鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

教育について

学部生の方へ

医局旅行記

バックナンバー(2014年)

医局旅行記:(2014年 人吉)

25年ぶりに開催された医局旅行に行ってまいりました。といっても私も入局して20年目ぐらいですので、実際に行ったことのある参加者は、宮田先生と、藤元総合病院から参加して下さった木原先生だけです。なにせ初めての医局旅行とあって、事故なく・トラブルなく終わるか心配しましたが、杞憂に終わり、みんなで楽しんで来ることができました。この旅行の最大の立役者は率先してお留守番をしてくださった先生方でまずは感謝申し上げます。その上で、髙﨑先生が他の医局長業務をしていたのだろうかと疑いたくなるような完璧な準備で、行きのバスからテンションマックスでした。大学出発組は中央駅で大石先生たちが合流する前から飲み始め、合流後は髙﨑先生が写真1のようにバスガイドとして人吉の案内や、クイズを出したり、アナ雪の歌をアカペラで歌ったりと手作り感満載でみんなを楽しませてくれました。

来年の医局長にはプレッシャーでしょうし、この才能を生かさないのはもったいないので、来年は医局旅行担当係への就任が妥当でしょうか。

人吉まであっという間で、まずは小林由布子先生のご実家の小林脳神経外科に訪問いたしました。

立派な病院で小林先生そっくりのお母様の肩に手をまわしている不謹慎な医局長は、遠方ではありますが、今後の人材派遣を含めた連携を模索しているようです。

その後、小林脳神経外科から程近い、あゆの里に到着しました。球磨川が見られる露天ぶろ付きの温泉を満喫したあとは、宴会です。

各人の挨拶やビンゴゲームで盛り上がり、時間が押しているにもかかわらず、しゃべり続けた髙﨑先生から大石先生がマイクを奪って1次会はお開きでした。その後大石先生の部屋での飲み会が開催され、3時ごろまで飲んでいた“らしい”です。大石先生は研修医との飲み会、つくばでの講演後の飲み会、奄美での講演後の飲み会の後だったはずで、このタフさには驚かされます。大石先生の部屋での飲み会のため、ごみの後始末を大石先生、運悪くくじ引きでその部屋の宿泊者となった宮永先生・上坊先生にさせることとなり申し訳ありませんでした。来年は大石先生の部屋ではない広い部屋での開催にしたいのですが、絶対にその部屋のくじだけは引きたくないと思いました。寝ているのを無理やり起こす人もいたようですし…

と、あっという間の2日間でしたが無事終わって、みなさまに感謝です。来年も特に若い先生方が普段にもまして大石先生と交流できるような会が継続できればと思いました。