鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

研究について

臨床研究:業績

【2017】総説(和文)

  • 大石 充.
  • 新規3剤配合錠の効果と安全性を最大限発揮するためには:服薬アドヒアランス (服薬継続率) 向上を含めて.
    血圧 2017; 24: 51-55.
  • 大石 充.
  • 血圧はどこまで下げるべきか:SPRINT 以後の世界はどのように変わるのか.
    医学のあゆみ 2017; 260: 441-445.
  • 大石 充.
  • フレイル高齢者の心不全管理.
    心臓 2017; 49: 537-544.
  • 大石 充.
  • 夜間頻尿の病態:夜間多尿の視点から.
    排尿障害プラクティス 2017; 25: 25-31.
  • 大石 充.
  • 高血圧患者のチーム医療.
    Medical Practice 2017; 34: 1346-1350.
  • 安田 修, 池田義之, 大石 充.
  • 熊本地震の特殊性と高齢者の健康問題.
    日本老年医学会雑誌 2017; 54: 120-124.
  • 池田義之, 大石 充.
  • 心疾患と認知症-循環器の立場から-.
    Cardio-Coagulation 2017; 4: 27-32.
  • 奥井英樹, 大石 充.
  • CKD患者におけるトノメトリーによる中心動脈圧測定の問題点.
    血圧2017; 24: 618-619.
  • 赤﨑雄一, 大石 充.
  • カルシウム拮抗薬.
    臨牀と研究 2017; 94: 29-32.
  • 赤﨑雄一, 大石 充.
  • ACE阻害薬 ARBではなくACE阻害薬を使う根拠は?
    血圧 2017; 24: 466-470.
  • 二宮雄一.
  • 心拍数が安定した心房粗動はそのままでいいのか.
    循環器ジャーナル 2017; 65: 423-430.
  • 宮内孝浩, 大石 充.
  • 血圧変動の評価方法とエビデンスUp-to-Date.
    血圧2017; 24: 234-238.
  • 神田大輔, 大石 充.
  • ACS患者におけるACE-I, ARB, MRA.
    循環器ジャーナル 2017; 65: 690-696.
  • 徳重明央, 植田真一郎.
  • 降圧利尿薬の使い方.
    週刊 医学のあゆみ2017; 260: 446-450.
  • 徳重明央, 植田真一郎.
  • 降圧目標の群間比較試験の現状と展望.
    血圧2017; 24:39-43.
  • 平峯温子, 宮内栄治, 神園悠介, 有川 亮, 城元里朋, 亀甲眞弘, 原口優清, 日髙史郎.
  • 腹腔内主幹仮性動脈瘤による出血に対してcovered stentを用いて血管内治療に成功した2症例.
    日本血管内治療学会誌 2017; 18: 20-24.
  • 内門義博, 吉野聡史, 大牟禮健太, 田端宏之, 福元大地, 立石繁宜, 大石 充.
  • 顔面浮腫を契機に受診され診断に至った結核性心膜炎の1例.
    心臓 2017; 49: 1155-1159.
  • 宇都寛高, 宮内栄治, 神園悠介, 亀甲真弘, 日髙史郎.
  • 繰り返す身体診察と病理検査によって診断にいたった喘息症状を伴わない非典型的好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の1例.
    臨床雑誌内科 2017; 120: 1001-1005.