鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

研究について

臨床研究:業績

【2019】国内学会(総会)

  • 第12回 日本性差医学・医療学会学術集会(2019年1月, 埼玉)
  • 小島聡子,窪薗琢郎,嘉川亜希子,川添 晋,大石 充.
  • 女性における形態的及び機能的動脈硬化に関連する因子の検討.
  • 日本動脈硬化学会 第19回 動脈硬化教育フォーラム(2019年2月, 福岡)
  • 大石 充.
  • 高血圧・循環器病予防療養指導士セミナー1.
    療養指導士の意義と役割.
  • 宮田昌明.
  • 脂質異常薬物療法の基本.
  • JET2019(2019年2月, 東京)
  • 宮内栄治.
  • Iatrogenic CFA dissection.
  • 第83回 日本循環器学会学術集会(2019年3月, 神奈川)
  • 大石 充.
  • ランチョンセミナー40.
    健康長寿を叶えるために.
  • 樋口公嗣.
  • Morning Lecture9.
    循環器内科医が知っておくべき全身疾患(リソソーム病).
    Fabry Cardiomyopathy.
  • 樋口公嗣.
  • ランチョンセミナー27. 見逃していませんか?循環器疾患におけるファブリー病とムコ多糖類.
    心症状から診断できるファブリー病.
  • Akasaki Y, Ikeda Y, Uchikado Y, Sasaki Y, Higuchi K, Ohishi M.
  • Metabolic stress causes sarcopenia via angiotensin II type I receptor signal-induced mitochondrial fission.
  • Kanda D, Ikeda Y, Sasaki Y, Sonoda T, Kosedo I, Yoshino S, Takumi T, Ohishi M.
  • Malnutrition and non-use clopidogrel additively aggravate prognosis of critical limb ischemia patients who underwent revascularization.
  • 徳重明央,植田真一郎,大石 充.
  • The cardiovascular outcome of cancer survivor in patients with diabetes mellitus with coronary artery disease: from CHD cohort.
  • Sasaki Y, Ikeda Y, Akasaki Y, Uchikado Y, Higuchi K, Ohishi M.
  • Estrogen/Sirt1/LKB1/AMPK axis plays a crucial role in mediating Rab9-dependent mitophagy and retarding arterial senescence.
  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Ohtsubo H, Miyata M, Ohishi M.
  • The patients with rheumatoid arthritis had a risk of progression on aortic valve stenosis.
  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Miyata M, Miyahara H, Maenohara S, Ohishi M.
  • C-reactive protein was significantly associated with arterial stiffness, but not with carotid atherosclerosis in general population.
  • Shimono H, Kajiya T, Takaoka J, Miyamura A, Inoue T, Ninomiya T, Arimura T, Atsuchi Y, Atsuchi N, Ohishi M.
  • Characteristics of recurrent in-stent restenosis(ISR)after second and third generation drug-eluting stent(DES)implantation.
  • Yoshimoto I, Oketani N, Iriki Y, Ichiki H, Okui H, Maenosono R, Namino F, Miyata M, Ohishi M.
  • Incidence of asymptomatic stroke or hemopericardium in catheter ablation for atrial fibrillation with uninterrupted use of Edoxaban, Rivaroxaban, or Warfarin.
  • Imamura S, Miyata M, Kamata R, Nomoto Y, Yoshimoto I, Ohmure K, Chaen H, Ogawa M, Hamasaki S, Yoshihara H, Ohishi M.
  • Prognostic predictors in patients with cardiopulmonary arrest: a novel formula to predict death.
  • Uchikado Y, Ikeda Y, Sasaki Y, Akasaki Y, Higuchi K, Ohishi M.
  • Metabolic stress and angiotensin II causes vascular senescence via AT1R signal-mediate mitochondrial fission.
  • Okada M, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Inoue H, Takayasu K, Kitagaki R, Okamura A, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K.
  • Predicting normalization of left ventricular systolic dysfunction of unexplained etiology in patients underwent catheter ablation for persistent atrial fibrillation.
  • 井上裕之,井上耕一,北垣 諒,岡田真人,田中宣暁,岡 崇史,平尾優子,二宮雄一,田中耕史, 小山靖史,岩倉克臣,藤井謙司.
  • Premature atrial contraction burden is a strong predictor of recurrence in long-term follow-up after catheter ablation for atrial fibrillation.
  • 北垣 諒,井上耕一,田中耕史,二宮雄一,平尾優子,岡 崇史,田中宣暁,井上裕之,高安幸太郎, 岡村篤徳,小山靖史,岩倉克臣,藤井謙司.
  • Non-paroxysmal atrial fibrillation was associated with obstructive sleep apnea in patients receiving catheter ablation.
  • 岩倉克臣,岡村篤徳,小山靖史,井上耕一,岩本 睦,平尾優子,田中耕史,田中宣暁,岡 崇史,住吉晃典,岡田真人,二宮雄一,井上裕之,田中康太,高安幸太郎,北垣 諒,藤井謙司.
  • Effect of ultrasound frequency on global longitudinal strain measured by 2D speckle tracking.
  • 岡 崇史,井上耕一,田中耕史,二宮雄一,平尾優子,田中宣暁,岡田真人,井上裕之,北垣 諒,小山靖史,岡村篤徳,岩倉克臣,藤井謙司.
  • Predictive power of left atrial reverse remodeling for long-term recurrence after catheter ablation: Paroxysmal versus non-paroxysmal atrial fibrillation.
  • 岡 崇史,井上耕一,田中耕史,二宮雄一,平尾優子,田中宣暁,岡田真人,井上裕之,北垣 諒,小山靖史,岡村篤徳,岩倉克臣,藤井謙司.
  • Reduced left atrial function is associated with poor long-term outcome after catheter ablation to paroxysmal atrial fibrillation.
  • 岡田真人,井上耕一,田中耕史,二宮雄一,平尾優子,岡 崇史,田中宣暁,井上裕之,高安幸太郎,北垣 諒,岡村篤徳,小山靖史,岩倉克臣,藤井謙司.
  • Effect of beta-blocker on left ventricular reverse remodeling after catheter ablation in atrial fibrillation patients with reduced ejection fraction.
  • 第116回 日本内科学会総会・講演会(2019年4月, 愛知)
  • 森 拓馬,福永研吾,稲津真穂人,立志公史郎,平峯温子,楠元啓介,髙﨑州亜,片岡哲郎, 中島 均.
  • 心タンポナーデ及びTrousseau症候群を合併した原発不明癌の一例.
  • 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2019名古屋(2019年4月, 愛知)
  • 米澤英之,小島聡子,窪薗琢郎,牛飼純平,市來仁志,大石 充.
  • 末梢血で好酸球上昇が無く心筋生検による診断確定で救命し得た劇症型好酸球性心筋症の一例.
  • 第107回 日本泌尿器科学会(2019年4月, 名古屋)
  • 大石 充.
  • シンポジウム17.
    循環器内科医から見た夜間頻尿・多尿.
  • 第30回 日本医学会総会2019中部(2019年4月, 名古屋)
  • 大石 充.
  • 学術講演.
    高血圧のリアルワールドエビデンス.
  • 第44回 日本超音波検査学会学術集会(2019年4月, 横浜市)
  • 湯之上真吾,水上尚子,中村幸美,大園七瀬,野口慶久,堀添善尚,濱元裕喜,湯淺敏典,立石直毅,松本和久,井本 浩,木佐貫 彰,大石 充.
  • 腫瘍内に豊富な血流を認めた左房内粘液腫の一例.
  • 日本超音波医学会 第92回 学術集会(2019年5月, 東京)
  • 堀添善尚,濱元裕喜,山下 誠,水上尚子,湯淺敏典,木佐貫 彰,大石 充.
  • 若年成人の境界域左室駆出率症例における器質的心疾患例の鑑別:GLSを用いた検討.
  • 日本心エコー図学会 第30回 学術集会(2019年5月, 長野)
  • 濱元裕喜,湯之上真吾,水上尚子,堀添善尚,湯淺敏典,髙﨑州亜,木佐貫 彰,大石 充.
  • 手術に至った右房内血液嚢胞の2症例.
  • 第8回 臨床高血圧フォーラム(2019年5月, 久留米市)
  • 大石 充.
  • 禁煙関連教育セミナー.
    SOFT project.
  • 大石 充.
  • 実地医家部会セッション.
    高血圧ゼロの街 枕崎.
  • 赤﨑雄一,窪薗琢郎,杉浦 剛,牧迫飛雄馬,田平隆行,桑波田 聡,竹中俊宏,大石 充.
  • コントロール不良高血圧の要因分析:垂水研究からの考察.
  • 赤﨑雄一,窪薗琢郎,杉浦 剛,牧迫飛雄馬,田平隆行,桑波田 聡,竹中俊宏,大石 充.
  • 未治療高血圧の要因分析:垂水研究からの考察.
  • 第84回 日本温泉気候物理医学会総会・学術集会(2019年5月, 岡山)
  • 宮田昌明.
  • シンポジウム3. 温泉気候物理医学のノウハウを活用した高齢者医療の実践.
    高齢心不全患者に対する和温療法の効果.
  • 岩永成晃,早坂信哉,宮田昌明.
  • 特別報告2.
    妊婦の温泉浴の安全性の検討(最終報告).
  • 第55回 日本循環器予防学術総会(2019年5月, 久留米市)
  • 窪薗琢郎,赤﨑雄一,小島聡子,牧迫飛雄馬,桑波田 聡,竹中俊宏,大石 充.
  • 睡眠状況と血圧変動に関する検討.
  • 第61回 日本老年医学会学術集会(2019年6月, 仙台市)
  • 池田義之,佐々木 健,桑波田 聡,今村正和,赤﨑雄一,大石 充.
  • 高血圧治療における患者の理解や患者―医師間の満足度は前期高齢者と後期高齢者で異なる特徴をもつ.
  • 窪薗琢郎,牧迫飛雄馬,赤﨑雄一,小島聡子,桑波田 聡,竹中俊宏,大石 充.
  • 高齢者における学歴と血管機能に関する研究.
  • 桑波田 聡,岩元千代子,立志公史郎,毛利翔悟,手塚綾乃,川畑孟子,山口直喜,安部 智,竹中俊宏, 大石 充.
  • 視力障害よりも聴力障害が生活機能を悪化させる:高齢者総合機能評価による検討.
  • 桑波田 聡,立志公史郎,毛利翔悟,手塚綾乃,安部 智,竹中俊宏,牧迫飛雄馬,叶内宏明,窪薗琢郎,大石 充.
  • エネルギー摂取過多高齢者の生活機能・生活習慣の特徴:垂水研究からの報告.
  • 赤﨑雄一,窪薗琢郎,池田義之,富岡一俊,桑波田 聡,竹中俊宏,牧迫飛雄馬,大石 充.
  • 血圧・血圧変動とサルコペニア・軽度認知機能障害の関係:垂水研究.
  • 神田大輔,池田義之,荒田憲一,今釜逸美,薗田剛嗣,小瀬戸一平,吉野聡史,内匠拓朗,富村奈津子,大石 充.
  • 冠動脈疾患合併の高齢重症虚血趾(CLI)患者における2年間の心血管イベント死に対するリスク因子の検討.
  • 徳重明央,池田義之,植田真一郎,大石 充.
  • 高齢透析患者における短期心血管予後予測指標としてのGNRIの有用性の検討.
  • 内門義博,池田義之,佐々木雄一,赤﨑雄一,大石 充.
  • 生活習慣病による血管老化にAngiotensin2 Type1受容体を介したmitochondrial fissionは重要な役割を果たす.
  • 牧迫飛雄馬,窪薗琢郎,中井雄貴,富岡一俊,谷口善昭,木山良二,田平隆行,大石 充.
  • 基本チェックリスト下位項目によるサルコペニアの一次スクリーニングの可能性.
  • 竹下康文,木山良二,牧迫飛雄馬,宮﨑宣丞,川田将之,中井雄貴,東 直人,窪薗琢郎,竹中俊宏,大石 充.
  • 地域在住高齢女性の歩行中の体幹加速度と外出機会の関連.
  • 宮﨑宣丞,木山良二,牧迫飛雄馬,川田将之,竹下康文,林 浩之,米 和徳,窪薗琢郎,竹中俊宏,大石 充.
  • 地域在住高齢者におけるサルコペニアと歩行パラメーターの関連.
  • 谷口善昭,牧迫飛雄馬,富岡一俊,中井雄貴,窪薗琢郎,大石 充.
  • 地域在住高齢女性における骨粗鬆症と身体・認知・社会的フレイルとの関係.
  • 中井雄貴,牧迫飛雄馬,木山良二,富岡一俊,谷口善昭,窪薗琢郎,大石 充.
  • 地域在住高齢者における慢性疼痛と身体的フレイルとの関連.
  • 第19回 日本NO学会学術集会(2019年6月, 久留米市)
  • 大石 充.
  • ディベートセッション2. ディスカッサント.
    NOと言えない医療人,NOと言われる医療人:心不全緩和ケア編.
  • 第4回 日本肺高血圧・肺循環器学会学術集会(2019年6月, 浜松市)
  • 窪田佳代子.
  • イブニングセミナー.
    肺高血圧症治療の現状とこれから:当科における診療連携の実際.
  • 岩谷徳子,宮永 直,窪田佳代子,大石 充.
  • CTEPHの治療経過中にCVポートの血栓形成を認めた2症例.
  • 中尾周平,宮永 直,岩谷徳子,窪田佳代子.
  • 肺移植後に身体活動の長期変化を観察した肺高血圧症患者の1例.
  • 第51回 日本動脈硬化学会総会・学術集会(2019年7月, 京都)
  • 大石 充.
  • シンポジウム17.
    糖尿病・メタボリックシンドローム合併高血圧の至適治療療法とは?
  • 池田義之,大石 充.
  • シンポジウム11.
    高齢者における心血管リスク:フレイル,サルコペニアは新たなリスクか? 低栄養は心血管疾患の重要なリスク因子である.
  • 赤﨑雄一,窪薗琢郎,池田義之,大石 充.
  • CAVI上昇は,血圧変動の独立した危険因子である:超高齢者社会を迎えた鹿児島県垂水市における健康調査の結果から.
  • 内門義博,池田義之,佐々木雄一,赤﨑雄一,大石 充.
  • ox-LDLやAGEによる血管老化にAngiotensinII type1受容体を介したmitochondrial fissionは重要な役割を果たす.
  • 第25回 日本心臓リハビリテーション学術集会(2019年7月, 大阪)
  • 池田義之,神田大輔,今釜逸美,荒田憲一,小瀬戸一平,薗田剛嗣,吉野聡史,富村奈津子,井本 浩,大石 充.
  • 鹿児島における閉塞性動脈硬化症に対するチーム医療の取り組み.
  • 小島聡子,窪薗琢郎,川添 晋,大石 充.
  • VE/VCO2 slopeは脈派伝播速度の独立した因子である.
  • 前之園隆一,窪薗琢郎,小島聡子,永吉海斗,中川由美子,樋渡千愛,吉國ひかる,松井宏樹,内野素野子,岡山英樹,福留康夫,波野史典,中村幸美,大園七瀬,湯之上真吾,野口慶久,北村尚子, 政元いずみ,大石 充,橋口照人.
  • 高度僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術により心肺運動負荷試験中の周期性呼吸変動が改善した1症例.
  • 宮﨑晋宏,宮田昌明,緒方敦子,渡辺貴司,上濱裕樹,内野琢也,西 啓佑,下津舞美.
  • 若年で重症心筋梗塞後に心不全と肺塞栓症を発症し,心肺機能の著しい低下により心リハに難渋した1症例.
  • 渡辺貴司,濱崎秀一,宮田昌明,緒方敦子,宮﨑晋宏,上濱裕樹,内野琢也,西 啓介,下津舞美.
  • 健常者におけるヨガの自律神経機能への効果検討.
  • 第66回 日本不整脈心電学会学術集会(2019年7月, 横浜市)
  • Oketani N.
  • Symposium. Complex fractionated atrial elecatrogram guided ablation: further learning more refined targets in AF ablation・historical perspective of complex fractionated atrial elecatrogram guided ablation.
  • Fukuyado M, Oketani N, Yoshimoto I, Miyata M, OhishiM.
  • Atrioventricular nodal ablation combined with leadless pacemaker.
  • Tagata K, Iriki Y, Ichiki H, Okui H, Hamamoto H, Horizoe Y, Nagatomi S, Matsumoto K, Namino F, Maenosono R, Ohishi M.
  • The tearing of the fossa ovalis floor in the chronicity period after repeated catheter ablation of atrial fibrillation.
  • Okada M, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Onishi T, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Inoue H, Kitagaki R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K.
  • Post-procedural plasma brain natriuretic peptide level predicts the recurrence after catheter ablation for persistent atrial fibrillation in patients with reduced ejection fraction.
  • Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Kitagaki R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K.
  • Baseline predictors for recovery in left atrial function after catheter ablation for non-paroxysmal atrial fibrillation.
  • Kitagaki R, Inoue K, Tanaka N, Tanaka K, Ninomiya Y, Onishi T, Oka T, Hirao Y, Okada M, Inoue H, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K.
  • Predictors of spontaneous echocardiography contrast in atrial fibrillation patients before catheter ablation.
  • Tanaka N, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Onishi T, Hirao Y, Oka T, Okada M, Inoue H, Kitagaki R, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K.
  • Automated ablation annotation algorithm improves learning curve for pulmonary vein isolation.
  • Ninomiya Y, Inoue K, Tanaka K, Onishi T, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Takayasu K, Kitagaki R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K.
  • First-pass isolation is associated with durability of pulmonary vein isolation and has impact on atrial fibrillation ablation outcomes.
  • Tokyo Percutaneous cardiovascular Intervention Conferenc(e TOPIC)2019(2019年7月, 東京)
  • 髙岡順一郎.
  • 下肢の力,可視の力,Trinias.
  • 第67回 日本心臓病学会学術集会(2019年9月, 名古屋)
  • 大石 充.
  • JCCケースカンファレンス ミニレクチャー.
    カテーテルでの高血圧診療(内科医によるAVS).
  • 桶谷直也,吉元一成,福宿 愛,鎌田梨沙,野元裕太朗,大牟禮健太,今村春一,茶圓秀人,小川正一,宮田昌明.
  • 房室接合部アブレーションとリードレスペースメーカー移植術の同時治療を行った2症例.
  • 窪薗琢郎,大石 充.
  • 会長特別企画【全身を診る・心臓をみる】7. 高齢心不全患者のトータルマネージメント.
    高齢心不全患者にチームで挑む:多職種介入の重要性.
  • 窪薗琢郎,小島聡子,川畑孟子,川添 晋,大石 充.
  • 頸動脈内膜中膜複合体肥厚に関連するリスク因子の年齢別検討.
  • 川添 晋,窪薗琢郎,小島聡子,川畑孟子,宮原広典,前之原茂穂,大石 充.
  • 低尿酸血症の分布,及び尿酸値と他の心血管リスク因子との関連性についての検討.
  • 神田大輔,池田義之,有川 亮,小瀬戸一平,大石 充.
  • 冠動脈疾患合併の高齢重症虚血趾(CLI)患者における2年間の心血管イベント死に対するリスク因子の検討.
  • 神田大輔,池田義之,有川 亮,小瀬戸一平,大石 充.
  • 重症虚血趾を合併した冠動脈疾患患者における栄養状態が予後に及ぼす影響.
  • 徳重明央,小瀬戸一平,神田大輔,嘉川亜希子,寺口記代,今村正和,白石幸三,池田大輔,池田義之,大石 充.
  • 透析患者におけるスタチンの短期心血管イベントに対する有用性の検討.
  • 宮永 直,岩谷徳子,窪田佳代子,大石 充.
  • Treat and Repairを行った肺高血圧症合併心房中隔欠損症の2例.
  • 川畑孟子,小島聡子,川添 晋,窪薗琢郎,大石 充.
  • 末梢血で好酸球上昇を認めなかった劇症型好酸球性心筋症の一例.
  • 濱元裕喜,入來泰久,市來仁志,湯淺敏典,大石 充.
  • カテーテルアブレーション治療による心房中隔穿孔を生じた1例.
  • 毛利翔悟,桑波田 聡,川畑孟子,立志公史郎,手塚綾乃,安部 智,髙﨑州亜,金城玉洋,竹中俊宏,大石 充.
  • 突然の溶血性貧血を来した置換弁性感染性心内膜炎の一例.
  • 内門義博,池田義之,佐々木雄一,赤﨑雄一,大石 充.
  • ox-LDLによる血管老化にAngiotensinⅡTypeⅠ受容体を介したmitochondrial fissionは重要な役割を果たす.
  • 赤尾光優,牛飼純平,徳武大輔,上坊翔太,下野洋和,亀甲真弘,大石 充.
  • 直腸癌に合併した右室内腫瘍の一例.
  • 牛飼純平,赤尾光優,徳武大輔,上坊翔太,下野洋和,亀甲真弘,大石 充.
  • 比較的稀な原因で下肢動脈閉塞を来した2症例.
  • 松本紀彰,吉村あきの,樋渡沙和子,肥後建樹郎,大石 充.
  • 初発から9年後に感染性心内膜炎を再発した大動脈四尖弁の一症例.
  • 横峯辰生,今村春一,田方健人,野元裕太朗,大牟禮健太,茶圓秀人,桶谷直也,小川正一,宮田昌明,大石 充.
  • 再発を繰り返したaortic intramural hematomaの1例.
  • 川浪 優,入來泰久,樋口公嗣,市來仁志,二宮雄一,湯淺敏典,大石 充.
  • 房室ブロックを契機に心ファブリー病を診断し植込型除細動器を必要とした2症例.
  • 和田華菜子,福永研吾,稲津真穂人,立志公史郎,平峯温子,楠元啓介,東 健作,髙﨑州亜,片岡哲郎,塗木徳人,薗田正浩,中島 均,大石 充.
  • Cancer-Associated Thrombosis(CAT)による多発性脳梗塞を合併した心タンポナーデの一例.
  • 第28回 日本心血管インターベンション治療学会(2019年9月, 名古屋)
  • Ogawa M, Oketani N, Chaen H, Imamura S, Ohmure K, Nomoto Y, Yokomine Y, Tagata T, Kawasoe M, Miyata M, Ohishi M.
  • Stent implantation for left main trunk after percutaneous extraction of permanent pacemaker lead accidentally implanted into the left main trunk.
  • Yoshino S, Ohmure K, Fukumoto D, Shimono H, Tabata H, Takumi T, Ohishi M.
  • A case of emergent interventional thrombectomy for acute renal infarction complicated by Takotsubo cardiomyopathy.
  • 楠元啓介,片岡哲郎,新地秀也,稲津真穂人,平峯温子,福永研吾,髙﨑州亜,中島 均.
  • 経カテーテル的大動脈弁置換術後の超急性期に髄膜脳炎と感染性心内膜炎を同時に発症した患者の剖検症例.
  • 尾辻秀章,榎園 圭,剣田昌伸,木原浩一.
  • グリグリ君による追加debulkingが奏功した繰り返し急性閉塞を来したCTOへのEVT.
  • Arimura T, Kajiya T, Takaoka J, Mukai R, Inoue T, Ninomiya T, Miyamura A, Atsuchi R, Atsuchi N, Ohishi M.
  • Calcified lesions are associated with functional myocardial ischemia in patients with resting physiological indices gray zone.
  • 北園和成,髙岡順一郎,向井麟太郎,有村俊博,二宮登志子,井上尊文,加治屋 崇,厚地伸彦,宮村明宏,厚地良彦.
  • 当院でEVTを施行した血液透析患者の予後(2011年から2017年まで109名の検討).
  • 二宮登志子,髙岡順一郎,宮村明宏,厚地伸彦,北園和成,加治屋 崇,井上尊文,有村俊博,向井麟太郎,厚地良彦,大石 充.
  • 当院におけるBiofreedom stentの初期成績.
  • 第26回 日本排尿機能学会(2019年9月, 東京)
  • 大石 充.
  • シンポジウム2. 循環器疾患と夜間頻尿・多尿.
  • 第28回 日本がん転移学会学術集会・総会(2019年9月, 鹿児島)
  • 窪薗琢郎.
  • ランチョンセミナー.
    がん患者におけるVTEマネジメント.
  • 第2回 日本腫瘍循環器学会学術集会(2019年9月, 旭川)
  • 鎌田梨沙,大星真貴子,岡 亨,塩山 渉,安居 琢,西川達哉,國 政啓,熊谷 融,藤田雅史.
  • 非小細胞肺がん症例におけるオシメルチニブ(タグリッソ TM)投与と心機能障害に関する検討.
  • 第42回 日本高血圧学会総会(2019年10月, 東京)
  • 大石 充.
  • シンポジウム1. 人生100年時代に向けた生活習慣の取り組み:子供から高齢者まで.
    高血圧ゼロの街 枕崎.
  • 大石 充.
  • 禁煙委員会セッション.
    SOFT projectの概説.
  • 安田 修,安田久代,大石 充.
  • アスリートを対象とした腎機能マーカーと筋肉量の解析.
  • 赤﨑雄一,池田義之,佐々木 健,桑波田 聡,今村正和,大石 充.
  • 高血圧治療における患者の理解や患者-医師間の満足度は前期高齢者と後期高齢者で異なる.
  • Alliance for Revolution and Interventional Cardiology Advancement (ARIA)2019(2019年11月, 福岡)
  • 吉野聡史.
  • OCT塾. OCTから読み解くステント再狭窄(ISR)病変.
    New Software OCT.
  • 東京HOCMフォーラム2019 in 浜松(2019年11月, 浜松)
  • 樋口公嗣.
  • HCMと鑑別すべきファブリー病.
  • カテーテルアブレーション関連秋季大会(2019年11月, 石川)
  • 鎌田博之,宮本康二,野田 崇,鈴木啓資,利根川玲奈,横山靖浩,若宮輝宜,佐藤泰貴,島本恵子,上田暢彦,中島健三郎,片岡直也,鎌倉 令,和田暢,山形研一郎,石橋耕平,井上優子,永瀬 聡,相庭武司,草野研吾.
  • 多点電極カテーテルでの心外膜マッピング下アブレーション(RF ablation during Pentaray map) が有用であった心室頻拍の1例.
  • 第23回 日本心血管内分泌代謝学会学術集会(2019年12月, 神戸)
  • 佐々木雄一,池田義之,内門義博,赤﨑雄一,大石 充.
  • エストロゲンはSirt1/LKB1/AMPK軸活性化によるRab9依存性マイトファジーを介して血管老化を抑制する.
  • 梅橋功征,山本将義,首藤丘宇,竹ノ下葉子,時任紀明,城ヶ崎倫久.
  • Simvastatin は血管内皮細胞にてInterleukin-33により誘導されたMonocyte Chemoattractant Protein-1を抑制する.
  • 第27回 日本血管生物医学会学術集会(2019年12月, 神戸)
  • 内門義博,池田義之,佐々木雄一,赤﨑雄一,大石 充.
  • ox-LDLやAGEはAngiotensinⅡTypeⅠreceptor signalによるmitochondrial fissionを介して血管老化を来す.
  • 昨年度追加分
  • Alliance for Revolution and Interventional Cardiology Advancement 2018(ARIA2018)(2018年11月, 福岡)
  • 片岡哲郎.
  • PCIライブ8.
    今年はとことん僧帽弁 part1 ストクラ九州 meets ARIA.
  • 加治屋 崇.
  • 丹誠込めて,分岐部を.
    RFR:Resting indicesの可能性.
    Clinical use of PCSK9 inhibitors in ACS.