鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

寄附講座のご案内

寄附講座のご案内

心血管病予防分析学講座

2020年 心血管病予防分析学講座のあゆみ

大石 充,川添 晋,徳重明央

社会医療法人義順顕彰会の御寄附により平成31年4月に発足した心血管病予防分析学講座も今年で2年目を迎えました。種子島を舞台として先制医療の確立と健康寿命の延伸を目指した疫学研究「健康アイランド種子島」を遂行するための講座です。健康診断を毎年受診することにより,疾患の早期発見・早期治療を行う「先制医療」を実現し,これらを通して健康リテラシーの確立と健康寿命の延伸を達成することを目的としています。全島民が健診を受診できる・したくなる環境を整備し,健診の結果を分かりやすい形でフィードバックします。健診データベースを構築・解析して保健指導や医療活動に役立てられるようにし,産学連携を促進させて,近未来的な健診の形の模索・実現を目指します。

健診の重要性の啓蒙のため,令和元年10月には第一回の市民公開講座「健康アイランド種子島~元気で長生きのために自分自身を知ろう!」を西之表市民会会館にて開催しました。大石教授の講演に続いて,八板市長も交えてパネルディスカッションを行い,種子島の特産品を使った健康弁当の配布や高性能の血圧計が当たるお楽しみ抽選会なども開催され,大盛況のうちに終了しました。西之表市健康フェア,第二回市民公開講座と続く予定だったのですが,コロナ禍で中断を余儀なくされています。反響が非常に大きかっただけに残念でしたが,来年度こそは再開できることを願っております。

種子島医療センターには,私と徳重先生で研究の情報収集のために頻繁にお伺いしています。医療者の知識・意識,医療設備ともにハイレベルで,「島民の健康を自分たちが守っていく」という気迫を感じます。自治体のご協力も不可欠ですが,首長さんや健康担当課の方々も非常に健康意識が高く,強力な支援を頂いています。

種子島は健診受診率が低く,メタボ率も県平均よりもずいぶん高い状況です。種子島医療センターの先生方,自治体とタッグを組みながら,新しい健康リテラシーを構築し,これらの成果を日本全国,世界に発信していきたいと思います。

種子島研究の遂行が主ですが,その他にも積極的に研究活動を行っています。徳重先生は琉球大学で3年間 RCT や臨床疫学および臨床研究の研鑽を積み,高度な統計的知識を習得しています。統計のワークショップも精力的に開催し,多くの医局員から頼りにされています。統計でお困りのことがあればいつでもお声かけ下さい。他,学外の専門家と共同で,データベースの AI(ディープラーニング)解析も行っていますので,興味がおありの方はお声かけ下さい。

文責:川添 晋