鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

講座について

医局体制:スタッフ紹介

池田 いけだ 義之 よしゆき

池田 義之

職歴および研究歴

1996年3月 鹿児島大学卒業
1996年4月 鹿児島大学病院 第一内科研修医
1997年5月 鹿児島市立病院 循環器科・脳神経外科研修医
1998年2月 阿久根市民病院 循環器内科
1999年4月 鹿児島大学大学院
2001年6月 学位取得、大学院卒業
2001年6月 藤元上町病院 内科
2002年7月 鹿児島大学病院 第一内科医員
2002年10月 鹿児島市医師会病院 循環器内科医長
2004年4月 鹿児島大学病院 心臓血管内科医員
2006年8月 藤後病院 内科
2008年11月 鹿児島大学病院 心臓血管内科医員
2009年2月 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 循環器・呼吸器・代謝内科学 特任助教
2012年4月 Rutgers University New Jersey Medical School, Sadoshima lab. Post-doc fellow (米国)
2014年4月 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学 特任助教
2015年3月 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学 特任講師
2017年4月 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学 講師

研究内容

  • オートファジーやミトコンドリアダイナミクスと心臓血管系の老化・心不全・動脈硬化・高血圧に関する研究
  • 閉経に伴う心臓血管系の老化・動脈硬化進展の機序の解明および治療法の確立
  • レニン・アンギオテンシン・アルドステロン系と心臓血管系の老化・動脈硬化に関する研究
  • 高齢者高血圧患者に対する降圧治療に関する臨床研究
  • フレイル・サルコペニアに関する基礎および臨床研究

所属学会

日本内科学会
日本循環器学会
日本心臓病学会
日本高血圧学会
日本老年医学会 代議員
日本動脈硬化学会 評議員 ガイドライン作成委員 生活習慣・肥満部会委員
日本抗加齢医学会 脳心血管抗加齢研究会評議員
日本心臓リハビリテーション学会

受賞

2006年 Circulation Journal Award 1st Prize
2012年 International Rotary Foundation Ambassadorial Scholar
2013年 The Best of American Heart Association (AHA) Specialty Conferences (Top-scoring Abstract of AHA Basic Cardiovascular Science)
2014年 一般財団法人 地域医学研究基金 第9回高血圧と冠動脈疾患研究会 最優秀賞
2015年 第15回日本抗加齢医学会総会 優秀演題賞
2016年 第16回日本抗加齢医学会総会 最優秀演題賞
2016年 The 26th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension Travel Grant

競争的獲得研究費(代表研究)

【日本学術振興会科学研究助成】

2014-15年 研究活動スタート支援:263万円
2016-18年 基盤研究C:320万円
2019-22年 基盤研究C:351万円

【学会・研究会 研究助成】

2013-14年 American Heart Association (AHA) Founders Affiliate:106000ドル(約1,180万円)
2015年 一般財団法人 地域医学研究基金 第9回高血圧と冠動脈疾患研究助成:100万円
2016年 一般社団法人 日本老年医学会 第1回 老化および老年医学研究助成:100万円

【その他の研究助成】

2014年 バイエル薬品研究助成:50万円
2015年 バイエル薬品研究助成:50万円
2016年 ノバルティスファーマ研究助成:50万円
2019年 ノバルティスファーマ研究助成:50万円

資格

日本内科学会 総合内科専門医 指導医
日本循環器学会 専門医
日本抗加齢医学会 専門医
日本心臓リハビリテーション学会 指導士

コメント

臨床では主に動脈硬化を専門にしており、末梢血管疾患専門外来にて閉塞性動脈硬化症(ASO/PAD)・重症虚血肢(CLI)の診療を行っています。鹿児島県は人口10万対人工透析患者数が全国でも上位に位置しており、その合併症であるPAD・CLI症例も決して少なくありません。PAD/CLIは肢の予後のみならず生命予後も不要であり、その要因として他の心・脳・末梢血管疾患が効率にすることが知られていることから、PAD・CLI症例を診療する際は血管疾患合併の有無に関する全身検索を心がけています。また、動脈硬化症の原因である脂質異常症に関する診療も行っていますが、最近では家族性高コレステロール血症疑いの患者様に関するコンサルトが増えてきています。

その他、心臓血管系の老化やその制御に関する基礎研究や、高齢者医療、特に高齢者における高血圧治療やフレイル(虚弱)に関する臨床研究に従事しています。老化を制御する(抗加齢医学)ことは、予防医学の観点から重要なテーマであると考えています。