鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

研究について

臨床研究:研究グループ

高血圧・動脈硬化グループ

メンバー紹介

左から池田義之、佐々木雄一、内門義博、迫田隆、赤﨑雄一

高血圧・動脈硬化グループは高血圧・動脈硬化グループは池田義之、赤﨑雄一、佐々木雄一、内門義博、迫田 隆で構成されております。

平成24年の厚生労働省の人口動態統計によると、鹿児島県の各疾患における人口10万人あたりの死亡率は、心疾患14位、脳血管疾患7位、大動脈瘤・大動脈解離1位、腎不全3位、糖尿病7位と、高血圧・動脈硬化関連疾患は、軒並み全国平均より悪い結果になってしまいました。原因は様々あると思われますが、これらの疾患予防のコントロールが不良であることは明白です。

これらの事実を病診連携の会を始め、多くの先生に認知していただくことで、当グループへ治療抵抗性高血圧患者様を中心に御紹介頂き、診療・教育・研究の充実を図っております。今後も、鹿児島における高血圧・動脈硬化疾患関連死を減少させるために努力していきたいと思っております。

病診連携における当グループの役割として、難治性高血圧症例の血圧コントロールをつけることを第一に考えております。難治性高血圧外来を開設しておりますので、通常の内服薬で血圧コントロールが難しい患者様を御紹介下さい。紹介していただいた症例につきましては、原因精査の上、血圧コントロールをした後、逆紹介させて頂いております。

二次性高血圧のルールアウトについて

二次性高血圧については、以下のように様々な原因があります。

当科では、これらの二次性高血圧のルールアウトを行っておりますが、頻度の高い疾患について説明させていただきます。

高血圧・動脈硬化疾患患者様に対して、血管機能検査などの様々な検査を行うことで臓器合併症などの病態把握を行う短期間入院を用意しております。

今後、病診連携や患者教育、我々の診療力を磨くことで、鹿児島における心血管関連疾患の予防や治療の向上に貢献していけたらと考えております。現在、難治性高血圧・動脈硬化外来を開設いたしております。二次性高血圧のルールアウトのみならず、血圧コントロールの難しい患者様がいらっしゃいましたら、ご紹介よろしくお願いいたします。