鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

教育について

学部生の方へ

医局旅行記

バックナンバー(2018年)

医局旅行記:(2018年 霧島)

10月6日, 7日に恒例の医局旅行が開催されました。今年のバスは後ろ半分がコの字型の座席配置, 真ん中にテーブルというリムジンを思い起こさせる環境で, お酒の進むこと進むこと。クオラ病院より頂いたドン・ペリニヨンも一瞬で胃の中に収まり, 偏差値が大きく低下した我々によるバス内クイズ大会では小学6年生に失笑されること複数回, とても楽しい車内でした。ほろ酔いでぶどう狩りを終え, 宿泊先の霧島ホテルへ。有名な硫黄谷温泉を堪能した後, 宴会スタートです。鹿児島の美味しい食材を使用したお料理に舌鼓を打ち, 焼酎は森伊蔵, 日本酒は黒龍, 久保田萬寿, ハイボールはマッカラン12年, ワインはシャブリ…素晴らしいお酒に囲まれ宴も酣となり, カラオケが始まりました。新入局員による出落ち感の強い“U.S.A.”で場を暖め, 大石先生, 堀添先生の娘さんたちによるデュエットに癒やされ, 濱元先生, 稲津先生による“硝子の少年”ではウィスパーもとい伸びやかな歌声に大盛り上がりでした。場所を変え, 美しい杉の木の庭園を望む二次会場へ移ります… (ここで記憶が途絶える)。

…目を覚ませば朝の出発時刻でした。霧島神宮で身を清め, お昼にはあの“みやま本舗”本店で美味しい地鶏料理を楽しんだようです (私はひとりバス内で死んだようです) 。帰りの車内ではさすがに皆さん少しお疲れのようでしたが, 無事に帰り着き解散となりました。日頃の病棟での緊張感から離れ, リラックスしたひとときを過ごすことができた医局旅行でした。振り返るならば, この一言でしょう。“酒は飲めども飲まれるな”…はい, 本当に反省しております。

(文責:牛飼純平)