2月23日, 鹿児島市)
  • 小川正一.
  • STENT留置したのはいいけれど...
    Ultimaster講演会 in 鹿児島 (2016年3月4日, 鹿児島市)
  • 小川正一.
  • 虚血性心疾患の抗血小板療法.
    抗血栓療法トータルセミナー (2016年5月20日, 鹿児島市)
  • 小川正一.
  • 巨大な冠動脈解離による急性冠症候群を来した症例.
    20th Xience Course@Kurashiki Central Hospital (2016年10月18日, 倉敷市)
  • 髙﨑州亜.
  • 弁膜症治療:現状と展望.
    心不全治療の最前線を考える:Shared Care Program (2016年6月11日, 鹿児島市)
  • 窪薗琢郎.
  • 心不全におけるトータルマネージメント.
    大島郡医師会学術講演会 (2016年1月8日, 奄美市)
  • 窪薗琢郎.
  • 高齢循環器疾患患者の特徴と包括的アプローチ.
    南風病院地域連携の会 (2016年5月, 鹿児島市)
  • 窪薗琢郎.
  • 鹿児島での重症心不全診療.
    心不全治療の最前線を考える:Shared Care Program (2016年6月11日, 鹿児島市)
  • 窪薗琢郎.
  • 慢性心不全に対する薬物療法の現状と今後の展望.
    第229回 南薩心臓疾患研究同好会 (2016年7月13日, 南さつま市)
  • 窪薗琢郎.
  • 下肢静脈血栓症の診断と治療.
    鹿児島VTEセミナー (2016年9月, 鹿児島市)
  • 窪薗琢郎.
  • 下肢静脈血栓症の診断と治療.
    種子島VTEカンファレンス (2016年9月, 西之表市)
  • 窪薗琢郎.
  • 心不全治療における最近の話題.
    大隅循環器フォーラム (2016年10月, 鹿屋市)
  • 窪薗琢郎.
  • 下肢静脈血栓症の診断と治療.
    大隅地区学術講演会 (2016年11月17日, 鹿屋市)
  • 窪薗琢郎.
  • 下肢静脈血栓症の診断と治療.
    薩摩郡医師会学術講演会 (2016年11月18日, 薩摩郡さつま町)
  • 窪薗琢郎.
  • 下肢静脈血栓症の診断と治療.
    第2回 川薩・北薩循環器研究会 (2016年11月, 薩摩川内市)
  • 窪薗琢郎.
  • 当院におけるトルバプタンの使用状況:5年間を振り返って.
    サムスカ発売5周年記念講演会 (2016年12月7日, 鹿児島市)
  • 窪田佳代子.
  • 肺疾患に伴う肺高血圧症の一例.
    第6回 鹿児島周術期管理研究会 (2016年8月26日, 鹿児島市)
  • 窪田佳代子.
  • PE治療の実際:当院の経験.
    エリキュース®症例検討カンファレンス (2016年9月1日, 鹿児島市)
  • 窪田佳代子.
  • 肺高血圧症を見逃さないために.
    曽於医師会学術講演会 (2016年9月28日, 曽於市)
  • 窪田佳代子.
  • 肺高血圧症を見逃さない為に.
    肺高血圧カンファレンスin 近見 (2016年10月11日, 熊本市)
  • 窪田佳代子.
  • 肺高血圧症を見逃さない:鹿児島県の連携取り組み.
    神奈川県肺高血圧症カンファレンス2016 (2016年10月24日, 横浜市)
  • 窪田佳代子.
  • 肺高血圧症を見逃さない:鹿児島県の連携取り組み.
    Meet The Specialist 2016肺高血圧症の早期発見・早期治療 (2016年11月9日, 京都市)
  • 桑波田 聡.
  • 地域包括ケアシステムと高齢者総合的機能評価 (CGA).
    第2回 みんなで支え合うまちづくりinたるみず報告会 (2016年3月27日, 垂水市)
  • 樋口公嗣.
  • Fabry病に対する当院での取り組み.
    鹿児島Fabry病セミナー (2016年2月22日, 鹿児島市)
  • 樋口公嗣.
  • Fabry病の遺伝子治療.
    第10回 神奈川酵素補充療法研究会 (2016年7月2日, 横浜)
  • 樋口公嗣.
  • Fabry病女性患者の診断と治療.
    第3回 Fabry病フォーラムin鹿児島 (2016年8月25日, 鹿児島市)
  • 樋口公嗣.
  • Fabry病の遺伝子治療.
    Fukuoka Fabry Meeting 2016 (2016年9月16日, 福岡)
  • 二宮雄一.
  • これだけは知っておきたい不整脈と薬剤選択について.
    第4回 鹿児島市域循環器臨床薬剤師カンファレンス (2016年3月24日, 鹿児島市)
  • 二宮雄一.
  • 脳卒中予防のための心房細動管理:抗凝固療法を中心に.
    抗凝固療法WEBカンファレンス (2016年5月12日, 鹿児島市)
  • 二宮雄一.
  • 脳卒中予防のための心房細動管理:抗凝固療法を中心に.
    出水郡医師会学術講演会 (2016年7月22日, 出水市)
  • 二宮雄一.
  • 脳卒中予防のための心房細動管理:抗凝固療法を中心に.
    エリキュース® 症例検討カンファレンス (2016年9月1日, 鹿児島市)
  • 二宮雄一.
  • 深部静脈血栓症/肺血栓塞栓症における抗凝固療法について:NOACの果たす役割.
    第3回 鹿児島抗凝固療法を考える会 (2016年9月30日, 鹿児島市)
  • 藤田祥次.
  • 主訴が心窩部痛の2例.
    鹿児島市内科医会8月例会CC (2016年8月17日, 鹿児島市)
  • 吉野聡史.
  • ミニガイドワイヤーによる血管損傷により出血性ショックに陥った1例.
    第13回 NEW YEAR循環器セミナー (2016年1月, 福岡)
  • 吉野聡史.
  • PrCr-EES留置後の再狭窄病変における新生内膜の変化を経時的に観察した1例.
    1st Imaging Meeting in South-Kyushu (2016年4月, 鹿児島市)
  • 吉野聡史.
  • 低EPA/AA比を伴った血管内皮機能が心血管病変に及ぼす影響.
    太田地区循環器セミナー (2016年6月, 太田)
  • 吉野聡史.
  • PCIにおける穿刺部合併症について.
    出水郡医師会2016年6月診療連携勉強会 (2016年6月, 出水市)
  • 吉野聡史.
  • 第2世代薬剤溶出性ステント留置後における新生内膜被覆反応の比較によりCoCr-EESの安全性と有用性を考察する:DAPT期間は短縮できるか.
    AVJ Lecture Meeting in Tokyo (2016年7月, 東京)
  • 吉野聡史.
  • 低EPA/AA比を伴った血管内皮機能が心血管病変に及ぼす影響.
    積極的脂質低下療法を考える会 (2016年11月, 鹿児島市)
  • 加治屋 崇.
  • How to use the everolimus-eluting bioresorbable vascular scaffold in real world patients.
    X-Pert Forum鹿児島 (2016年4月, 鹿児島市)
  • 加治屋 崇.
  • 急性動脈閉塞症と静脈血栓塞栓症:救急の現場から.
    大隅4医師会合同学術講演会 (2016年6月, 鹿屋市)
  • 加治屋 崇.
  • PCIにおける今後の展望.
    Session of young cardiologist inherits experience point from specialist (2016年9月, 那覇)
  • 川添 晋.
  • 健康診断受診者における血清尿酸値と心房細動有病率に関する検討.
    Health Check Up Study Forum (2016年2月, 鹿児島市)
  • 神田大輔.
  • 冠動脈疾患に対する脂質管理の重要性.
    大隅地区学術講演会 (2016年5月19日, 鹿屋市)
  • 神田大輔.
  • 心血管イベント抑制を意識した糖尿病治療:SGLT2阻害薬への期待.
    霧島地区循環器医から見たSGLT2阻害薬 (2016年9月29日, 霧島市)
  • 神田大輔.
  • 心血管イベント抑制を意識した糖尿病治療:SGLT2阻害薬への期待.
    冠動脈疾患を考える会in薩摩川内 (2016年12月12日, 薩摩川内市)
  • 福永研吾.
  • 冠動脈疾患における脂質管理.
    Hyperlipidemia Symposium2016 (2016年9月29日, 鹿児島市)
  • 髙岡順一郎.
  • 糖尿病と足病変.
    第5回 錦江湾循環器カンファレンス (2016年10月7日, 鹿児島市)
  • 小島聡子.
  • 便通と心血管予後との関連.
    循環器チーム医療を考える会 (2016年4月, 京都)
  • 小島聡子.
  • 症例提示.
    心不全急性期・不整脈診療のup to date (2016年11月, 鹿児島市)
  • 宮内栄治.
  • 当院における家族性高コレステロール血症症例の治療経過と今後の課題.
    第3回 鹿児島DCD joint meeting (2016年1月28日, 鹿児島市)
  • 宮内栄治.
  • 虚血性心筋症による難治性心不全に対して左室形成術を施行した一例.
    第2回After-H10心不全セミナー (2016年6月8日, 鹿児島市)
  • 宮内栄治.
  • 膝窩動脈外膜嚢腫:間欠性跛行の稀な原因.
    第3回鹿児島循環器カンファレンス (2016年10月29日, 鹿児島市)
  • 田端宏之.
  • 手術困難な超高齢重症大動脈弁狭窄症を起因とした急性心不全に対する治療アプローチ.
    第2回 After-H10心不全セミナー (2016年6月, 鹿児島市)
  • 田端宏之.
  • 手術困難な超高齢重症大動脈弁狭窄症を起因とした急性心不全に対する治療アプローチ:トルバプタン・ASVが有用であった1例.
    出水郡医師会2016年10月診療連携勉強会 (2016年10月, 出水市)
  • 毛利翔悟.
  • 高齢者に多い病気と予防.
    平成28年度垂水市在宅医療・介護連携推進事業 垂水市中央地区高齢者大学講座 (2016年9月8日, 垂水市)
  • 上坊翔太.
  • 2種類の第2世代DES留置部に同時にPSSを認めた症例の2年間にわたる経過観察.
    Intervention Joint Meeting (2016年7月29日, 奈良)
  • 内門義博.
  • 心不全の治療戦略.
    出水郡医師会2016年1月診療連携勉強会 (2016年1月, 出水市)
  • 内門義博.
  • 診断・治療に難渋し入退院を繰り返した結核性心膜炎の1例.
    第1回 鹿児島循環器疾患ピットフォールカンファレンス (2016年2月, 鹿児島市)
  • 昨年度追加分
  • 宮内孝浩.
  • エビデンスから見た家庭血圧の意義.
    鹿児島 高血圧フロンティアミーティング2015 (2015年12月15日, 鹿児島市)