一般口演1

病院情報システム1(電子カルテ・文書管理)

11月23日(金)10:15-11:45 E会場

座長 武田 理宏(大阪大学)
遠藤 晃(北海道大学)
2-E-1-1 電子カルテ記載量予測モデル創出を目指した電子カルテ年間記載文字数の分析
藤田 健一郎(京都大学医学部附属病院)
2-E-1-2 電子カルテにおける症状記載データ自動判別システムの構築
冨田 和惠(兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科)
2-E-1-3 看護師における電子カルテのユーザビリティの課題の検討
梶村 郁子(兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科)
2-E-1-4 The necessity of systematic evaluation of electronic medical record implementations by hospitals in Japan
Likka Melaku(Graduate student, Graduate School of integrated Arts and Sciences, Kochi Medical School, Kochi University)
2-E-1-5 診療における統合Viewerのあり方の検討〜Oncology領域の場合〜
向井 まさみ(国立がん研究センター中央病院医療情報部)
2-E-1-6 診療録の質向上に向けた電子カルテシステム改修と監査支援システムの開発
星本 弘之(東京大学医学部附属病院 国立大学病院データベースセンター) 

 

一般口演2

病院情報システム2(ハードウェア,インターフェース)

11月23日(金)10:15-11:45 F会場

座長 近藤 克幸(秋田大学)
永田 啓(滋賀医科大学)
2-F-1-1 デスクトップ仮想化を用いた病院情報システム端末からの光学ディスク参照システムの構築−デバイス制御による参照端末の保護と仮想デスクトップに限定したアクセス許可−
大佐賀 敦(秋田大学大学院医学系研究科医療情報学講座,秋田大学医学部附属病院医療情報部)
2-F-1-2 多分散型電子カルテの基礎的研究
本谷 崇之(兵庫県立大学院応用情報科学研究科)
2-F-1-3 マスターを統合的に管理する試み
山下 暁士(名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター)
2-F-1-4 音声認識技術と自動操作技術を併用した電子カルテ音声入力操作システムの開発
山ノ内 祥訓(熊本大学医学部附属病院総合臨床研究部)
2-F-1-5 電子カルテと連携する音声認識システムに関するニーズ調査
野田 和敬(千葉大学医学部附属病院)
2-F-1-6 病院情報システムに関する問い合わせ対応効率化のための自動音声応答システムの構築
南部 恵理子(大阪大学歯学部附属病院医療情報室)

 

一般口演3

医療データ分析1(臨床データ解析)

11月23日(金)10:15-11:45 G会場

座長 中島 直樹(九州大学)
紀ノ定 保臣(岐阜大学)
2-G-1-1 リアルワールドエビデンス(Real World Evidence)を用いたクリニカルパス分析手法の検討
山﨑 友義(宮崎大学医学部附属病院医療情報部)
2-G-1-2 DPCデータを用いた決定木分析による乳がんと生活習慣病との関連について
坂本 千枝子(国際医療福祉大学)
2-G-1-3 開腹手術と腹腔鏡手術における入院後発症疾患について
中村 高子(浜松医科大学)
2-G-1-4 開腹手術と腹腔鏡手術の予後に対する病院情報データを用いた検討
宮田 愛士(高知大学医学部医学科先端医療学コース)
2-G-1-5 CKD合併症擬似コホート研究
川野 光一(宮崎大学医学部附属病院医療情報部,森のクリニック)
2-G-1-6 敗血症のおける持続的腎代替療法データベースを用いた浄化量の分析:単施設後方視記述研究
森 信洋(亀田総合病院 ME室,放送大学大学院 博士後期課程)

 

一般口演4

情報セキュリティとプライバシー・ネットワーク

11月23日(金)10:15-11:45 H会場

座長 山本 隆一(医療情報システム開発センター)
井上 仁(保健医療経営大学)
2-H-1-1 医療機関の情報ネットワークに対する外部からの不正アクセスに関する解析
松永 敏明(岐阜大学医学部附属病院 経営企画課医療情報係)
2-H-1-2 プライバシー侵害のリスクに応じた一般市民の望む適切な同意のあり方の研究
吉田 真弓((一財)医療情報システム開発センター)
2-H-1-3 多施設間の安全なデータ収集を目的とした情報基盤におけるプライバシリスク評価の試み
田中 勝弥(東京大学大学院医学系研究科)
2-H-1-4 医療機関におけるセキュリティインシデントの事例調査
今井 哲郎(東京情報大学 看護学部 遠隔看護実践研究センター)
2-H-1-5 医療機関におけるソーシャルメディアの利用実態調査
菅原 祐也(山形大学医学部メディカルサイエンス推進研究所情報基盤センター,山形大学大学院医学系研究科医療政策学講座,神奈川県立がんセンター)

 

一般口演5

画像情報・レポートシステム

11月23日(金)10:15-11:45 I会場

座長 山本 剛(国立循環器病研究センター)
荒木 賢二(宮崎大学)
2-I-1-1  2-I-1-1 医用画像情報専門技師へのアンケートに基づく「他施設画像取り込み時の検査日変更」の実態調査
須藤 優(県立広島病院,広島県医療情報技師会)
2-I-1-2 2-I-1-2 JJ1017を用いた画像オーダー重複通知機能の運用経験−画像検査の最適化・効率化を目指して−
青木 陽介(大船中央病院)
2-I-1-3 2-I-1-3 医療情報連携基盤を活用したアラート通知に対する課題の検討
島川 龍載(広島赤十字・原爆病院,一般社団法人SDMコンソーシアム)
2-I-1-4 2-I-1-4 健診事業所の放射線部門におけるオーダー連携の構築とレポーティングシステム導入
髙木 祐弥(公益財団法人結核予防会 総合健診推進センター)
2-I-1-5 2-I-1-5 実数値GAに基づく指骨CR画像の位置合わせ
川越 耕平(九州工業大学大学院)
2-I-1-6 2-I-1-6 MRIにおけるSWI撮像により得られた画像を利用したQSMの臨床的有用性に関する検討
若山 季樹(公益財団法人東京都保健医療公社 荏原病院 放射線科,首都大学東京大学院 人間健康科学研究科 放射線科学域)

 

一般口演6

医療データ分析2(DWH,DPC,診断)

11月23日(金)14:20-15:50 F会場

座長 横井 英人(香川大学)
根東 義明(日本大学)
2-F-2-1 早期退院支援の介入を阻害する要因分析
札元 和江(鹿児島市立病院)
2-F-2-2 病院情報システムのデータを用いた経口血糖降下薬併用パターンと治療成績の関係の網羅的探索
菅田 夏央(高知大学 医学部医学科 先端医療学コース)
2-F-2-3 入院レセプトの主傷病名推定に有効な説明変数の検討
山下 英俊(東京大学大学院 医学系研究科 医療情報学分野)
2-F-2-4 集中治療室入室患者における患者重症度に沿った至適退室基準の検討
川﨑 博史(鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 医療システム情報学,鹿児島市立病院 看護部)
2-F-2-5 SOFAスコアと入院診療コストの関連要因分析
岩穴口 孝(鹿児島大学病院 看護部,鹿児島大学大学院医歯学総合研究科,鹿児島大学病院 医療情報部)

 

一般口演7

医療データ分析3(レセプトデータ・治験)

11月23日(金)14:20-15:50 H会場

座長 今村 知明(奈良県立医科大学)
藤田 伸輔(千葉大学)
2-H-2-1 電子レセプト情報の分析のための解析論理の記述方式に関する検討
佐藤 淳平(東京大学 生産技術研究所)
2-H-2-2 肺炎入院患者の重症度をレセプトデータから事後的に生成できるか?
小原 仁(久留米大学データセンター)
2-H-2-3 臨床レジストリを活用するための患者群状態モデルの構築
石井 雅通(NCGM(国立国際医療研究センター)情報基盤センター)
2-H-2-4 レセプト情報等データベースの利活用により作成した国際統計報告に関する検討
満武 巨裕(医療経済研究機構)
2-H-2-5 レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)に対する死亡決定ロジックの手法開発—R言語による決定木分析を用いて—
久保 慎一郎(奈良県立医科大学 公衆衛生学講座,奈良県立医科大学附属病院 看護部)
2-H-2-6 EDCに対する臨床検査値転送システムの導入効果を評価する研究デザインの課題
西本 尚樹(北海道大学病院 臨床研究開発センター)

 

一般口演8

病院情報システム3(オーダ・部門システム・指示等)

11月23日(金)16:00-17:30 G会場

座長 神田橋 忠(九州大学)
鈴木 隆弘(千葉大学)
2-G-3-1 輸血部門システムを利用した超緊急輸血体制
間 由紀(東京都立墨東病院検査科)
2-G-3-2 Web APIの構築による電子カルテ情報の取得と利用の効率化の試み
國方 淳(香川大学医学部附属病院 臨床研究支援センター)
2-G-3-3 検体管理システムと検体検査システムの併用による検体管理
汐谷 陽子(東京都立墨東病院検査科)
2-G-3-4 電子カルテへ実装したインスリン指示機能の実際と課題
田中 忠宏(済生会熊本病院薬剤部)
2-G-3-5 オーダ改版履歴を用いた指示変更の量に影響する因子の探索
下川 忠弘(兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科)

 

一般口演9

医療データ分析4(ビッグデータ・ゲノム情報・がん登録等)

11月23日(金)16:00-17:30 I会場

座長 波多野 賢二(国立精神・神経医療研究センター)
河添 悦昌(東京大学)
2-I-3-1 過去の臨床研究を用いた汎用的な変数抽出モデルの開発
豊島 雄太(宮崎大学医学部附属病院医療情報部)
2-I-3-2 医療データ駆動型研究を推進する医療データ収集システムの構築と導入効果
芦崎 晃一(理化学研究所 医科学イノベーションハブ推進プログラム,慶應義塾大学医学部皮膚科学教室)
2-I-3-3 がん診療統合データベースの構築:手術、化療、放射線治療、病理データの連結
鈴木 一洋(公益財団法人がん研究会有明病院 臨床研究・開発センター データベース&バイオバンクセンター)
2-I-3-4 既存の電子情報からの症例登録情報の収集と課題
石田 博(山口大学医学部附属病院医療情報部)
2-I-3-5 多施設臨床研究に適用可能なサンプル管理システムの開発
武田 理宏(大阪大学 大学院医学系研究科 医療情報学)
2-I-3-6 バイオバンク在庫情報に連動した研究者向け匿名化済み臨床情報検索システム
渡辺 浩(国立長寿医療研究センター)

 

一般口演10

看護情報1(看護記録のICT化とデータ活用)

11月24日(土)09:00-11:00 C会場

座長 中川 朋子(福岡大学病院)
松本 智晴(熊本大学)
3-C-1-1 看護実践のデータ化
仙波 晴美(鈴鹿医療科学大学医療科学研究科医療科学専攻 医療情報実践学分野)
3-C-1-2 構造化した疼痛バリアンス記録の効果
髙山 洋平(済生会熊本病院 クリニカルパス分析専門部会)
3-C-1-3 看護記録の適時記載に資するユビキタス・コンピューティングのあり方に関する検討
北島 泰子(東京有明医療大学)
3-C-1-4 ユビキタス時代の看護記録への提言:看護師の思考過程と看護記録の研究から
前田 樹海(東京有明医療大学看護学部)
3-C-1-5 小規模病院外来での医療記録作成の変化 看護師等の記録実態
栗谷 美和((医)誠心会 井上病院)
3-C-1-6 看護実践用語標準マスターを基にした形態素解析用辞書を用いた看護記録の分析に関する検討
青木 美和(東京大学大学院医学系研究科)
3-C-1-7 UTF版実践医療用語辞書ComeJisyo1.0の作成
相良 かおる(西南女学院大学)

 

一般口演11

医療データ分析5(経営分析)

11月24日(土)09:00-11:00 E会場

座長 谷 祐児(旭川医科大学)
岩穴口 孝(鹿児島大学)
3-E-1-1 働き方改革に伴う医師当直夜勤化の経営的影響
中西 康裕(奈良県立医科大学 公衆衛生学講座,奈良県立医科大学 財務企画課)
3-E-1-2 統合マスタの構築後の経営支援でのデータ活用
西山 謙(九州大学病院 経営企画課)
3-E-1-3 電子カルテログを使った、医療者の勤務状況の把握
志村 英生(福岡大学病院 医療情報部)
3-E-1-4 診療材料の実施入力不要品目の状況調査
林 哲也(岡崎市民病院)
3-E-1-5 外来患者待ち時間の可視化
井 稔(福岡大学病院)
3-E-1-6 医療の効率化を目的とした診療ワークフローの導入
竹下 晋司(宮崎市郡医師会病院)
3-E-1-7 医療機器の一元管理化が病院経営に及ぼす影響: 輸液及びシリンジポンプを対象とした費用シミュレーション
楠井 敏之(奈良県立医科大学公衆衛生学講座,奈良県立医科大学附属病院医療技術センター)
3-E-1-8 放射線治療装置(リニアック)導入による採算性に関する考察
村上 淳基(奈良県立医科大学公衆衛生学)

 

一般口演12

地域医療連携システム

11月24日(土)09:00-11:00 I会場

座長 近藤 博史(鳥取大学)
島井 健一郎(千葉大学)
3-I-1-1 ケア情報共有支援システム【e-ケアメモ】の介護老人保健施設への適用と評価
髙橋 遼平(近畿大学大学院 総合理工学研究科)
3-I-1-2 地域連携において求められる診療文書とは
坂井 亜紀子(大阪大学医学部附属病院医療情報部)
3-I-1-3 奥尻島・函館市間遠隔妊婦健診システムの構築と実際
新見 隆彦(札幌医科大学 大学院医学研究科 生体情報形態学)
3-I-1-4 みやぎ医療福祉情報ネットワークにおけるシステムリプレースとその課題
中村 直毅(東北大学病院メディカルITセンター)
3-I-1-5 ID-Linkを利用したクラウド型高度化EHR事業と大分大学医学部附属病院との連携について
下村 剛(大分大学医学部附属病院 医療情報部)
3-I-1-6 まめネットにおけるHPKIを利用した汎用文書送信サービスの構築
小阪 真二(島根県立中央病院)
3-I-1-7 「くまもとメディカルネットワーク」の利活用推進に関する検討 ~ 情報共有シートを活用した多職種連携の試み ~
山澤 順一(国保水俣市立総合医療センター 診療技術部)
3-I-1-8 地域医療情報ネットワークの救急医療利用に向けた取り組み ~あじさいネットの24時間365日運用~
松本 武浩(長崎大学病院 医療情報部,長崎大学病院 メディカルサポートセンター)

 

一般口演13

広域保健医療・ヘルスケアシステム

11月24日(土)15:20-17:20 C会場

座長 松本 武浩(長崎大学)
入江 真行(和歌山県立医科大学)
3-C-2-1  3-C-2-1 「産後うつ」を和らげる積極的傾聴型AIエージェントの構築
浅田 智巳(兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科)
3-C-2-2 3-C-2-2 個人の健診データのPHRによる統合管理の可能性
松村 泰志(大阪大学大学院医学系研究科)
3-C-2-3 3-C-2-3 個人自らが健康情報を管理するパーソナルヘルスレコードに対する市民意識調査
武田 理宏(大阪大学大学院医学系研究科医療情報学)
3-C-2-4 3-C-2-4 検査データについて病院・検査センターと患者とを結ぶ試み
西村 邦裕( メディカルデータカード株式会社,慶應義塾大学メディカルAIセンター)
3-C-2-5 3-C-2-5 定期的な健康イベント実施による健康データ収集の試みおよびデータ分析
櫻井 理紗(国立循環器病研究センター)
3-C-2-6 3-C-2-6 負荷情報を用いた「まち歩き」情報提供システムの構築
今井 博美(兵庫県立大学大学院 応用情報学研究科)
3-C-2-7 3-C-2-7 生活支援を目指したSHACHIによるフラットコミュニケーション
藤田 伸輔(千葉大学)
3-C-2-8 3-C-2-8 健康イベントのための健康データ管理システムの構築
今津 貴史(兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科)

 

一般口演14

地域医療連携データ分析・ベッドコントロール

11月24日(土)15:20-17:20 D会場

座長 後藤 芳美(大分大学)
志村 英生(福岡大学)
3-D-2-1 診療所看護師による医療・介護の連携の実態と必要な看護情報の検討
板東 由美(兵庫県立大学応用情報学研究科)
3-D-2-2 ISM(Interpretive Structural Modeling)法による遠隔医療普及阻害要因の抽出と普及に向けた対応策について
清水 大暉(北海道大学大学院保健科学院)
3-D-2-3 スマートフォン内蔵カメラを利用した画像観察(視診)用の遠隔診察システムの開発
本間 聡起(独立行政法人 地域医療機能推進機構 埼玉メディカルセンター,慶應義塾大学看護医療学部・同SFC研究所)
3-D-2-4 姫路支部に登録されている保険薬局におけるICT化に関する調査
櫛田 宏幸(姫路医療センター 薬剤部)
3-D-2-5 市場経済原理導入によるベッドコントロール効率化の試み
畠中 純(京都大学 大学院情報学研究科)
3-D-2-6 ロジックモデルに基づいた診療支援部門効率性評価モデルの開発
吉田 翔(宮崎大学医学獣医学総合研究科)
3-D-2-7 遠隔モニタリングを支える情報システムのあり方
黒田 知宏(京都大学)
3-D-2-8 病院情報システムの利活用における地域格差の検討-北海道内中小規模民間病院に着目して-
谷 祐児(国立大学法人旭川医科大学 旭川医科大学病院 経営企画部)

 

一般口演15

看護情報2(ICTを活用した看護業務の効率化支援)

11月24日(土)15:20-17:20 E会場

座長 石垣 恭子(兵庫県立大学)
横田 慎一郎(東京大学)
3-E-2-1 ベッドサイドレール型患者監視装置の開発
星 善光(東京都立産業技術高専)
3-E-2-2 病床見守りシステムの開発
三島 武政(医療法人仁友会北彩都病院)
3-E-2-3 看護師を傾斜配置する部署の選定基準 ─看護業務の忙しさを適正評価するための指標 第2報─
出口 砂緒利(長崎大学病院)
3-E-2-4 看護師の働き方改革に向けてのデータ可視化と効果の検証
木村 晃希(福岡大学病院)
3-E-2-5 照合端末新機能による注射業務に係る看護記録の転記記録削減に関する評価
疋田 智子(京都大学医学部附属病院)
3-E-2-6 診療記録を用いた重症度、医療・看護必要度の自動判定サポートの試み
阪本 恭子(大阪警察病院)
3-E-2-7 重要度、医療・看護必要度の日次推移に基づく患者容体の分析
古畑 宏樹(宮崎大学医学部附属病院 医療情報部)
3-E-2-8 iPod Touchを活用した照合と電子カルテ入力業務支援システム
小野 律子(大阪警察病院)

 

一般口演16

医療安全・アラートシステム

11月24日(土)15:20-17:20 F会場

座長 栗原 幸男(高知大学)
下川 忠弘(公益社団法人京都保健会 京都民医連中央病院)
3-F-2-1 生化学検査における輸液混入検体検出アルゴリズムの検討
野坂 大喜(弘前大学大学院保健学研究科)
3-F-2-2 医療現場の実践知に基づくアラートフレームワークの開発
酒田 拓也(宮崎大学医学獣医学総合研究科,宮崎大学医学部附属病院医療情報部)
3-F-2-3 医師タスク通知システム(ToDoシステム)の効果的な運用管理の検証
藤井 歩美(大阪大学医学部附属病院医療情報部)
3-F-2-4 問題点抽出型薬剤アラートシステムの構築
村田 泰三(大阪大学医学部附属病院 医療情報部)
3-F-2-5 IoTを活用した院内感染管理の試み
山下 芳範(福井大学)
3-F-2-6 全国アンケートに基づく患者アレルギー情報の整備とアラート機能による改善効果
中山 雅晴(東北大学大学院医学系研究科 医学情報学,東北大学病院 メディカルITセンター)
3-F-2-7 結果確認漏れ防止に向けたレポート開封通知システム導入の試み
大迫 朋子(独立行政法人 国立病院機構 鹿児島医療センター)
3-F-2-8 ケアミックス病院における死亡患者報告書作成業務と分析報告
多田 斉(社会医療法人 原土井病院)

 

一般口演17

教育・研究分析

11月24日(土)15:20-17:20 I会場

座長 瀬戸 僚馬(東京医療保健大学)
内藤 道夫(鈴鹿医療科学大)
3-I-2-1 看護業務を支援するシステムの完成度に関する予備的研究 -日本医療情報学会での発表文献のタイトル情報に基づくシステム開発・評価のアクティビティの推移-
津久間 秀彦(広島大学病院医療情報部)
3-I-2-2 臨床看護eラーニング教材に対する学習意欲と看護師の属性の関連
高島 真美(医療法人医誠会,兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科)
3-I-2-3 開発途上国の医療機器管理における情報技術の適応
浅井 恵美子(藤田保健衛生大学大学院保健学研究科)
3-I-2-4 職員が演じる実践動画を組み合わせた医療現場のeラーニング
榊原 祥裕(一般財団法人操風会 岡山旭東病院)
3-I-2-5 Web討論における受講者の特徴とテクニカルトラブル対応に関する考察 ~指導医を対象とした医学教育学プログラムを中心に~
谷 昇子(京都大学大学院医学研究科 医学教育・国際化推進センター)
3-I-2-6 中小規模病院に勤務する看護師を対象とした看護情報の活用に向けた継続教育の評価
髙見 美樹(兵庫県立大学大学院)
3-I-2-7 精神障害に関する普及啓発DVD教材が大学生に与える意識変化
片山 友子(四国大学短期大学部)
3-I-2-8 医療情報技師資格取得を目標とした教育の現状と問題点
平塚 智文(学校法人岩崎学園 横浜医療情報専門学校 教務部) 

 

一般口演18

医療データ分析6(機械学習・テキストマイニング1)

11月25日(日)09:00-10:30 D会場

座長 今井 健(東京大学)
野原 康伸(九州大学)
4-D-1-1 構造化テキストデータの活用によるPhenotypingの精度向上
山下 貴範(九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター)
4-D-1-2 病院情報システムから消化管穿孔症例を抽出するアウトカム定義の開発
伊豆倉 理江子(九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター)
4-D-1-3 機械学習を用いたCT画像報告書のテキスト情報からの入院予測
橋本 正弘(慶應義塾大学医学部放射線科学(診断),慶應義塾大学メディカルAIセンター)
4-D-1-4 画像診断レポートから部位表現と所見表現の抽出手法の開発
杉本 賢人(大阪大学大学院医学系研究科 医療情報学)
4-D-1-5 フリーテキスト形式の読影レポートにおける複合語パターンの特定Identifing patterns of compound terms from free-text radiology reports
張 洪健(Graduate school of health science, Hokkaido University)
4-D-1-6 Multi-Column Convolutional Neural Networks を用いたWeb文書に出現する患者の症状表現抽出、症状疾患関係認識
和田 聖哉(大阪大学大学院医学系研究科 医療情報学)

 

一般口演19

医療データ分析7(DWH・臨床研究データベース)

11月25日(日)09:00-10:30 F会場

座長 赤澤 宏平(新潟大学)
美代 賢吾(NCGM(国立国際医療研究センター)メディカルゲノムセンター)
4-F-1-1 MID-NETを用いた心不全の検索精度に関する検討
井上 隆輔(東北大学病院メディカルITセンター)
4-F-1-2 医療情報システムデータ活用ツールの開発とその評価
井内 雄大(滝川市立病院 医事課医事係)
4-F-1-3 PDF形式で保存される検査レポートから特定の結果値を取得するプログラムの開発
張 冬堯(大阪大学大学院医学系研究科 医療情報学)
4-F-1-4 希少難治性疾患研究のためのレジストリ運用支援体制と情報統合基盤(難病プラットフォーム)の構築
山口 泉(京都大学大学院医学研究科附属ゲノム医学センター)
4-F-1-5 検査値間相関関係の網羅的解析による新たな診断方法の可能性
久留宮 千賀(高知大学 医学部 医学科 先端医療学コース)

 

一般口演20

医療データ分析8(生体情報)

11月25日(日)09:00-10:30 G会場

座長 奥原 義保(高知大学)
三原 直樹(国立がん研究センター中央病院)
4-G-1-1 心内心電図処理に基づく心房細動のリアルタイム可視化がもたらすカテーテルアブレーションの変革
芦原 貴司(滋賀医科大学医療情報部,滋賀医科大学循環器内科)
4-G-1-2 シングルボードコンピュータによる医学教育を目的とした生体計測の検討
松谷 秀哉(弘前大学医学研究科)
4-G-1-3 指先動作解析に基づく手指巧緻運動の評価手法について
大井川 仁美(奈良県立医科大学大学院医学研究科)
4-G-1-4 コンピュータシミュレーションにより再構成したベクトル心電図の不整脈発生起源同定への応用
稲田 慎(森ノ宮医療大学)
4-G-1-5 AIによる画像診断に向けた、腎病理糸球体画像の所見一致度の評価
山口 亮平(東京大学大学院 医学系研究科 医療情報学分野)
4-G-1-6 機械学習を用いた器具使用順序に基づく歯科処置内容の推定
岡 真太郎(大阪大学大学院歯学研究科 口腔分子感染制御学講座(歯科保存学教室))

 

一般口演21

医療データ分析9(機械学習・テキストマイニング2)

11月25日(日)10:40-12:10 D会場

座長 大江 和彦(東京大学)
石田 博(山口大学)
4-D-2-1 Shapley Additive Explanationを用いた機械学習モデルの解釈と医療実データへの応用
野原 康伸(九州大学病院)
4-D-2-2 深層学習に基づく検体検査の時系列データからのネフローゼ発症予測とその予測モデル解釈の試み
山﨑 陽平(京都大学大学院情報学研究科)
4-D-2-3 消化器外科手術患者における術後感染の早期検知をめざした機械学習と統計モデルの検討
中澤 香子(新潟大学医歯学総合病院薬剤部)
4-D-2-4 文章ベクトル化における調整パラメーター値とカットオフ値の検討  ―看護観察記録を用いた誤嚥性肺炎発見手法において―
小牧 祥太郎(鹿児島医療技術専門学校)
4-D-2-5 退院サマリー監査を支援するDPC判定アプリケーション
鈴木 隆弘(千葉大学医学部附属病院企画情報部)
4-D-2-6 電子カルテ診療録に対する機械学習を用いた重要キーワード抽出機能の開発と今後の診療支援機能への展望
早川 龍雄(富士通株式会社 第二ヘルスケアソリューション事業本部)

 

一般口演22

標準化・EHR・PHR

11月25日(日)13:40-15:40 B会場

座長 木村 映善(国立保健医療科学院)
松村 泰志(大阪大学)
4-B-3-1 医療情報の利活用に向けたCDISC標準の利用
上野 悟(国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター)
4-B-3-2 詳細不明コードから見たICD-11への構造変更に関する一考察
滝澤 雅美(国際医療福祉大学)
4-B-3-3 我が国におけるICD-11フィールドトライアル―診断用語コーディングにおけるゴールドスタンダードの解析―
佐藤 洋子(防衛医科大学校,国立保健医療科学院)
4-B-3-4 ヘルスケア領域におけるオープンデータの検討
小林 慎治(京都大学EHR共同研究講座,IMIA Open Source Working Group)
4-B-3-5 自己組織化ソフトウェアによる医療データ処理と電子カルテへの応用の検討
中島 義和(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所)
4-B-3-6 複数施設における標準コードのマッピングを支援するガバナンスツールの開発
朴 珍相(九州大学病院メディカル・インフォメーションセンター)
4-B-3-7 EHRと連携した多施設横断共通検査結果マスター突合システムの構築
粂 直人(京都大学大学院医学研究科EHR共同研究講座)
4-B-3-8 臨床研究情報処理フレームワークにおける診療データの粒度調整
松尾 亮輔(宮崎大学医学部附属病院医療情報部)

 

一般口演23

ネットワーク・IoT・バーコード

11月25日(日)13:40-15:40 C会場

座長 安德 恭彰(大分大学)
山下 芳範(福井大学)
4-C-3-1 誘電体正方格子型周期構造を用いた周波数指定電磁遮へい
三浦 光貴(大分大学大学院工学研究科)
4-C-3-2 IoT機器データ収集基盤を用いたゼロ点認証システムの開発
杉山 治(京都大学医学部附属病院)
4-C-3-3 ダイナミック認証 VLAN 導入時の IPv6 ネットワーク設計
大垣内 多徳(福井大学医学部附属病院医療情報部)
4-C-3-4 地磁気を利用した病院内位置測位手法の検証
山下 佳子(名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター)
4-C-3-5 ビーコンタグを応用した自動医療機器管理システムの開発
清水 健司(山梨大学医学部附属病院 MEセンター)
4-C-3-6 GS1バーコードによる電子カルテへの医療材料入力運用構築から見えてきた導入作業の実際と課題
渡邉 勝(宮城県立こども病院 診療情報室)
4-C-3-7 電子カルテにおける現行の仕組みを用いてのバーコード利用の検討
林 哲也(岡崎市民病院)
4-C-3-8 医療機器データを用いたプッシュ通知システムの検討
岸本 和昌(神戸市立西神戸医療センター,兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科)

 

一般口演24

医療データ分析10(NDBの活用)

11月25日(日)13:40-15:10 G会場

座長 前田 英一(神戸大学)
本多 正幸(長崎大学)
4-G-3-1 NDBを活用した疾病分類別の将来患者数・医療費予測
石川 智基(北海道大学 大学院保健科学研究院)
4-G-3-2 NDBを用いた北海道における死亡前1年間の医療費の二次医療圏間比較
小林 永一(北海道大学大学院 保健科学院)
4-G-3-3 患者調査におけるNDBデータの利用可能性に関する評価:患者一元化および傷病名特定アルゴリズムの観点から
加藤 源太(京都大学医学部附属病院 診療報酬センター)
4-G-3-4 レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)利用促進に向けた取り組み-1患者1データ化-レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)利用促進に向けた取り組み-1患者1データ化-
明神 大也(奈良県立医科大学 公衆衛生学講座,奈良県立医科大学附属病院 病理診断科)
4-G-3-5 多施設共同臨床観察研究の包括的支援事業の課題に関する研究
高田 敦史(九州大学病院メディカルインフォメーションセンター)
4-G-3-6 回復期病院へ転院する脳血管疾患患者の寝たきり度ランクを特徴づける看護サマリーの自由記述内容
藤原 亜紗美(松江赤十字病院)
Back to Top