鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 神経病学講座 脳神経外科

教室案内 introduce

教授挨拶 message

鹿児島大学 脳神経外科 教授 吉本幸司 鹿児島大学 脳神経外科 教授 吉本幸司

鹿児島の地域医療に貢献することが教室の使命

鹿児島大学脳神経外科のホームページへようこそ。
私は平成30年4月1日に4代目教授を拝命致し、着任致しました。
鹿児島大学脳神経外科では、すべての脳神経外科疾患に対して、高度な専門知識・技術を有する専門医師による医療を提供すると同時に、大学院大学としての医学教育、脳神経外科の専門教育機関としての役割を担っています。

脳神経外科は、脳や脊髄の神経系疾患に対して高度な手術治療をする臨床分野でありますが、日本ではさらに広い領域を担当しています。手術治療のみならず、神経系疾患の予防、診断、長期予後管理など非手術的治療をも含めて、神経系疾患の患者さんに対して責任を持って治療を行い、基本的診療領域に属する診療科です。脳神経外科が治療する対象になる疾患は、髄膜腫、下垂体腫瘍、神経膠腫(グリオーマ)などの脳腫瘍、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、モヤモヤ病などの脳血管障害、水頭症など認知症に関連する疾患、頭部外傷が代表的な病気です。それ以外に、てんかんやパーキンソン病も状態によっては脳外科手術により治療を行うことが可能です。また、日本では整形外科で治療されることが多い脊髄腫瘍や脊椎変性疾患などの脊椎・脊髄の病気も脳神経外科で治療を行うことができます。

鹿児島大学脳神経外科の特徴は、これらの幅広いすべての疾患に対してそれぞれの専門スタッフが治療を行うことで、年間400例以上の手術を行っています。県内を中心とした関連病院と常に脳神経外科医の人的交流を図りながら、それぞれの専門医療を提供する体制をとり、多くの同門会員とも協力しながら、診療・教育・研究に取り組んでいます。このような体制を基に、鹿児島大学脳神経外科では高度な知識と奉仕の精神に基づいた確実な医療を提供致します。また鹿児島の地域医療に貢献することが教室の使命であると考えていますので、教室の将来を担う若手脳神経外科医の育成と教育に力を注ぐとともに、基礎・臨床研究活動にも力を入れています。インドネシアやネパールなどからの若い脳神経外科医も研究生として積極的に受け入れており、これも当教室の特徴の1つです。

鹿児島大学脳神経外科教室を診療・教育・研究の面で更に発展、充実させていきたいと考えていますので、今後共皆様のご支援をよろしくお願い致します。

平成30年4月
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科脳神経外科学
教授 吉本幸司