実務研修 ステップⅡ

in Blog

じめじめとした蒸し暑い日が続いていますが、みなさんは体調はいかがでしょうか。

6月初旬に鹿児島県鹿屋市の鹿屋訪問看護ステーションにて3日間の実習を行ってきました。

忙しい病棟のことが気掛かりのなか、なんと前後1日のお休みを下さった師長さんに感謝をしながら、しっかりと身に付けなければという意気込みで望んだ実習。

看護師として働き始めて3年目となり、病気のことや、ケアをどのようにしたらいいかを少しずつ身につけているこの日この頃。

地域で過ごす対象の方と、その方々を支えているスタッフとの関わりを通し、実際に地域を訪れることでわかること。改めてその人は生活者であることを実感。

「人を看る」看護師である以上、様々な経験をして、様々な人がいることを実際に経験することで自分の価値観や看護観が広がることを実感できた実習でした。

やっぱり、看護って楽しいなぁと思うこの日この頃。

ベーシックコース1期生            磨井 大和