外来診察のご案内 研究会のお知らせ 研修医師募集のご案内
HOME > 学生・研修医の方へ > 若手医師からのメッセージページ
若手医師からのメッセージ
 
 
2021年度より泌尿器科に入局し後期研修を行っております、才田幸一郎と申します。出身は鹿児島ですが福岡大学へ進学、卒後鹿児島市内の市中病院で初期研修を行い、現在は移植グループに在籍し後期研修を行っております。

私は長く楽しい回り道の後に医学部へ入学し、また身近に泌尿器科医のいる環境だったこともあり、医学部入学時には漠然と泌尿器科医になると考えていました。学生時代、決して真面目な学生ではなかったですが、泌尿器科だけは必死に勉強したこと、これを書きながら思い出しました。そして、6年時のクリニカルクラークシップで泌尿器科を選択し、様々な検査や手術に参加出来たことも泌尿器科入局の決め手だったように思います。
泌尿器科は守備範囲の広い科であり、腫瘍や感染症、結石や透析、そして移植や小児泌尿器など幅広い専門分野があります。また、治療に関しても化学療法や手術(開腹手術や腹腔鏡手術、ロボット手術など)選択の幅が広く、多様な手技を獲得できることも魅力の一つだと思います。

初期研修が終わり、こんな自分でやっていけるのだろうかと不安を感じつつ始まった後期研修ですが、どの先生方にも日々の診療や処置、手技、検査、手術など丁寧に指導して頂け、また気軽に相談できる環境であるため、壁にぶつかりながらも充実した後期研修を送らせて頂いております。

泌尿器科の魅力は、実際に経験してみないと分からないことも多いかと思います。また、初期研修中は進む診療科に迷うことも多いでしょう(実際に私も迷った時期があります
)。少しでも泌尿器科に興味のある方は、ぜひ一度鹿児島大学泌尿器科を見学しに来てください。スタッフ一同、お待ちしてます。そして、一緒に泌尿器科で働けることを楽しみにしております。
 
私は2021年度に鹿児島大学泌尿器科に入局しました。今は一般グループに所属し、病棟、手術、外来検査などで勉強の毎日です。
皆さんも経験されていると思いますが、ポリクリ、クリクラ、研修医の間は先生方からよく、何科に行くの?と聞かれます。まだ将来が決まっていない内はその度ごとに、自分には何科が向いているのか、どの科に行けば長く楽しく仕事ができるのか考えていました。研修医になって実際診療に参加する内に、内視鏡や生検などによる診断から手術や抗癌剤による治療まで一貫して自科で行えるところに魅力を感じました。また手術と一口に言っても開腹、腹腔鏡、ロボット手術から膀胱鏡や尿管鏡を用いての腫瘍切除、結石の破砕など多種多様です。その中でも私は特にロボット手術に興味を持ち、術場から少し離れたコックピットの様な所でロボットを動かすオペレーターの先生の姿を見て、男心をくすぐられ、単純にかっこいいと思い、ロボット手術をしたいとの思いで入局を決めました。
泌尿器科の特徴としては上と下の垣根が低く、若手がなんでも相談しやすい雰囲気があり、カンファレンスでも上下関係なく、活発に議論が行われています。また若手は多くないですが、逆に指導医の先生方から一から丁寧に教えていただき、早いうちから様々な経験を積め、独り立ちが早いという特徴もあります。なので早く独り立ちして、自分で色々なことをしたいという人に向いていると思います。
これから泌尿器科に入局する方へ。ようこそ泌尿器科へ、一緒に頑張りましょう。泌尿器科への入局を迷っている方へ。ぜひ泌尿器科へ、絶対後悔はしません。まだ入局先が未定の方へ、とりあえず泌尿器科に入局しましょう、やりたいことが見つかるはずです。
 
私は、2019年春に鹿児島大学泌尿器科に入局しました。後期研修1年目は大学病院勤務となり、一般・小児泌尿器科グループに所属し、初診外来・検査・病棟・手術などで研修しました。現在は、血液浄化部にて透析・アフェレーシス治療を勉強しております。
入局して1年目、患者さんをはじめ学生、研修医、コメディカルの方々から「どうして泌尿器科に入ったの?」と本当によく聞かれました。突然聞かれると「どうしてでしょうね。」としか答えられない私ですが、その理由について考えてみました。
大学4年生までの私は「内科か外科でいうと外科系かな」となんとなく思っていました。ポリクリで様々な診療科をローテートしていくうちに「診断から治療まで一貫して患者さんを診たい」と思うようになり、診療科としての自己完結性の高さからマイナー外科を考えるようになりました。マイナー外科というと、泌尿器科以外にも眼科、耳鼻科、形成外科などがあります。その中で泌尿器科のイメージは……「男性患者さん」「おしっこ」「なんか恥ずかしい」など、人それぞれだと思います。恥ずかしながら私もその程度でした。それが、ポリクリ・初期研修を通して、イメージが100%変わりました。泌尿器科では腎臓、副腎、尿管、膀胱、前立腺、精巣などの臓器を扱かっており、患者さんも老若男女問いません。専門分野も、腫瘍、移植、感染症、性機能、排尿障害、小児・女性泌尿器など幅広く、全身管理も必要です。マイナー外科といいつつ、全然マイナーじゃないし、外科オンリーという感じでもないのです。この多様性と専門性に非常に魅力を感じました。
でも結局のところ、なんだかんだフィーリングなのかもしれません。それが「どうしてでしょうね。」としか答えられない理由かもしれません。「膣洗浄は苦手だけど、膀胱洗浄は別に嫌じゃない」「膀胱癌の乳頭状、なんだか可愛い」そんなところです。大した理由じゃなくて申し訳ないです。鹿児島大学泌尿器科は、とても雰囲気がよく、気さくな先生方が多いです。その噂が他大学出身の私の耳にも届くほどです。今年度の入局は私1人でしたが、仕事でもプライベートでも困ったことがあったら相談にのってくださる先輩医師や医局秘書さんに恵まれ、日々刺激的な毎日を送っています。手技のチャンスも独り占めさせていただき、同期の数は特に気にしなくても大丈夫だと思います。
最後に。みなさん、とりあえず鹿児島大学泌尿器科にきてください。大歓迎です。いろんな泌尿器科の先生方とお話ししてみてください。あと、女子学生・研修医のみなさん。入局1年目の私にも、若い女性の処置を頼まれたり、院内紹介で「女医さん希望」とご指名いただく機会もあります。過活動膀胱、腹圧性尿失禁、骨盤臓器脱で困っている女性患者さんはたくさんいます。全国的に女性泌尿器科医は増加傾向と言われていますが、その数はまだまだ少なく需要は大きいと思います。現在、医局には私を含めて4人の女性医師が在籍しています。先輩方の働き方は人それぞれで、女性特有のライフイベントにフレキシブルに対応してくださっています。駆け出しの私は、専門医取得が当面の目標で、5年後10年後の自分は全く想像もつきません。ただ、泌尿器科医として、女性医師として、自分を必要としてくれる患者さんのために働きたいと思っています。これと言ってまだアドバイスできる立場ではないですが、見学・研修に来たら、なんでも聞きたいこと聞いてください。いっぱいお話しましょう!