鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

診療について

医療関係者様へ

病診連携の会「循環器カンファレンス」

第5回桜ヶ丘循環器カンファレンス

開催概要

日時:平成31年4月20日(土) 16:00~18:20
会場:鹿児島県医師会館 4階「大ホール」

講演
第一部 一般講演
神田大輔 当院におけるTAVIの現状
市來仁志 発作性心房細動に対するクライオアブレーション:coolに治したhotな結果
窪薗琢郎 心不全と緩和
第二部 特別講演
大石 充 高血圧診療ガイドライン改訂元年 早期発見とリスクファクター管理

病診連携の会「循環器カンファレンス」

鹿児島大学病院心臓血管内科が鹿児島循環器医療におきまして、最良・最先端の医療を提供する場でありたいと願い、日々努力することが我々の使命だと思っています。また、実地医家の先生方や地域中核病院の最後の砦として機能するためには、「24時間・365日受け入れ体制」を確保すると共に、当科で行っている循環器医療を広く知っていただくことが必要であると考えています。

このような観点から、実地医家の先生方と「顔の見える関係」を構築して、病診連携を円滑に、そして活発に行うために年一度の「桜ヶ丘循環器カンファレンス」という企画を立ち上げさせていただいております。当科には、虚血性心疾患、不整脈、心エコー(弁膜症)、心不全、肺高血圧、高血圧・動脈硬化、心筋症の7つの診療グループがあります。今回、虚血性心疾患、不整脈、心不全の3つの診療グループからの一般講演、大石教授からの特別講演を通じて、ご参加いただきました諸先生方との間での交流を深めさせていただき、カンファレンスは大盛況に終わりました。

今後も年1度の頻度で「桜ヶ丘循環器カンファレンス」を企画させていただく予定です。次回の第6回は、令和2年7月4日(土)鹿児島県医師会館にて、開催を予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。

平成31年4月20日 第5回 桜ケ丘循環器カンファレンス

バックナンバー