大会長講演(鼎談)

ユビキタス時代の医療ICTへの挑戦
−医療保健チームの広がりと新たな機能分化−

11月24日(土) 13:40-15:10 A会場

3-A-3 坂本 すが(東京医療保健大学副学長)
  飯野 奈津子(NHK解説主幹)
  宇都 由美子(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)

学会長講演

これからの医療に対応する医療情報学とは
-医療における情報の再考-

11月24日(土)11:10-12:10 A会場

3-A-2 これからの医療に対応する医療情報学とは -医療における情報の再考-
大江 和彦(東京大学)

特別講演

医師の働き方改革検討会の現況
-タスク・シフティング(業務の移管)の重要性-

11月23日(金)13:10-14:10 A会場

座長 熊本 一朗(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)
2-A-2 医師の働き方改革検討会の現況-タスク・シフティング(業務の移管)の重要性-
岡留 健一郎(一般社団法人日本病院会 副会長、済生会福岡医療福祉センター 総長、済生会福岡総合病院 名誉院長)

教育講演

社会医学系専門医協会:社会医学系専門医講習

11月23日(金)14:20-15:50 I会場

オーガナイザー 澤 智博(企画調整委員会)
座長 今中 雄一(協会理事)
澤 智博(企画調整委員会)
2-I-2-1 社会医学系専門医制度の現状と展望
今中 雄一(協会理事)
2-I-2-2 社会医学系医療情報学専門医と上級医療情報技師との立ち位置の違い
中川 肇(プログラム認定委員会)
2-I-2-3 社会医学系医療情報学専門医に求められるコンピテンシー
大原 信(専門医認定委員会)
2-I-2-4 医療情報学専門医制度:海外の動向
澤 智博(企画調整委員会)

学会企画シンポジウム

医療情報の国際標準化の状況と動向

11月23日(金) 15:30-17:30 A会場

オーガナイザー 大江 和彦(医療情報学会長:東京大学)
座長 松村 泰志(大阪大学)
岡田 美保子(医療データ活用基盤整備機構)
2-A-4-1 ISO/TC215(保健医療情報の標準化)が目指すもの
豊田 建(ISO TC215 国内対策委員会)
2-A-4-2 ISO/TC215 WG1「アーキテクチャ、フレームワークおよびモデル」の動向
岡田 美保子(医療データ活用基盤整備機構)
2-A-4-3 ISO/TC215 WG2--Systems and Device Interoperability-
松元 恒一郎(日本光電工業)
2-A-4-4 ISO IDMP (Identification of Medicinal Products) と医薬品コード標準化の動向
佐井 君江(国立医薬品食品衛生研究所)
2-A-4-5 WHO-ICHI医療処置手術コード標準化の動向と外保連手術コードSTEM7との比較
川瀬 弘一(外科系学会社会保険委員会連合)

大会企画1

電子カルテを臨床研究に利用する場合の課題

11月23日(金)10:15-11:45 A会場

オーガナイザー 松村 泰志(大阪大学大学院医学系研究科 医療情報学)
座長 松村 泰志(大阪大学大学院医学系研究科 医療情報学)
石田 博(山口大学医学部附属病院 医療情報部)
2-A-1-1 構造化入力によるNCD症例登録支援システムの構築と現状
猪飼 宏(山口大学医学部附属病院 医療情報部)
2-A-1-2 多施設からの臨床検査値・処方データの電子症例報告書への取り込み
松村 泰志(大阪大学大学院医学系研究科 医療情報学)
2-A-1-3 EDCへの電子カルテからのデータ取り込みの標準化に係わる取り組み
木村 映善(国立保健医療科学院)
2-A-1-4 電子カルテデータを臨床研究に利用する場合の信頼性保証のためのComputerized system validationの方法
谷川 雅俊(香川大学医学部附属病院 医療情報部)

大会企画2

AMED理事長講演

11月23日(金)14:20-15:20 A会場

座長 大江 和彦(東京大学・日本医療情報学会長)
2-A-3 AMEDのミッション:グローバルデータシェアリング
末松 誠(日本医療研究開発機構)

大会企画3

ICTを活用した新しい医療提供の時代に
− 医療情報技師の活躍への期待

11月23日(金)16:00-18:00 F会場

オーガナイザー 玉川 裕夫(医療情報技師会)
座長 仲野 俊成(医療情報学会医療情報技師育成部会:関西医科大学)
伊藤 弘人(日本医療・病院管理学会・学術情報委員会:労働安全衛生総合研究所過労死等調査研究センター長)
2-F-3-1 医療情報技師に期待すること−医育機関の医療情報部教授/部長の立場から−
中川 肇(富山大学附属病院医療情報部)
2-F-3-2 近未来の地域統合型医療情報システムに求められる医療情報技師の専門性(試論)
伊藤 弘人(労働安全衛生総合研究所過労死等調査研究センター)
2-F-3-3 遠隔医療・オンライン診療の実装に際する医療情報技師の役割
吉村 健佑(千葉大学医学部附属病院 病院経営管理学研究センター)
2-F-3-4 あたらしい医療インフラとなるオンライン診療に求められる医療情報技師の専門性
園田 愛(株式会社インテグリティ・ヘルスケア)
2-F-3-5 新時代の医療情報人材に求められる“システム思考”の力
藤本 智裕(池田市役所・市民生活部 にぎわい戦略室)

大会企画4

生産性と患者満足・仕事満足を高める患者記録のあり方
〜特にチーム医療における看護記録(看護者による情報提供)のあり方〜

11月24日(土)9:00-11:00 A会場

座長 石垣 恭子(兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科)
宇都 由美子(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)
3-A-1-1 多職種連携のための記録に利用される用語のあり方
前田 直美(一般財団法人医療情報システム開発センター)
3-A-1-2 システムレベルアップを契機とした診療記録の一部としての看護記録の標準化へ
の挑戦
伊藤 明美(独立行政法人神戸市立医療センター中央市民病院)
3-A-1-3 地域包括ケアに向けた多職種連携におけるヘルスケアサービス共通用語の検討
高見 美樹(兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科)
3-A-1-4 多職種多施設連携のための標準ケアセット「Health Care books(HC books)」
村岡 修子(一般社団法人日本看護業務研究会)
3-A-1-5 看護の皮をむいていったら、一体何が残る
宇都 由美子(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科医療システム情報学)

大会企画5

診療データ活用における医薬品識別の課題
− 国内外の動向と今後の方策

11月24日(土)15:20-17:20 G会場

オーガナイザー 岡田 美保子(一般社団法人医療データ活用基盤整備機構)
座長 佐井 君江(国立医薬品食品衛生研究所)
小出 大介(東京大学)
3-G-2-1 診療データ活用における医薬品識別の課題 -本セッションの全体概要と国内の状況
岡田 美保子(一般社団法人医療データ活用基盤整備機構)
3-G-2-2 臨床研究を担うアカデミアの観点からの医薬品コードの実際と課題
小出 大介(東京大学)
3-G-2-3 規制当局における薬剤コードの利用状況
山口 幸恵(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)
3-G-2-4 製薬企業における薬剤コードの状況・課題
井上 学(日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 電子化情報部会)
3-G-2-5 ISO IDMP(Identification of Medicinal Product)国際規格の実装に向けた国際動向ならびに国内導入における課題
佐井 君江(国立医薬品食品衛生研究所)

大会企画6

AMED成果発表会

11月25日(日)11:10-12:10 A会場

オーガナイザー 酒巻 哲夫(AMED臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課 プログラムスーパーバイザー)
座長 酒巻 哲夫(AMED臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課 プログラムスーパーバイザー)
高林 克日己(AMED臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課 プログラムオフィサー)
4-A-2-1 クラウド型広域調剤情報共有システムの構築と有効性・安全性の検証
前田 隆浩(長崎大学)
4-A-2-2 人工知能による総合診療診断支援システムの開発
永井 良三(自治医科大学)
4-A-2-3 医療ビッグデータ利活用を促進するクラウド基盤・AI画像解析に関する研究
合田 憲人(国立情報学研究所)

大会企画7

本格稼働したMID-NETの道のりと今後の展望

11月25日(日)10:40-12:10 B会場

オーガナイザー 中島 直樹(九州大学病院メディカル・インフォメーションセンター)
座長 中島 直樹(九州大学病院メディカル・インフォメーションセンター)
康 東天(九州大学病院検査部)
4-B-2-1 MID-NET本格稼働後の状況
長谷川 知章(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)
4-B-2-2 高度なデータ管理の運用手順
山下 貴範(九州大学病院メディカル・インフォメーションセンター)
4-B-2-3 協力医療機関内におけるオーソライズの課題
藤村 義明(徳洲会インフォメーションシステム株式会社)
4-B-2-4 協力医療機関の間の運用や考え方の違いの吸収
横井 英人(香川大学医学部附属病院医療情報部)
4-B-2-5 病院情報システムとMID-NETの連携
杉山 順一(富士通株式会社)

大会企画8

患者安全と医療製品の流通効率化のための院内・院外統合物流システムの実現
−メーカーから患者までを繋ぐGS1標準バーコードの活用−

11月25日(日)10:40-12:10 C会場

オーガナイザー 美代 賢吾(日本医療情報学会/GS1ヘルスケアジャパン協議会)
座長 落合 慈之(東京医療保健大学 GS1ヘルスケアジャパン協議会)
美代 賢吾(国立国際医療研究センター 日本医療情報学会)
4-C-2-1 GS1バーコードのヘルスケア分野での活用への期待
入江 奨(経済産業省ヘルスケア産業課)
4-C-2-2 医療においてトレーサビリティを確立することの重要性
落合 慈之(東京医療保健大学)
4-C-2-3 GS1標準バーコードを医療情報システムで活用するその前に〜 福井大学附属病院の事例から導入の鍵を探る 〜
笠松 眞吾(福井大学医学部)
4-C-2-4 院内・院外統合物流システムの構築
美代 賢吾(国立国際医療研究センター)

大会企画9

電子カルテExpo2018

11月25日(日)10:40-12:10,13:40-15:40 E会場

オーガナイザー 下川 忠弘(京都民医連中央病院 医療情報部)
真鍋 史朗(大阪大学医学部附属病院 医療情報部)
座長  

・午前の部
 相坂琢磨(東京医科大学、関東医療情報技師会),光城元博(日立製作所、関東医療情報技師会)

・午後の部
 守本京平(県立広島病院、広島県医療情報技師会),下川忠弘(京都民医連中央病院、九州沖縄医療情報技師会)

4-E-2-1 テーマ「運用・保守」
 

4-E-2-1-1 レジメンシステムの薬剤師視点での工夫
岡本 知久(岡山労災病院 薬剤部)

4-E-2-1-2 医療用デジタルカメラの保守運用に必須となる管理ツールの紹介
山本 健二(北海道大学病院 医療情報企画部)

4-E-2-1-3 JCI認定取得に向けたシステム対応
山田 英雄(藤田保健衛生大学病院 医療情報システム部)

4-E-2-1-4 効果的・効率的な看護過程の展開を目指したシステム運用の再構築
清水 將統(北里大学病院 看護部)

4-E-2-1-5 高気圧酸素治療記録 電子化運用の取り組み
中畑 仁志(東北大学病院 診療技術部 臨床工学部門)

4-E-2-1-6 診療所の電子カルテシステムの更新について
佐竹 明子(和歌山県立医科大学 サテライト診療所 本町 事務局研究推進課)

4-E-2-1-7 有床診療所における電子カルテ導入一年後の一考察
髙野 香子(髙野胃腸科)

4-E-2-1-8 電子カルテ更新後の3年目の状況
園田 浩富(大分大学医学部附属病院 医療情報部)

4-E-2-2 テーマ「医療安全」
 

4-E-2-2-1 リスク分析を基本とした医療機関におけるセキュリティ対策
深津 博(愛知医科大学病院 医療情報部)

4-E-2-2-2 身長・体重の入力値妥当性チェック機能の検討
高橋 幸敬(藤田保健衛生大学病院 医療情報システム部 豊明課)

4-E-2-2-3 最後の砦 看護師の実施間違いを防ぐ取り組み
楢林 敦(川崎市立川崎病院 小児科)

4-E-2-3 テーマ「医療安全・重要所見」
 

4-E-2-3-1 消化器内視鏡検査の病理所見におけるアラートシステム
池田 健士(北摂総合病院 情報企画室)

4-E-2-3-2 Excelで出来る!放射線病理レポートの重要フラグ付き未読通知
山中 理(大津市民病院 薬剤部・医療情報システム室)

4-E-2-3-3 放射線レポートの既読・未読確認機能について
小島 隆行(東京医科大学病院 情報システム室)

4-E-2-4 テーマ「利活用」
 

4-E-2-4-1 カンファランス機能の実装
小田 洋一郎(茅ヶ崎市立病院 小児科)

4-E-2-4-2 電子カルテ構築プロジェクトにおける効果的な情報共有
服部 正樹(潤和会記念病院 経営企画部 IT管理室)

4-E-2-4-3 直接画面にペン記入する。デジタルとアナログの良いとこ取り
奥田 興司(近森病院 システム管理室)

4-E-2-4-4 当院のFileMaker Proを利用した電子カルテデータ活用の一例
田村 豊(札幌白石記念病院 診療情報管理室)

4-E-2-4-5 ベッドサイド情報端末の導入(患者情報表示とバイタル連携)
五味 克行(和歌山県立医科大学附属病院紀北分院 事務室総務班)

4-E-2-4-6 医薬品情報データベースの有効的活用
山田 純一(市立札幌病院 薬剤部)

大会企画10 産官学連携シンポジウム

改めて医療等分野に係る個人情報保護のあり方を考える
−公益と個益の視点から−

11月25日(日)13:40-15:40 F会場

オーガナイザー 石川 広己(日本医師会)
座長 石川 広己(日本医師会)
渡邉 大記(日本薬剤師会)
4-F-3-1 江崎 禎英(経済産業省 商務・サービスグループ 政策統括調整官、内閣官房健康・医療戦略室 次長)
4-F-3-2 大山 永昭(東京工業大学 科学技術創成研究院 社会情報流通基盤研究センター センター長)
4-F-3-3 屋敷 次郎(厚生労働省政策統括官(統計・情報政策、政策評価担当)、大臣官房参事官(情報化担当))
4-F-3-4 山本 隆一(医療情報システム開発センター 理事長)

共同企画1

公益財団法人日本医療機能評価機構:診療ガイドラインと医療の質・QI

11月23日(金)10:15-11:45 B会場

オーガナイザー 澤 智博(帝京大学)
座長 今中 雄一(日本医療機能評価機構)
澤 智博(帝京大学)
2-B-1-1 日本医療機能評価機構におけるEBM医療情報事業(Minds)の展開
吉田 雅博(国際医療福祉大学医学部)
2-B-1-2 診療ガイドラインの推奨実践状況の改善:医療の質指標時系列変化パターンの多施設調査研究(Minds-QIPプロジェクト)
今中 雄一(京都大学大学院医学研究科)
2-B-1-3 Quality Indicatorを用いた医療の質改善
嶋田 元(聖路加国際大学 CIO, 情報システムセンター)
2-B-1-4 テクノロジーに何ができるかー診療ガイドラインと医療の質・QI
澤 智博(帝京大学 医療情報システム研究センター)

 

共同企画2

遠隔医療学会:大学病院の外来の一部は遠隔診療(オンライン診療)にすることを考える。

11月23日(金)16:00-18:00 B会場

オーガナイザー 近藤博史(遠隔医療学会会長・鳥取大学医学部附属病院)
座長 本多 正幸(医療情報学会・長崎大学医学部付属病院)
近藤 博史(遠隔医療学会会長・鳥取大学医学部附属病院)
2-B-3-1 オンライン診療は患者側からの新たな情報の流れ、流れの制御の必要性
近藤 博史(鳥取大学医学部附属病院)
2-B-3-2 大学病院での遠隔診療(オンライン診療)を考えるための現状の整理と展望
加藤 浩晃(京都府立医科大学)
2-B-3-3 オンライン診療システムを用いた疾患管理と健康経営について
武藤 真祐(医療法人社団鉄祐会)
2-B-3-4 精神科医療の遠隔化は診療所、精神科病院、総合・大学病院に普及し得るか
岸本 泰士郎(慶応義塾大学精神神経科学)
2-B-3-5 遠隔診療(オンライン診療)システムの活性化のために
本多 正幸(長崎大学医学部附属病院)

共同企画3

日本歯科医療管理学会:口腔診査情報標準コード仕様を使ったデータ利活用の課題

11月23日(金)16:00-18:00 D会場

オーガナイザー 玉川裕夫(大阪大学歯学部附属病院)
座長 齊藤 孝親(日本大学松戸歯学部)
玉川 裕夫(大阪大学歯学部附属病院)
2-D-3-1 地域医療ネットワークにおける口腔診査情報の扱い
入江 真行(NPO法人和歌山地域医療情報ネットワーク協議会)
2-D-3-2 口腔診査情報の地域医療ネットワーク連携
青島 潔(和歌山県歯科医師会)
2-D-3-3 うすき石仏ねっとにおける口腔診査情報の蓄積
小名川 良輔(日本歯科医療管理学会)

共同企画4

人工知能学会:医学医療におけるAI応用

11月23日(金)16:00-18:00 H会場

オーガナイザー 大江 和彦(東京大学大学院医学系研究科)
座長 大江 和彦(東京大学大学院医学系研究科)
古崎 晃司(大阪大学産業科学研究所)
2-H-3-1 音声対話システムと医療との接点
駒谷 和範(大阪大学産業科学研究所)
2-H-3-2 画像認識の研究動向と医療応用の可能性
原田 達也(東京大学大学院情報理工学系研究科)
2-H-3-3 臨床医学知識の構造化とAI応用
今井 健(東京大学大学院医学系研究科)
2-H-3-4 AIの倫理とガバナンス
江間 有沙(東京大学政策ビジョン研究センター)

共同企画5

日本診療情報管理学会:標準化退院時要約の普及とその質の担保

11月24日(土)9:00-11:00 B会場

オーガナイザー 嶋田 元(日本医療情報学会)
座長 岡田 美保子(一般社団法人医療データ活用基盤整備機構)
高橋 長裕(ちば県民保健予防財団総合健診センター)
3-B-1-1 定量監査により退院時要約の質を担保する
渡邉 直(一般財団法人医療情報システム開発センター(MEDIS-DC)顧問)
3-B-1-2 医師の記録の効率化
嶋田 元(聖路加国際大学情報システムセンター)
3-B-1-3 地域包括ケアシステム時代に求められる退院時要約
廣瀬 弥幸(医療法人陽蘭会広瀬クリニック)
3-B-1-4 電子カルテにおけるアレルギー情報の扱い
木村 通男(浜松医科大学 医療情報部)
3-B-1-5 豊田 建(株式会社HCI)
指定発言 佐藤 ひとみ(北海道大学病院 看護部長)

共同企画6

日本糖尿病学会:レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)を活用した糖尿病関連研究

11月24日(土)9:00-11:00 G会場

オーガナイザー 中島 直樹(九州大学/日本医療情報学会)
座長 野田 光彦(埼玉医科大学/日本糖尿病学会)
中島 直樹(九州大学/日本医療情報学会)
3-G-1-1 超高速・超学際次世代NDBデータ研究基盤構築を活用した糖尿病関連エビデンス
満武 巨裕(医療経済研究機構研究部) 
3-G-1-2 NDBからみた糖尿病とその併存疾患のパノラマビュー
野田 光彦(埼玉医科大学病院 内分泌内科・糖尿病内科) 
3-G-1-3 NDBによる慢性腎臓病(CKD)のアウトカム評価への応用
山縣 邦弘(筑波大学医学医療系 腎臓内科学) 
3-G-1-4 NDB活用による複数疾患の罹患を考慮した生活習慣病の国民像
中島 直樹(九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター)

共同企画7

一般社団法人日本病院薬剤師会・一般社団法人保健医療福祉情報システム工業会:処方せん・医薬品をめぐる最近の話題 最終報告

11月24日(土)9:00-11:00 H会場

オーガナイザー 池田 和之 奈良県立医科大学附属病院
座長 下邨 雅一(保健医療福祉情報システム工業会)
池田 和之(奈良県立医科大学附属病院)
3-H-1-1 医薬品関連の標準マスタ
池田 和之 奈良県立医科大学附属病院
3-H-1-2 報告書への対応システムの現状と諸課題
 松木薗 孝二((株)ソフトウェア・サービス)
 戸山 亮(富士通(株))
 高島浩二 (日本電気(株))
 山口 慶太((株)日立製作所)
 関 雅子(日本アイ・ビー・エム(株))
 天海 宏昭(キヤノンメディカルシステムズ(株))
3-H-1-3 総括:「内服薬処方せん記載の在り方に関する検討会報告書」実現への道
土屋 文人(日本病院薬剤師会)

共同企画8

日本クリニカルパス学会:クリニカルパスの標準データモデル構築の現状

11月24日(土)15:20-16:50 A会場

オーガナイザー 白鳥 義宗(名古屋大学医学部附属病院)
座長 中島 直樹(九州大学病院)
白鳥 義宗(名古屋大学医学部附属病院)
3-A-4-1 クリニカルパスの標準化の課題と対策
中島 直樹(九州大学病院) 
3-A-4-2 標準データモデル案での解析、課題とその解決策
中熊 英貴(済生会熊本病院) 
3-A-4-3 クリニカルパスデータ標準化と標準データモデル
若田 好史(九州大学病院) 
3-A-4-4 電子パス標準化に向けた工業会(JAHIS)での取り組み
井上 貴宏(JAHIS)

共同企画9

日本医学放射線学会・日本放射線技術学会:医療被ばく情報の記録と管理 〜画像診断管理加算3を見据えて〜

11月24日(土)15:20-16:50 B会場

オーガナイザー 奥田 保男(放射線医学総合研究所)
座長 木村 通男(浜松医科大学)
奥田 保男(放射線医学総合研究所)
3-B-2-1 画像診断管理加算3と被ばく管理の現状
坂本 博(東北大学病院)
3-B-2-2 医療被曝を評価するデータを電子的に記録するためのガイドラインの解説
川眞田 実(大阪国際がんセンター)
3-B-2-3 医療被ばく情報の記録と管理 ~画像診断管理加算3を見据えて~ -放医研における医療被ばく情報収集の進化-
仲田 佳広(放射線医学総合研究所)

共同企画10

日本循環器学会:循環器領域におけるビッグデータ活用

11月25日(日)9:00-10:30 E会場

オーガナイザー 中山 雅晴(東北大学)
座長 宮本 恵宏(国立循環器病センター) 
松村 泰志(大阪大学・医療情報学会)
4-E-1-1 IBM ワトソンを利用した電子カルテからの自然言語処理の試み
西村 邦宏(国立循環器病センター) 
4-E-1-2 循環器疾患診療実態調査(JROAD)の現状と進捗
中井 陸運(国立循環器病センター) 
4-E-1-3 電子症例報告システムと連携する臨床画像収集システム、臨床サンプル管理システムの構築
武田 理宏(大阪大学) 
4-E-1-4 心臓カテーテルを中心とした多モダリティ循環器診療情報を収集するJ-IMPACTシステム
的場 哲哉(九州大学) 
4-E-1-5 SEAMATでできること、導入のためにすべきこと
中山 雅晴(東北大学)

共同企画11

日本薬剤疫学会・臨床薬理学会・臨床疫学会・臨床試験学会:法的及び技術的変化に対応した臨床研究の推進に向けて

11月25日(日)10:40-12:10 F会場

オーガナイザー 木村 通男(浜松医科大学・医療情報学会)
座長 木村 通男(浜松医科大学・医療情報学会)
小出 大介(東京大学大学院・薬剤疫学会)
4-F-2-1 電子カルテからの情報の特性(副作用報告とMID-NET)
木村 通男(浜松医科大学・医療情報学会) 
4-F-2-2 法的及び技術的変化に対応した臨床研究の推進に向けて (薬剤疫学の観点から)
小出 大介(東京大学・薬剤疫学会) 
4-F-2-3 臨床研究におけるデータ活用の現状と課題について:現場からの意見
鈴木 敦(東京女子医科大学・臨床薬理学会)
4-F-2-4 臨床研究を取り巻く新法のインパクトと対応
樽野 弘之(第一三共/日本臨床試験学会)

公募シンポジウム1

患者を守る薬剤ICT管理〜医薬品適正使用のための現況と今後の展望〜

11月23日(金)10:15-11:45 D会場

オーガナイザー 小枝 伸行(八尾市立病院(薬剤師-医療情報技師会))
座長 小枝 伸行(八尾市立病院)
荒 義昭(独立行政法人国立病院機構 埼玉病院)
2-D-1-1 医薬品安全管理から見た病院情報システムの変遷と今後
高橋 弘充(東京医科歯科大学医学部附属病院)
2-D-1-2 職種による与薬・服薬関連用語の認識揺らぎをどう解決するか?
瀬戸 僚馬(東京医療保健大学)
2-D-1-3 RealWorldDataを活用するための医薬品分野におけるマスタ管理の実際
高田 篤史(九州大学医学部附属病院)
2-D-1-4 臨床現場の薬剤師(医薬品情報担当者)から見た薬剤ICT管理の現状と課題
佐藤 弘康(JA北海道厚生連 帯広厚生病院)

公募シンポジウム2

総務省EHR高度化事業に学ぶ地域医療連携システム運営の進め方

11月23日(金)14:20-15:50 B会場

オーガナイザー 中山 雅晴(東北大学)
座長 中山 雅晴(東北大学
玉木 悠(徳島大学)
2-B-2-1 クラウド型EHR高度化の成果と課題について
増原 知宏(総務省)
2-B-2-2 徳島県全域を網羅するEHR「阿波あいネット」で見えた課題
玉木 悠(徳島大学)
2-B-2-3 適切な地域医療連携ネットワークの構築に向けた課題
秋山 祐治(川崎医療福祉大学)
2-B-2-4 おきなわ津梁ネットワークの現状および展望
比嘉 靖(沖縄県医師会)
2-B-2-5 みやぎ医療福祉情報ネットワーク(MMWIN)における進捗と展望
中山 雅晴(東北大学)

公募シンポジウム3

歯科診療現場での医療ICTの貢献と普及と課題

11月23日(金)14:20-15:50 D会場

オーガナイザー 森本 徳明(歯科医療情報における交換・連携に関する研究会)
座長 森本 徳明(矯正歯科 森本)
永松 浩(九州歯科大学)
2-D-2-1 医療連携に必要な医療情報と医療連携レベル・患者個人レベルでのICT格差
高柴 正悟(岡山大学医歯薬学総合研究科病態制御科学専攻)
2-D-2-2 宅歯科医療現場における医療介護連携ICTの実際と諸問題
外山 敦史(外山歯科医院・愛知県豊明市) 
2-D-2-3 国の医療等分野におけるICT化政策に関する日本歯科医師会の取組みについて
杉山 茂夫(日本歯科医師会)

公募シンポジウム4

セキュアかつフェアなデータ流通プラットホームとセキュリティ基盤技術

11月23日(金)16:00-18:00 E会場

オーガナイザー 田中 勝弥(東京大学大学院医学系研究科)
座長 田中 勝弥(東京大学大学院医学系研究科)
宮地 充子(大阪大学大学院工学研究科)
2-E-3-1 医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律施行後の状況
山本 隆一(医療情報システム開発センター)
2-E-3-2 プライバシを保護した医療データ利活用システムについて
河内 亮周(大阪大学大学院工学研究科)
2-E-3-3 分散型ブロックチェーン基盤とデータ流通プラットフォームへの応用
清本 晋作(株式会社KDDI総合研究所)
2-E-3-4 多機関分散データの統合的利活用による生活安全の課題把握と課題解決への試み
北村 光司(産業技術総合研究所)
2-E-3-5 セキュリティ基盤技術による診療情報・同意情報の安全な統合的利活用
田中 勝弥(東京大学大学院医学系研究科)

公募シンポジウム5

コミュニケーション支援技術の活用による看護業務改革

11月24日(土)9:00-10:30 D会場

オーガナイザー 瀬戸 僚馬(東京医療保健大学)
座長 瀬戸 僚馬(東京医療保健大学)
保坂 良資(湘南工科大学)
3-D-1-1 病棟デバイスの普及に伴うコミュニケーション量の妥当性確保に向けて
瀬戸 僚馬(東京医療保健大学)
3-D-1-2 看護現場とICT
保坂 良資(湘南工科大学)
3-D-1-3 看護業務内容の違いと情報端末の選択に関する研究
石井 香奈子(神戸市立神戸アイセンター病院、兵庫県立大学大学院博士課程)
3-D-1-4 病棟PHSは何に置き換わるのか
脇坂 仁(防衛医科大学校病院)
3-D-1-5 病棟看護業務を考える
中元 雅江(岡崎市民病院)
3-D-1-6 病棟業務システム、ユーザーインターフェイス統合に関する一考察~ システムベンダーから見たこれからの課題 ~
牟田 邦彦(株式会社ケアコム)

公募シンポジウム6

ICD-11導入のわが国への影響:ICD-11の機能と課題、わが国への適用のロードマップ

11月24日(土)9:00-11:00 F会場

オーガナイザー 小川 俊夫(国際医療福祉大学)
座長 今村 知明(奈良県立医科大学)
大江 和彦(東京大学)
3-F-1-1 ICD-11構築の経緯
小川 俊夫(国際医療福祉大学)
3-F-1-2 消化器分野でのICD-11構築の経緯とわが国への適用に向けた課題
秋山 純一(国立国際医療研究センター)
3-F-1-3 糖尿病分野でのICD-11構築の経緯と今後に向けた課題
安田 和基(国立国際医療研究センター)
3-F-1-4 伝統医学分野でのICD-11構築の経緯とわが国への適用に向けた課題
星野 卓之(北里大学東洋医学総合研究所)
3-F-1-5 ICD-11におけるV章の構造分析と生活機能分類の意義
小松 雅代(奈良県立医科大学)
3-F-1-6 ICD-11の我が国への適用に向けて
森 桂(厚生労働省)
3-F-1-7 ICD-11の機能からみたわが国への適用について
今井 健(東京大学)

公募シンポジウム7

レセプトデータ活用環境の充実化に向けて:日本および海外の動向から

11月25日(日)9:00-11:00 A会場

オーガナイザー 加藤 源太(京都大学医学部附属病院 診療報酬センター)
座長 加藤 源太(京都大学医学部附属病院 診療報酬センター)
4-A-1-1 レセプト情報等データベース(NDB)の利活用について:これまでの動向の整理
加藤 源太(京都大学医学部附属病院 診療報酬センター)
4-A-1-2 NDBオンサイトリサーチセンター(東京・京都)での利用動向
松居 宏樹(東京大学大学院医学系研究科 臨床疫学・経済学分野)
大寺 祥佑(京都大学医学部附属病院 医療情報企画部)
4-A-1-3 今後のNDBデータ等の利活用の方向性について
廣瀬 佳恵(厚生労働省保険局 医療介護連携政策課) 
4-A-1-4 Introduction of the National Health Insurance Data Sharing Service in South Korea
Suhyun Park (Deputy Manager/ Dept. of International Relations & Cooperation, NHIS, South Korea)
4-A-1-5 Introduction of the SNIIRAM National Claims Database in France
Galode Julie (CNAMTS, France)

公募シンポジウム8

パーソナルデータ利活用のための情報処理技術

11月25日(日)9:00-10:30 B会場

オーガナイザー 木村 映善(国立保健医療科学院)
座長 木村 映善(国立保健医療科学院)
菊池 浩明(明治大学総合数理学部)
4-B-1-1 医療情報のPublic Use File提供にむけた検討
木村 映善(愛媛大学大学院医学系研究科)
4-B-1-2 匿名加工コンテスト下の匿名加工技術・有用性指標の開発
菊池 浩明(明治大学総合数理学部)
4-B-1-3 医療分野における人工知能セキュリティ・プライバシー
佐久間 淳(筑波大学大学院システム情報工学研究科)
4-B-1-4 匿名加工医療情報の作成、提供の考え方
美馬 正司(日立コンサルティング)
4-B-1-5 パーソナルデータ利活用のためのブロックチェーン技術の応用可能性
水島 洋(国立保健医療科学院)

公募シンポジウム9

医療情報の利活用におけるSDMの評価

11月25日(日)10:40-12:10 G会場

オーガナイザー 紀ノ定 保臣(岐阜大学大学院医学系研究科医療情報学分野)
座長 紀ノ定 保臣(岐阜大学)
木村 映善(国立保健医療科学院)
4-G-2-1 診療データの長期保存におけるSDMの有効性と課題
紀ノ定 保臣(岐阜大学)
4-G-2-2 医療連携における患者プロファイル情報の標準化からみたSDMへの期待
近藤 博史(鳥取大学)
4-G-2-3 SDMを利用した診療支援データベース
久島 昌弘(沖縄県立中部病院)
4-G-2-4 SDMにおける2次利用のための入力データの阻害要因の考察
島川 龍範(広島赤十字・原爆病院)

公募ワークショップ1

医療情報技師に求められる知識,役割,そして存在意義

11月23日(金)10:15-11:45 C会場

オーガナイザー 下川 忠弘(九州沖縄医療情報技師会,京都民医連中央病院)
座長 下川 忠弘(九州沖縄医療情報技師会・京都民医連中央病院)
佐々木 啓充(関西医療情報技師会・市立豊中病院)
2-C-1-1 医療情報技師に求められる知識,役割,そして存在意義
大沼 洋則(北海道医療情報技師会・手稲渓仁会病院)
2-C-1-2 医療情報技師に求められる知識,役割,そして存在意義
光城 元博(関東医療情報技師会・日立製作所)
2-C-1-3 医療情報技師に求められる知識,役割,そして存在意義
朝田 委津子(中部医療情報技師会・名古屋大学)
2-C-1-4 医療情報技師として活躍するために必要なこと
橋本 智広(関西医療情報技師会・大津赤十字病院)
2-C-1-5 各部門の専門的知識を有した医療情報技師の育成と活躍を目指して
守本 京平(広島県医療情報技師会・県立広島病院)
2-C-1-6 診療技術部門における医療情報技師の役割と存在意義
山澤 順一(九州沖縄医療情報技師会・国保水俣市立総合医療センター)

公募ワークショップ2

日本でのEHR-Phenotypingとアウトカム指標のバリデーション

11月23日(金)14:20-15:50 C会場

オーガナイザー 平松 達雄(東京大学医学部附属病院)
座長 中島 直樹(九州大学病院メディカルインフォメーションセンター)
平松 達雄(東京大学医学部附属病院 企画情報運営部)
2-C-2-1 データ駆動型医学研究におけるPhenotypingの重要性
中島 直樹(九州大学病院メディカルインフォメーションセンター)
2-C-2-2 MID-NETデータ利活用のためのアウトカムバリデーション
宇山 佳明(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)
2-C-2-3 日本薬剤疫学会「日本における傷病名を中心とするレセプト情報から得られる指標のバリデーションに関するタスクフォース」による報告書について
小出 大介(東京大学大学院医学系研究科 生物統計情報学講座)
2-C-2-4 医療情報からPhenotypingを行う共通基盤
平松 達雄(東京大学医学部附属病院 企画情報運営部)

公募ワークショップ3

ICTを使った地域医療情報システムの理想的な運用継続性とは?

11月23日(金)14:20-15:50 E会場

オーガナイザー 松本 武浩(長崎大学病院医療情報部)
座長 藤井 卓(藤井外科医医院 院長・長崎在宅理事長:長崎 あじさいネット)
山根 豊(山根内科胃腸科医院 院長・長崎在宅Drネット理事:長崎 あじさいネット)
2-E-2-1 自治体と共に進むしまね医療情報ネットワーク
小坂 真二(島根県立病院 病院長:島根 まめネット)
2-E-2-2 ちょうかいネット継続運用のための運営コストと活用指標からみた考察
島貫 隆夫(日本海総合病院 病院長:山形 ちょうかいネット)
2-E-2-3 とちまる・どこでもネット~医療連携・医介連携2つのシステム併用の有用性~
長島 公之(長島整形外科院長:栃木 とちまるネット)
2-E-2-4 ICTを使った地域医療情報ネットワークの運用継続性 ~うすき石仏ねっとの挑戦~
舛友 一洋(臼杵市医師会立 コスモス病院 副院長:大分 うすき石仏ネット)
2-E-2-5 ICTを使った地域医療情報ネットワークを健全に発展、継続運用するためには
松本 武浩(長崎大学病院 医療情報部 准教授:長崎 あじさいネット)

公募ワークショップ4

臨床意思決定支援の要としての患者プロファイル情報(PPI)を考える

11月23日(金)14:20-15:50 G会場

オーガナイザー 栗原 幸男(高知大学教育研究部医療学系看護学部門)
座長 栗原 幸男(高知大学教育研究部医療学系看護学部門)
2-G-2-1 臨床意思決断支援システムのアルゴリズム対象としてのプロファイル情報の範囲と課題
石田 博(山口大学)
2-G-2-2 地域医療連携システムから考える患者プロファイルの標準化と臨床意思決定支援
近藤 博史(鳥取大学)
2-G-2-3 CDSの標準化におけるPPIの扱いについて
木村 映善(国立保健医療科学院)
2-G-2-4 臨床意思決定支援に適合したPPIのデータモデルの検討
栗原 幸男(高知大学)

公募ワークショップ5

臨床現場向けユビキタスICTシステムの要素技術と将来性

11月23日(金)16:00-17:30 C会場

オーガナイザー 保坂 良資(湘南工科大学工学部人間環境学科)
座長 保坂 良資(湘南工科大学)
脇坂 仁(防衛医科大学校)
2-C-3-1 院内物流におけるICタグの活用可能性
阿磨 由美子(帝人)
2-C-3-2 リストバンド用UHF帯RFIDタグの実用化に向けた取組
西村 清胤(小林クリエイト)
2-C-3-3 炭素繊維を用いたUHF帯信号の安全制御と応用について
水野 広文(東海電気)
2-C-3-4 高解像カメラによる手術器材の複数一括認識の検証と業務への適用検証結果
三浦 寿朗(サクラシステムプランニング)

公募ワークショップ6

SIM認証ネットの医療での利用

11月25日(日)9:00-10:30 C会場

オーガナイザー 木村 通男(浜松医科大学附属病院医療情報部)
座長 木村 通男(浜松医科大学)
山本 隆一(医療情報システム開発センター)
4-C-1-1 医療情報の安全管理に関するガイドラインにおけるSIM認証ネットの位置付け
山本 隆一(医療情報システム開発センター)
4-C-1-2 医療情報システムにおけるSIM 認証を用いた広域アクセス環境の検討
小野 悟(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
4-C-1-3 北大病院地域医療連携システムにおける認証の現状
遠藤 晃(北海道大学附属病院医療情報部)
4-C-1-4 SIM認証ネットによる患者情報のセキュアな扱い
木村 通男(浜松医科大学附属病院医療情報部)

公募ワークショップ7

働き方改革を支援する医療分野のIoT:スマートグラスについて

11月25日(日)13:40-15:10 D会場

オーガナイザー 北岡 有喜(独立行政法人国立病院機構京都医療センター)
座長 北岡 有喜(独立行政法人国立病院機構京都医療センター)
4-D-3-1 働き方改革を支援する医療分野のIoT:スマートグラスについて
北岡 有喜(独立行政法人国立病院機構京都医療センター医療情報部)
4-D-3-2 スマートグラスによる体外循環技術の安全性向上の試み
湊 拓巳(独立行政法人国立病院機構京都医療センター医療情報部)
4-D-3-3 メガネ型ウェアラブル端末「b.g.(ビージー)」ご紹介と医療分野への応用
大岩 秀行(株式会社エンハンラボ)
4-D-3-4 弊社モバイルエッジコンピューティングデバイスのご紹介と医療分野での活用
守屋 文彦(東芝クライアントソリューション株式会社)
4-D-3-5 セキュリティ・プライバシーから見たスマートグラス
上原 哲太郎(立命館大学情報理工学部)
Back to Top