鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

診療について

患者様へ:当科が専門的に行っている疾患・治療

患者様様向け

成人先天性心疾患(ACHD: Adult Congenital Heart Disease)

先天性心疾患とは生誕時の心臓に異常がみられるもので、症状のでにくい軽い異常から、早期に手術が必要な重い異常まで様々な疾患があります。近年の外科手術・内科治療の成績が良くなり成人期をむかえる先天性心疾患患者が急増しています。本邦では成人先天性心疾患患者数が2007年に40万人をこえて、その後も年間9000人のペースで増加しています。当科では2013年7月より成人先天性心疾患専門外来を設立し、鹿児島県内外医療機関の小児科・内科より多数の成人先天性心疾患患者の紹介を受け、小児科から成人心臓血管内科への診療移行、包括的診療体制の確立に取り組んでいます。

成人先天性心疾患では、小児科で順調に経過した先天性心疾患患者も、成人期に入り新たに様々な問題を引き起こします(心不全、弁膜症、低心拍出、難治性不整脈、チアノーゼ、肝硬変、蛋白漏出性胃腸症、血栓塞栓症など)。このような成人先天性心疾患患者が生きていく上で、成人期におこってくる様々な点に対処すべく、大学病院が中心になり地域医師の方々と連携体制を構築できればと考えています。