鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

研究について

臨床研究:業績

【2018】研究会(地方会)

  • 第61回 鹿児島栄養代謝研究会(2018年2月, 鹿児島)
  • 小島聡子.
  • 女性において血清尿酸値は心房細動発症の独立した予測因子である.
  • 第27回 九州トランスラディアル研究会(2018年3月, 長崎)
  • 加治屋 崇.
  • Ultimaster: from Japan to top of the world.
  • 鹿屋地区内科医会症例検討会(2018年3月, 鹿屋市)
  • 新地秀也, 玉城 倫, 上村征央, 川島吉博, 川畑孟子, 桑波田 聡, 安部 智, 竹中俊宏.
  • 高齢男性に突然発症した両上下肢浮腫の1例.
  • 第1回 Tenmonkan Imaging and Physiology(2018年7月, 鹿児島市)
  • 加治屋 崇.
  • コ・メディカル中心のチーム医療.
  • 2018年鹿児島市内科医会 8月例会 CPCカンファレンス(2018年8月, 鹿児島市)
  • 藤田祥次, 尾辻 葵, 碇元佐和, 町頭郁哉, 徳武大輔, 山口剛司, 鳥居博行, 後藤優子, 谷本昭英.
  • 発熱及び浮腫で来院されたが不幸な転帰を辿った症例.
  • 第4回 診療連携症例検討会(2018年8月, 鹿屋市)
  • 松下敬亮, 桑波田 聡, 赤星光紀, 中林 舞, 後藤正博, 川島吉博, 大重剛志, 川畑孟子, 安部 智, 竹中俊宏.
  • 心不全と鑑別を要したRS3PE症候群の一例.
  • 地域医療を支える看護師特定行為シンポジウム―看護師のタスクシフトを考える―(2018年8月, 鹿児島市)
  • 桑波田 聡.
  • 指導医からみた看護師特定行為研修修了者の活動と期待.
  • 第20回 鹿児島インターベンションカンファレンス(2018年9月, 鹿児島)
  • 小川正一.
  • あらふぃふおじさんの1ヶ月.
  • 薗田剛嗣, 神田大輔, 小瀬戸一平, 吉野聡史, 内匠拓朗, 大石 充.
  • Valve留置直後にoozing ruptureを生じて緊急開胸になったTAVI症例.
  • 田端宏之, 安﨑和博, 福元大地, 沖野秀人, 大牟禮健太, 吉野聡史, 大石 充.
  • 急性下壁心筋梗塞に対するPCI後にTIMI flow grade 0で終了するも, 慢性期に再灌流が得られ, その後の経過も良好な1例.
  • 鹿児島救急医学会学術集会 第84回 医師部会(2018年9月, 鹿児島)
  • 今村春一, 宮田昌明, 小川正一, 桶谷直也, 茶圓秀人, 大牟禮健太, 吉元一成, 野元裕太朗, 鎌田梨沙, 濱崎秀一, 下野謙信, 吉原秀明.
  • 心肺停止蘇生後患者における予後予測因子の検討.
  • 第28回 大隅循環器研究会(2018年11月, 鹿屋市)
  • 林 真生, 桑波田 聡, 長野綾香, 大重剛志, 川島吉博, 川畑孟子, 安部 智, 竹中俊宏.
  • 1度房室ブロックが完全房室ブロックに移行したと思われる一例.
  • 第71回 川内市医師会医学会(2018年11月, 薩摩川内市)
  • 宮内栄治.
  • 上腸間膜動脈瘤破裂に対してステントグラフト留置により救命した1例.
  • 6th Imaging Meeting in South-Kyusyu ~Ime-Q~ (2018年11月, 宮崎)
  • 江村寛之, 神田大輔, 吉野聡史, 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 内匠拓朗, 大石 充.
  • CTO病変に対してDES留置し, OCTで観察し得たその後の経過.